ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 格差拡大

<<   作成日時 : 2007/03/16 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大都市部の大型書店とインターネット書店の展開により,地域に根差す中小書店の衰退が伝えられる。私も最近は,身近な中小書店を利用することが少なくなっている。中小書店は,売り場のスペースの都合も有って,売れ筋の本を中心に置いているので,私の欲しい本を手に取って見ることがなかなかできない。私は,身近な書店に,文化情報の地域での発信源としての役割を望んでいるのだが,そこまでの意欲を持っている店は,私の周辺では見当たらない。
 欲しい本をわざわざ注文して取り寄せてもらうのも面倒だし,特に中小書店の場合,取り次ぎ店との関係でスムーズに入手できなかった経験も何度か有るので,今では,便利なインターネット書店に発注しがちだ。この情況は,中小書店にとっては悪循環だと言えよう。
 話は飛ぶが,今の政治の動きを見ていると,国の将来にとって問題の多い安倍政権は何としてでも潰さなければならないと思う。そのためには,来る参議院議員選挙で自民党を敗北に追い込むことが第一の要件になる。ところが,対抗勢力となるべき民主党に今一つ信頼が置けず,その他の中小政党は,理念には賛同できても,国政を動かすまでの力を持ち得ないのが実情だ。選挙のたびごとに,私は,理念を良しとする中小政党に投票してきたが,その票は生かされないために,結果として,私の行為もまた,自民党に利すことになってきたのではないかという疑念が残る。
 安倍政権を倒すことを第一に考えれば,参議院議員選挙では,たとえ我が意に染まずとも,自民党に対抗し得る可能性の有る民主党にまず勝たせて,その後は後のこととして考えなければならないのだろうか。その結果,中小政党はますます低落することになるのだろうが,今の選挙制度の下ではやむを得ない現実的選択なのかと,たかが私の一票のことだけれども,思い迷っているところだ。
 これも,力によって拡大される格差と言うべきか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
格差拡大 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる