ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 配慮に欠ける「子育て雑誌」

<<   作成日時 : 2013/02/21 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「夫抜き子育てで大丈夫? 夫婦仲で決まる! 子どもの学力・自立力」−−今朝(21日)の新聞広告で目に付いた小学館発行の「子育て雑誌」『edu』( http://family.shogakukan.co.jp/family/edu/ )4月号の見出しのフレーズだ。
 すでに子育てからは縁の無くなった私なので,買ってまで読む気は無いけれど,「両親の在り方が子どもの生育に大きな影響を与える」という趣旨の内容は想像できるし,そのとおりだと考えてもいる。しかし,それが雑誌の見出しとして大きく掲げられていることに,違和感と不安とを感じてしまう。
 夫婦で力を合わせて子どもを育てるのは理想だけれど,現代社会では,それができない夫婦も多いのではなかろうか。夫が遠地に単身赴任して,年に数日しか帰ってこられない家庭も少なくないことだろう。いわゆるシングルマザーも増えている。そういう母親がこれを見たときの気持ちを考えてしまう。そうでなくても子育てに悩みを抱えている上に,追い打ちを掛けられた思いで,追い詰められた気持ちになるのではないかと気に懸かるのだ。
 かつて多くの母親は,夫を戦場に奪われ,独りで子育てをしてきたものだ。それでも,彼女たちは健気に子どもを育て上げた。その場合,祖父母など,身辺の人からの支援が有ったかもしれないが,今の世は,それすらも望めない場合が多かろう。子育てに悩む母親の相談相手になるような支援制度が,一部の地域社会では進められるようになってきているものの,その足を引っ張るような,辛い立場に在る人への想像力と配慮に欠ける,したり顔した雑誌の見出しは,無責任なことだとしか思えない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
配慮に欠ける「子育て雑誌」 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる