ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 質の低下

<<   作成日時 : 2007/03/03 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いくつかの新聞社で他紙の記事の盗用が発覚して問題になっている。自分の文章の一語一語にこだわるほうである私には,他人の文章をそのまま使うなどというのは考えられないことだ。盗用するということは自分の文章が書けないからで,自分の文章の書けない人が新聞記者になっているというのも理解し難い。それほど,記者の質が低下しているのだろうか。それに比べて,テレビでの捏造問題は,モラルの面での質の低下だが,視聴者を騙す「独創性」だけは優れたものだと言えよう。いずれにしても,ジャーナリズムの堕落は嘆かわしいことである。
 教員の質の低下も言われている。現在の学校事情について知見の無い私には,軽々しく判断できないことだけれど,もともと,優れた資質の教員ばかりだったとは思っていない。昔から,「教師にでもなろうか」「教師しかできない」という「デモシカ教師」というのが在った。「先生と言われるほどの馬鹿でなし」とも言われる。「元教員」で家庭の主婦になっている人は多いし,地域の教育委員会の事務職なども,ほとんどが「元教員」だが,能力や良識の疑われる人が少なくない。だから,私自身も,「元先生」というレッテルを貼って言われると,あまり良い気がしない。文法学者の三上章(1903〜1971)は,「博士呼ばわり」「先生呼ばわり」されることを何よりも嫌ったという。
 しかし,今は,国会議員を初めとして,「先生」と呼ばれる人が増えた。それと比例して,質の低下と言えば,今の政治家だって,企業の経営者だって,見識にも判断力にも欠ける人が多いのではないか。都道府県の知事を選ぶにも,この人ならと言える人が少ないし,政府の各種諮問機関の委員にしても,その意見を尊重する気にはなれないことがしばしばで,それによって国の行方が決まると思うと,心もとない限りだ。
 現代は,科学技術は進歩したかもしれないが,人間としての質は,どこを見ても,低下する一方だと思われてならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
質の低下 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる