ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 死者の思い

<<   作成日時 : 2007/02/19 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 死者に魂が在るものなら,生きている者の日々の暮らしを見て,どう思っているだろうかと想像することが,最近よく有る。たとえば,生前いつも家族のことを気に掛けていた私の母は,今の私の様子を見て,「無駄遣いしなさんなよ」「電気を消し忘れちょるよ」などと,気を揉んでいるのではなかろうかと想うのだ。孫たちのことも,気に掛かっているかもしれない。
 新井満の訳詞と作曲に成る『千の風になって』は,(私は)「死んでなんかいません」と,自分の死を悲しんでいる者に呼び掛ける歌で,「朝日新聞」の『天声人語』(2003年8月28日)で,今は亡き小池民男さんが紹介して以来,広く知られることになり,愛する人を喪った多くの人の気持ちの癒しにもなっているようだが(本ブログでの関連記事:2006.4.22),死者の思いは,生きている者が想像することによってこそ,「千の風になって」感じられることだと思う。そして,死者の心を想うことが,生きている者にとってたいせつなのではなかろうか。
 戦争で死んで行った多くの人たちの魂は,今の世をどう思っているのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死者の思い ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる