ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の記録

<<   作成日時 : 2011/10/03 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 何かの形になりそうで,その像が結ばないまま,靄のように漂っている。
 頭に浮かんだ知っているはずのメロディが曖昧な状態で,言葉に繋がらず,コマーシャルか何かで聞いたような気がするのだが,何の曲なのか思い出せないでいるうちに,そのメロディ自体が,いつの間にか消えてしまっている。
 何か考えようとしていたのだが,それが何についてのことであったか思い出せない。思い出したいことが有って,しきりに思い出そうとするけれど,いっこうに脳裡に浮かんでこない。そういうことが最近増えた。
 思考の手掛かりになりそうなことをどこかで読んだように思うのだが,何で読んだのか思い出せないときも有る。前に読んだ本の中に在ったように思っていると,今朝の新聞に出ていたことだったということさえ有る。目覚める前に見た夢の内容を思い出せないもどかしさにも共通することだ。
 頭に電極を繋いでおいて,夢を記録する装置が有ればいい。夜中にふと目覚めて,とりとめなく,ものを考えているときが有るけれど,朝になってみると,どんなことを考えていたか忘れてしまっていることが多いのも同様だ。断片的な思念をその場で自動的に記録できる装置が発明されないものだろうか。
 そんなことを夢想していた折しも,「夢で見ていたことが、映像として再現できるかも」という記事が,9月30日の「朝日新聞」に掲載されていた。「米カリフォルニア大学バークリー校の西本伸志研究員らのチームが」「機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)を使い、人が動画を見ている時の血流の変化などの脳活動を記録。血流の状態と映像との関係をモデル化し、1800万秒(5千時間)の動画を組み合わせて復元するプログラムをつくった」という報道だ。「人の考えを映像化するなど応用に向けた一歩を踏み出すことができた」「人の夢を他人が見られるようになるかもしれない」という。科学の力は夢想を実現化するかもしれない。
 私のもう一つの夢想は,9月4日に記した「(台風を)人力でどこかに移動させて,台風の持つ厖大なエネルギーを人間の暮らしのために利用できたならば」ということだが,自然の力は人間の脳活動よりもはるかに強大だから,人間の力で操作できるものではなさそうだ。
 一方で,人間は原子力の利用を考え出し,政官業がこぞって推進してきたものの,それによる災害や廃棄物の処理にまでは思いが及んでいなかった無思慮が明らかになり,今や,人類への課題として突き付けられている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢の記録 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる