ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生=旅

<<   作成日時 : 2012/05/17 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結婚して50年経った。いわゆる「金婚式」の年に当たって,夫婦で旅をすることにした。「旅」と言っても,僅か一泊のことなのだが,かねてから妻が一度訪ねたいと言い,私自身も未だ訪れたことの無い伊勢神宮に参り,近くの鳥羽温泉郷に宿を取る計画だ。
 目的地が定まれば,加齢とともに体力に自信が持てなくなっているので,最近では,宿とアクセスの手段とは予め手配することにしている。しかし,主たる目標の外の旅先での行動は,気分と成り行きとに任せたい。三木清は,「旅は過程である故に漂泊である。出発点が旅であるのではない、到着点が旅であるのでもない、旅は絶えず過程である」と書いている(『人生論ノート』「旅について」)。訪ねる土地は定めたとしても,未知の町並みや風景の中で気ままに彷徨するのが,私の旅の楽しみ方なのだが,同行する妻としては,それでは当てどが無くて落ち着かないようだ。
 「人生は旅」とは,よく言われることだが,私の人生は,成り行き任せの旅のようなものだったと思う。もともと,既定のコースを着実に歩むのは好まない。学校を出て教職に就くときも,当時の状況としては安定性の高い公立指向が強かった中で,最初に声の掛かった未知の私学を優先して選んだのは,「漂泊」の思いが根底に有ったからかもしれない。それが人生の岐路となり,その後も成り行きに従い,結婚して,子どもが生まれ,いったん自分が選択したことには責任を持つ生き方をしてきて,妻に対しても,一度の浮気も大きな諍いもすること無く今日に至った。仕事の上では,他の世界も経験したいと思って当初の目的から離れたときも有ったけれど,それもまた,未知を求めた「漂泊」の一つだった。
 しかし,人生の旅も終わりが近い今となっては,「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」(芭蕉)という最期も悪くないけれど,いつまでも妻を私の彷徨に付き合わせるわけにもいくまいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人生=旅 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる