ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エコワット」

<<   作成日時 : 2009/02/22 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1年前,「エコロジー」に関して,こんなことを書いている。
 「家庭での電力消費量は,電力会社からの使用料の請求でトータルとしては分かるものの,個々の家電製品ごとの使用量の実態はどうなのだろうかと思うことが有る。最も多いのは何だろう。やはりエアコンなのだろうか。電力消費量の大きい家電製品には,それぞれの使用量が明らかになるようなメーターを個々に組み込むことができたら,具体的な数値による心理的な抑制も働き,『エコ』の面でも有効ではないかと思うのだが,実現は難しいことなのだろうか。」(HP:今の世を思う2007〜08 http://www7a.biglobe.ne.jp/~say/imanoyo.07.html 「エコロジー」より2008.2.21)
 ところが最近,コンセントと差し込み口の間に付けて家電の消費電力を測る「エコワット」という機器が在ることを知った。私の関心は,前掲の文章にも有るように,それぞれの家電,特に付けっ放しにすることの多いエアコンやテレビの時間単位の消費電力量を知りたいというところに在ったのだが,試用してみると,これでは叶えられないことが多々有る。
 まず,エアコンの場合,コンセントがT字型のような特殊な形状をしていたり,差し込み口がエアコン本体に密着した場所に在ったりすると,接続不可能だ。また,差し込み口から抜くと,データがリセットされてしまうので,接続したままの状態を続けなければならず,一定の期間を通したトータルの数値は分かっても,テレビなど,電源を切っている時間が有れば,その機器自体の電力消費量は測れないし,差し込み口の位置によっては,極めて見辛いので,時間を区切ってその都度測定するのは厄介だ。
 冷蔵庫のように,継続して稼働している製品を省エネ機器に買い替えるときの比較対照はできても,高価な品をそう簡単に買い替えるわけにはいかず,日常の節電を心掛ける参考にはあまり役立ちそうにない。
 しかし,こういう測定機器ができているということであれば,もう一工夫で,私の希望も叶えられることになるのではないかと,メーカーの開発努力を期待したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エコワット」 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる