ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 聞く耳

<<   作成日時 : 2006/11/12 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 各地で開かれた「教育改革タウンミーティング」で「やらせ質問」の有ったことが次々と明らかになっているが,もともと政府主導の「公聴会」など,多様な立場からの意見をどれだけ汲み上げ,実現しようとする気が有るものか,かねて疑問に思っている。形式だけの公聴会を催しても,政治家や官僚に他者の意見を聞く耳が有るようには思えない。既定の方針に反する意見には不快感を示すだけで,結局は,思いどおりに事を進めようとするのが政治家や官僚だと思われる。
 とかく人は権力を持ちたがり,権力の座に在れば,それを行使し,維持したがるもので,私の住む地方の小都市の行政にさえ感じることだ。
 権力を持つ者こそ,異なる意見にも謙虚に耳を傾け,より慎重に判断し決定することが望まれるにもかかわらず,聞く耳を持とうとせず,強引に押し通そうとするのは容認できないことだ。それだけでなく,報道メディアまで権力の下に組み入れて従わせようとする動きが在り,かつての国家統制の強かった時代に帰っていくような,暗い予感のする最近の情況である。そのお先棒を担ぐ,いわゆる「オピニオンリーダー」の存在も苦々しい。
 今こそ,報道メディアは,過去の反省に基づき,こぞって権力に対する批判と抵抗の姿勢を強く示さなければならないときではなかろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聞く耳 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる