ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 離婚前の妊娠

<<   作成日時 : 2007/05/06 19:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 離婚しようかという情況にある夫婦が,妊娠につながるような行為をするものだろうか。「婚姻の解消若しくは取消の日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する」という民法第七七二条の規定を基に,「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」とする原則に固執する長勢法相をはじめ自民党「保守派」議員の感覚が,私には理解できない。
 むしろ,離婚後に新たに婚姻した夫を含めて,前夫以外の男性との間で懐胎した可能性のほうが,はるかに大きいと思われる。離婚に至るまでには,夫婦の間でさまざまな葛藤が有ったことだろう。セックスレスの期間が長かったかも知れないし,夫が離婚をなかなか認めようとしなかった場合もあろう。その間に懐胎したとすれば,別の男性の存在を考えるほうが,よほど自然なことだ。形の上では「不倫」と呼ばれることになるとしても,逆に,前夫の子であるとすれば,それは女性の意思を無視した夫の一方的な強要によるものではないかとさえ想像される。
 離婚前妊娠で生まれた子と母親の救済について,「保守派」は,「婚姻のあり方にかかわる根本的な問題」(安倍首相)で,家族制度の崩壊につながると,頑なな態度を示しているようだが,それは,旧弊な観念で女性を縛り,女性の人権を無視した,「女は子を産む機械」という発想とも共通するものでしかあるまい。もう少し人の心情の自然な有り様を思い遣る考え方ができないものか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
離婚前の妊娠 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる