ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 新聞を読まなければ

<<   作成日時 : 2006/06/03 20:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 テレビの報道は,警察と同じで,事件が起こってから,それを追っかけることが多い。それも,センセーショナルな扱いになりがちだ。ニュースはテレビで見るからそれで済むと思っている人は,起こった出来事を知るだけで,今の日本社会が抱えているさまざまな問題や,国会で審議される法案等について,深く考えることは無いのではなかろうか。
 昨年から今年にかけて,小泉政権の下で,日本社会の行方を左右するような「重要法案」が成立したり,審議中であったりするが,国民にとって重要なことは,法案が提起された段階で,われわれの暮らしや社会の将来に及ぼす影響を判断し,必要となれば声を上げていかなければならない,ということだろう。それを怠ったために,あるいは,市民の力が不足していたために,苦い思いをさせられる法案が,既にいくつも成立している。
 次に控えているのは,「教育基本法」「組織的犯罪処罰法」の改正案,「国民投票法案」などだ。テレビは,その是非を判断する材料を十分に提供してくれるとは言い難い。法案の内容を具体的に知って考えるためには,やはり新聞を読まなければ,思いが及ばないことが有る。
 今の日本社会が当面している福祉や医療を初めとした市民生活全般にわたる問題にしても,実態を直視し,どうあるべきかを考えるには,新聞による報道と問題提起が欠かせない。新聞にいっそう努力してもらうとともに,新聞を読もうとしない人のためには,テレビにも,視聴率を追い求めるだけでなく,腰を据えて取り組む姿勢が望まれる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新聞を読まなければ ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる