ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 金の切れ目

<<   作成日時 : 2007/11/16 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉が有るけれど,高齢者の域に入ろうとしている私にとっては,「金の切れ目が命の切れ目」と思うことが有る。
 地震や台風の被害で住宅が倒壊した人を対象にした「被災者生活再建支援法」の改正案が与野党の合意でまとまったようだが,最高額が300万円の支援では,収入や借り入れの途の無い高齢者には,従来の暮らしを再建する望みは持てない。
 今は損害保険を掛けておく余裕も無い私がもし被災したとしたら,戦中戦後の辛い暮らしを体験してきているものの,今の暮らしに慣れた身にとって,老いてのち暮らしのレベルを落として生きることには耐えられそうにない。
 63歳の全盲の糖尿病患者が病院の職員から公園に置き去りにされるという事件が大阪府堺市で有ったが,入院費用も払えないまま長期入院で居座り,引き取り手も無いということであれば,病院側としても対応に困った揚げ句の行為であろうことは想像に難くない。単に置き去りにしたわけではなく,救急車を呼び,収容されるところまでは密かに見守ったということだから,まだいくらか良心的であったと言えよう。病院もまた被害者であり,根底に,国の福祉政策の貧困さが在るのを実証することだと感じる。
 私の場合,病に罹らないまでも,年金収入を補う僅かの蓄えが尽きたとき,趣味や娯楽の出費を抑えるのはやむを得ないとしても,それ以上に今の暮らしのレベルが維持できなくなれば,前にもどこかで書いたことと思うが,補陀落に渡りたいと,ひそかに思いを巡らせている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金の切れ目 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる