ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 終わり方

<<   作成日時 : 2008/10/13 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 緒形拳が急死して,テレビでは,名優を追悼する番組を各局がこぞって放送している。あるときは重厚な,あるときは滋味溢れる演技を見せ,死の直前まで病を隠し,役者道を全うして,悠然と逝った。恰好良すぎるけれど,緒形拳のような生き方,死に方ができるのなら,肝臓癌に罹るのも悪くないという気になる。
 私は,緒形拳よりは僅かに年長で,この齢になると,自分の死に方を思うことが有る。病に倒れれば,自分の意思ではどうしようもないけれど,できるだけ,周囲に迷惑を掛けることなく逝きたいと思う。自死について考えることも有るが,家族が困惑するような形は避けたいと思うと,最善の方法が思い浮かばない。
 秋の恒例行事,地域の小学校区の自治会対抗区民運動会が催されて,応援に出掛けた。応援していると,自分も出場したい気持ちに駆られるが,若い元気な人を押し除けてまで老人の出る幕は無い。老若男女が楽しめる運動会であるためには,マスターズ種目のようなものが有っても良いと思うけれど,老人が出て,万一の事故が起きては困ると考えているのだろう,近年は,老人が参加できそうな種目は無くなっている。陸上競技に愛着の有る私としては,リレーでも良い,思いっきり走って,それで倒れれば本望だという気もするのだが,それも,周囲に迷惑を掛けることになるのだろう。
 自然死である上に潔い,緒形拳の死に方を羨む気持ちでいる。
*  *  *
 過日記した,東京ヤクルトの河端龍投手ほか3選手の引退記念(真中満,度会博文選手の他に,その後,小野公誠選手の引退発表が加わり,小野選手は代打で出た最後の打席で決勝のホームランを打った)となる,今年度のレギュラーシーズン最後の試合が,予定通り12日に神宮球場で行われた。河端投手は,この日のために,2年ぶりに一軍登録され,先発の高市投手の後を継いで,長年働いたセットアッパー役として,6回表に登板,先頭打者一人(横浜・斉藤俊雄捕手)を三振に取って,10年間の選手生活の幕を閉じた。当人の感慨はもとより,区民運動会を途中で脱けて,急遽東京に駆けつけた御両親も,きっと涙されたことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終わり方 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる