ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 食の安心

<<   作成日時 : 2008/02/07 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 去年の8月24日のことだ。朝から激しい下痢の症状に見舞われた。妻も同じような状態で,食べ物を口にすると,すぐにトイレに走りたくなるので,何も食べないまま夕方になり,脱水症状に陥るのを惧れて,タクシーを呼び,二人で近くの町医者に行った。
 前日食べた物で食中毒を起こすような心当たりは無い。夏の暑さの疲れが一気に出たのだろうかと思いつつ,原因不明のまま,点滴を入れてもらって帰ってきた。
 中国産のギョーザが問題になっている今なら,あらゆる食品をチェックしてみるところだろうが,そこまでは考えなかったから,何を食べたかは覚えていない。加工食品であれば,何の懸念もなく食べるのが慣わしになっている。
 加工食品を買うときに,店やメーカーの名を信用して,躊躇うことは無かった。ところが,昨年来の数々の偽装事例や今回の有毒物質の混入に直面すれば,何も信用できないと思えてくる。安心できるのは,食材を見極めた上での手作りしかあるまい。
 もともと私は,手の込んだ味付けよりも,素材を生かしたシンプルな味の料理のほうが好きだ。肉や野菜は,塩と胡椒だけで焼いたものが一番だし,魚も,塩焼きに醤油を垂らして食べるのが最も美味いと思っている。加工食品でも,練り物は嫌いではないが,それも,そのままか,焼くかして,醤油を掛けて食べるのを好む。近年全盛の冷凍食品は,多忙な人にとっては便利には違いなかろうが,できれば,生の素材からの手作りが良い。手作り志向が増えるのは悪いことではない。
 しかし,生の素材だから安全だと,無条件で信用できるとは限らないし,他にも,健康に良いとは言えない食品はいろいろ有る。何もかもが疑わしい今の世の中だ。そうであれば,逆に,疑うことを放棄して,せいぜい自分が美味いと感じるものを食い,あとはなるようになれと,居直って暮らすほうが良いのかとも思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
食の安心 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる