ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブログ」雑感

<<   作成日時 : 2010/05/09 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 それまでに書いてきた雑文を基にして2005年1月に開設したホームページとは別に,ブログを書き始めてからでも4年4か月が過ぎた。
 ブログは「日記のようなもの」だというけれど,不特定多数の目に触れるものだから,そのことをまったく意識しないというわけにはいかない。私の場合,半分は自分のための記録と自己確認の気持ちで書いていて,加齢とともに,ノートに記す労が厭わしくなり,パソコンの便利さを利用しているところも有るので,他者に読んでほしいと,特に願っているわけではないけれど,読者を意識すれば,いくらかなりとも,エッセーか私小説の色合いを帯びてくる。これも「老人文学」の一種だと思うときも有る。
 記録という点では,ブログに記しておけば,過去を振り返って確認することが容易にできる。例えば,以下は,昨年の5月9日の記述である。
 「今年も,亡母の植えたナニワイバラが花盛りだ。ツバキの落花が一段落したところで,今度は,白い花びらを,日々,路面に散らしている。地面に散り敷く花びらは,それなりに風情の有るものだが,舗装された道に落ちては,土に帰ることもできず,アスファルトの上を近隣まで飛び散って,こちらは,掃除に追われることになる。しかし,花は命を全うして散るのだろうから,人は『おくりびと』の役を勤めるしかあるまい。」
 5月の薫風は爽やかでも,掃いたあとから,たちまち路面に花びらを散らすので,いささかうんざりさせられて,去年の記述を見ると,やはり同じ時季に同じ思いをしていたことだと,妙に納得させられる。
 ブログへの向き合い方も人それぞれで,中には,PRや自己顕示色の濃いブログを見かけることも有る一方で,自分ではブログを持たず,他人のものを読んでは,せっせと書き込みをする人もいる。
 自己顕示欲の強い人は,自分が発信することで頭が一杯で,他人のブログには,あまり関心を持たないようだ。それに対して,いつも他人のブログに目を通す人は,他者への関心が強いのだろうか。もっとも,その上で,コメントを書き込むのは,これも一種の自己顕示ではあろう。
 私も,「他者に読んでほしいと,特に願っているわけではない」と言うものの,それでもときには,念頭に特定の人が在って,読んでくれれば,と思って書くことも有るけれど,気持ちが伝わっているかどうか,心もとないことではある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ブログ」雑感 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる