ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 流行語

<<   作成日時 : 2007/11/22 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「ユーキャン新語・流行語大賞」の今年の候補語のノミネートを見て思うこと。
 「産む機械」「ナントカ還元水」「しょうがない」など,政治家の失言や言い訳の言葉がいくつもノミネートされているのは,国民として情けない限りだ。政治不信に関連したものとしては,「事務所費」「お友達内閣」「身体検査」なども在り,政治のレベルの低下を感じないではいられない。
 「モンスターペアレント」「ネットカフェ難民」「ワーキングプア」も,暗い気持ちにさせられる言葉だ。
 一方で,「そんなの関係ねぇ」「どんだけえ〜」「オッパッピー」「欧米か!」などは,テレビ番組で受けた言葉だと思うが,軽薄なバラエティ番組は嫌いで,観たことの無い私には,誰がどんな場面で使っているのか,「関係ねぇ」世界のことで,ピンと来ない。スポーツ関連の「オグシオ」「ハニカミ王子」「ハンカチ世代」くらいなら私にも分かるけれど……。
 中高校生の間で流行ったという「KY(空気が読めない)」は,大人の世界にも取り入れられて,政局を論じる場面にまで使われているが,新聞の投稿欄(11月19日付「朝日新聞」)に,次のような意見が掲載されていた。
 「(前略)この言葉は従来、製造会社の工場や建設工事の現場などで、『KY(危険予知)活動』として広く使われてきた。(中略)だから、現場の『空気が読めない』というのでは困るのである。(中略)願わくは、『KY(空気を読め!)』といったようなポジティブな言葉として使ってもらえないものだろうか。」(会社員 山田包夫 兵庫県明石市 66歳)
 「Y」に「読めない」という否定的な意味をこめることには,かねがね疑問を感じていたので,この意見には,まったく同感だ。
 昨年の大賞「イナバウアー」「品格」に比べても,今年は,大賞に相応しい爽やかな言葉が少なく,総じて「品格」に欠けるように思われてならない。あえて私が選ぶとしたら,「がばい」くらいのものか。本来は程度の副詞として使われる語が形容詞化されて,意味も広がったようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
流行語 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる