ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政改革委員会の提言

<<   作成日時 : 2006/03/05 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 わが市では,「市の財政状況や、財政を取り巻く社会経済環境のもとで、市が真に自立した基礎的自治体として市民福祉の向上を図っていくために」「市民の目線で行政を改革する」ことを目的として,昨年12月1日,総合政策科学を専門とする大学院教授を委員長とした有識者10名から成る「行政改革委員会」を設置し,このほど,その第1次提言が答申された。
 しかし,その内容を見ると,組織を見直し,「市が直面しているまちづくりへの緊急的課題」へ「早急に対応」し,「責任を明確にし、迅速な意思決定ができる」よう,組織の「強化」,「簡素化」を図るとともに,そのために「サービスの低下が起こらないようノウハウの継承や人材育成を行う必要がある」という理念のみで,具体的な提言はまったく見られない。
 このような理念は,正常な行政感覚を持つ者なら,誰でも考えることで,わざわざ委員会を設けて提言を受けるまでもないことだ。現市長は,それだけの理念も持ち合わせていないということなのか,それとも,市民や市職員に対して第三者によるお墨付きが必要だというのか。
 委員会の設置や提言の広報のために,時間と費用を使うことこそ,改革しなければならない「無駄遣い」ではないか。それよりも,「市長の強いリーダーシップのもと」,より「迅速な」改革が行われることこそが求められる。わが市の恥を曝すようだが,行政のすることは,相変わらず,まだるっこいことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行政改革委員会の提言 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる