ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 風評被害

<<   作成日時 : 2011/06/22 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スーパーで,野菜の産地が「茨城県」とあるのを見て,出しかけた手を引っ込める人がいる。こういう人がいるから,いわゆる「風評被害」が生じる。風評に左右されるのは,今回の事象に限ったことではないけれど,そのために不条理な被害を受ける人たちは,これまでも少なくなかった。
 逆に,テレビ等で流される,無責任な噂に近い情報に踊らされて,特定の商品が品薄になるほど買い漁られるという例も有った。健康神経症とでも言える風潮で,テレビやインターネットでの情報やコマーシャルに乗せられやすい人が多いのも,独自の確かな判断力を持たない愚かさと言えようか。しかし,単に「愚かさ」で済めば,それはそれで見過ごせることだけれど,大震災による被害で苦しんでいる人たちに追い打ちを掛けるような行為は,絶望的な「愚かさ」だ。
 2年前の衆議院議員総選挙で民主党が圧勝したのも,大衆の付和雷同によるものだと言えなくもない。「政権交代は望ましい成り行きで,今,自民党に代わって政権を担うとすれば,民主党しか無いけれど,その政策にも疑問な点は多く,民主党一辺倒の選挙結果には,私としては,単純に喜べない思いが有る」と,当時書いたことだが,その結果が今の政局の有様だ。
 同年9月2日付の「朝日新聞」で山崎正和さんが,「私は日本社会に広がる『リーダー無きポピュリズム』が今回の結果を生んだと見ています」と述べていた。山崎さんは,ここでの「ポピュリズム」を,「ある問題を、主として否定することをテーマに、大多数の人がムードに乗って一気に大きく揺れること」と定義する。そして,「(現在の電子メディアの普及による情報入手は)非常に速いものの、断片的であることが特徴的で」,「じっくり考えるよりも、すぐに反応する、すぐに断定する。何でも二者択一で考える。そういう社会に進んでいるように私には見えます」と言っていた。それもまた,「風評被害」と同根の現象ではあるまいか。
 今の政局の有様は,野党だけでなく,経済界やマスコミ,菅さんを代表に選んだ民主党内でまで「菅おろし」の風が吹きまくっているけれど,私は天邪鬼だから,菅首相が固執する?「延命」をむしろ応援したい気持ちになっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風評被害 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる