ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉のまやかし

<<   作成日時 : 2008/04/11 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「後期高齢者医療制度」を「長寿医療制度」と言い換えたとき,「後期高齢者」の生き辛さは解消されることだろうか。逆に,祝ぐべき「長寿」という言葉まで,いたずらに生き長らえているという非難めいたニュアンスを帯びて,汚された感じになる。
 要は,言葉を言い換えて済むことではなく,その言葉が使われる場での意識の在り方が問題なのだ。それは,いわゆる差別語をどのように言い換えても,根底に差別意識が在れば,情況は少しも変わらないのと同様である。
 障害者や高齢者を対象に施行される昨今の法制は,弱者の暮らしの実態への想像力と思い遣りに欠け,国家経済のしわ寄せを弱者に向ける安易な方法で,政治家や官僚の国民を慮る意識の貧困を如実に露呈している。「支援」とか「長寿」とか,どんなに体の良い言葉を使っても,それは詐術でしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉のまやかし ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる