ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰のための涙

<<   作成日時 : 2006/02/07 18:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 要するに,障害者に対する理解と想像力が根本的に欠落していたのだ。東横インの西田社長が記者会見で泣いて謝罪したというが,誰のために流した涙なのだろうか。障害者のために心から悔いて流した涙だとは思えない。これまでの言動から思えば,企業の収益を上げることしか頭に無かった人間が,思いがけず世間の非難を浴び,事業が頓挫したための悔し涙ではないのか。
 障害者に対する理解と想像力が欠落しているということでは,障害者自立支援法を立案し,実施しようとしている政治家や官僚にしても同じだ。彼らの頭の中には,2003年度からの支援費制度で予想外に不足した財源のことしか無く,福祉の力が必要な障害者の痛みが真に解っているとは思えない。官僚は,机の上でソロバンを弾き,政治家は,選挙で票につながらないことには真剣に取り組もうとしない。障害者の団体は,政治献金をする財力も無いし,政治家に対する圧力団体としては,あまりにも弱いのだ。
 西田憲正という人物を非難する資格の有る政治家や官僚が,いったいどれほどいるのか,疑わしい限りだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰のための涙 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる