ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS つり天井

<<   作成日時 : 2012/12/07 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中央自動車道のトンネル崩落事故で「つり天井」が問題になっている。
 「つり天井」と聞いて私が思い浮かべるのは,「宇都宮釣天井」という言葉だ。おぼろな記憶なので更めて調べてみると,江戸時代の元和8年(1622年),下野国宇都宮藩主の本多政純が,日光東照宮参拝の2代将軍秀忠を宇都宮城に迎えるに当たって,寝所に釣天井を仕掛け,謀殺を図ったという事件だ(Wikipedia)。事実は,政純の権勢を快く思わない一派による冤罪だったようだが,のちに内容や登場人物はさまざまに変えられて,講談,歌舞伎,映画などの題材にもなっているという。私は,そのどれも見聞きした覚えは無いのだけれど,私の記憶の中には,そういう古い事柄がときどき混じっていて,どうして知っているのか不思議に思うことがある。幼いころ,講談本で読んだか,祖母からでも聞かされた話なのだろうか。
 それにしても,今の世で,「策謀」ではない「つり天井」による悲惨な事故が起こるとは,信じ難いことだ。
 交通に関連したことでは,自動車運転による人身事故も頻発している。加害者のほとんどは,「居眠りをしていた」「ぼーっとしていた」「心にすきがあった」「考え事をしていた」などと供述しているけれど,犯意が有ろうと無かろうと,無差別に,突然襲われる被害者にとっては,許せない「犯行」だ。不慮の被害は,明日は我が身かもしれないと思われて,「策謀」によるものにも増して恐ろしい。
 原発事故は最たるものだけれど,組織としての怠慢による「人災」も多く,注意力の不足,職務意識・緊張感の欠如,思慮・気配り不足等々,事故が起こってから暗然とさせられることばかりだ。事故を防ぐことには,万全の対策で取り組んでもらいたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つり天井 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる