ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 公園のモスキート

<<   作成日時 : 2009/05/20 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 蚊の羽音に似て不快を感じる「モスキート音」という高周波の音波が有るという。若い年代層には聞こえるが,年齢が増すごとに聞こえにくくなるそうだ。もともとはイギリスで開発されたもののようで,欧米では,携帯電話の着信音に使う若者が増えているという。東京都足立区では,これを利用した機器を公園などに設置して,深夜に迷惑行為を繰り返す若者を排除する試みが有ると聞く。
 思い当たるのは,猫の糞害を防ぐために,人には聞こえない,猫の嫌がる音を出す機器が有ることで,わが家でも設置していて,その経緯は前に記したことが有る(HP:よしなし言2004 http://www7a.biglobe.ne.jp/~say/yoshinashigoto.04.html 「『ガーデンバリア』物語」)。住民にとって迷惑な若者も,ついに猫並の扱いになったということか。
 しかし,若者は,猫と違って,追い払えば良いというものではない。これまで集まっていた場所が無くなれば,他に捌け口を求めて行くだろう。大事なことは,若者の鬱屈した思いを解消させる方策だと思うのだが,方向を間違えているのではなかろうか。夜の公園で酔って騒いだ某タレントは30代のはずだが,その年齢だと,モスキート音は聞こえないかもしれない。
 公園は,老若男女を問わぬ人々の憩いの場所であるはずで,聴力には個人差が有ることを考えれば,静かに憩いを求める人にも,モスキート音が障碍になることはないのだろうか,ということも気に懸かる。黒澤明の名作『生きる』の主人公(志村喬)が,夜の公園で独りブランコを漕ぐ場面を思い出す。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公園のモスキート ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる