ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS プロのサービス精神

<<   作成日時 : 2008/10/15 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 長年使い古してきたビデオ・レコーダーのトラブルが最近多くなり,もう少し生き延びて楽しもうと思えば,そろそろ,地上デジタル放送に対応したチューナー内蔵のブルーレイ・レコーダーに買い替える時機かと,大手の家電量販店で機器を眺めていたら,「お尋ねが有れば,御説明いたしますが……」と,一人の店員が寄って来た。押し付けがましいところが少しも無く,こちらの知りたいことには,的確に答えてくれる。こういう店員のいる店が少なくなっている今日,なかなかのサービス精神の持ち主だと感心した。
 教師もまた一種のサービス業だ。教師としてのプロであるからには,生徒や保護者の気持ちを捉えて,満足され,信頼されるような対応ができなければならない。
 教師が発する最低の言葉は,「解ったか?」という問い掛けだと思ってきた。生徒が解っているかどうかを見極め,まだ解っていないと判断すれば,どうすれば解らせることができるか,くふうを加えて指導するのが,教師の力量である。
 スポーツの指導に当たっては,生徒の体調に気を配り,体力の消耗状態を観察して,「大丈夫か?」と問うまでもなく,限界の一歩手前で,休ませたり水分を補給させたり配慮するのも,指導者としては欠かせない判断力だ。
 何の業種であろうと,サービスに携わるからには,マニュアルに従うだけでなく,情況に合わせた対応ができないようでは困るのだが,それができない店員の何と多いことか。要は,臨機の判断で,情況に応じたサービスのできる知的レベルを備えているかどうかということなのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロのサービス精神 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる