ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 決まり文句

<<   作成日時 : 2006/08/17 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「京都の伝統行事である五山の送り火が今年も8月16日の夜を彩った。17日の『朝日新聞』は,約12万人の見物客が『行く夏を惜しんだ』と写真入りで報じている。送り火が京都の夏の終わりを告げる事には違いなかろうが,見物客の全てが『行く夏を惜しんだ』とは限らない。私には『惜しむ夏』は無い。人の思いはそれぞれであるはずだ。新聞記事での場面描写ではまま有ることだが,臆面もなくこういう型にはまった言葉を使う神経は,記者としての資質を疑わざるを得ない。」
上記は,このブログをまだ始めていなかった昨夏,限られた知友に送っているメールマガジンに書いた(私のホームページ「SAY」にも,「よしなし言2005」の中に「8月の思い」の一部として転載している)ものだが,今年もまた,17日朝の同紙紙面には同様の記事が載っている。「約10万人の見物客が山々に浮かび上がった火文字に見入り、過ぎ行く夏を惜しんだ」という,相変わらずの決まり文句にうんざりするばかりだ。
 各地に大きな被害をもたらした長雨のあとにやってきた今年の夏は,連日35℃を越す炎暑が続き,なかなか「行き」そうにはない。それでも季は移り,私は,咲き始めた庭の芙蓉を眺めて,爽やかな秋の到来を待ち望んでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決まり文句 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる