ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可解な脳の働き

<<   作成日時 : 2015/02/13 19:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 近年の研究によると,男と女とでは脳の構造が違っていると言われる。当然,機能にも差が生じる。体の仕組みが男女で異なっているのは人類誕生以来明らかなことで,日本最古の文学とされる『古事記』のイザナギとイザナミの結婚の場面は,次のように記されている。
 「是に其の妹伊邪那美命に問曰ひたまはく汝が身は如何か成れるととひたまへば吾が身は成り成りて成り合はざる處一處ありと答白へたまひき爾に伊邪那岐命詔りたまはく我が身は成り成りて成り餘れる處一處あり故此の吾が身の成り餘れる處を以ちて汝が身の成り合はざる處に刺し塞ぎて國土を生み成さむと以爲ふ生むこと奈何とのりたまへば伊邪那美命然善けむと答曰へたまひき」(岩波書店「日本古典文学大系」による)
 昨年11月に河出書房新社が発売を開始した池澤夏樹個人編集「日本文学全集」の第1巻『古事記』は池澤夏樹自身の訳で,この二神の会話はこうなる。
 「きみの身体はどんな風に生まれたんだい」「私の身体はむくむくと生まれたけれど、でも足りないところが残ってしまったの」「俺の身体もむくむくと生まれて、生まれ過ぎて余ったところが一箇所ある。きみの足りないところに俺の余ったところを差し込んで、国を生むというのはどうだろう」「それはよい考えね」。
 これこそが男と女の本質で,結び付きの原点であり,男女が互いに引かれ合うのは生殖本能に基づく性愛から出発することだと思われる。しかし,截然とした性器や体形の違いだけでなく,脳の機能の差による思考の形や感性の相違が,時が経つとともに,しだいに表に出てくる。結婚したものの,期待を裏切られたとか騙されたとか難じる場合も有るようだが,裏切ったり騙したりしたのではなく,もともと男女の間には「くらくて深い河がある」ことに気付いていなかっただけなのだ。
 男に近い女,女に近い男も在り,結び付きの形や愛情の有り様もさまざまだろうが,生殖行為が終わる齢になれば,その差はますます際立ってくる。「男女共同参画社会」とあえて唱えなければならないのも,そこに所以が在ろう。同じ人間ではあっても,異種の生き物と言えるほど脳の仕組みに違いが有る事実を,互いに理解し,尊重し合わなければならないことなのだろう。
 もっとも,脳の働きを考えていると,不可解なことは増すばかりで,これは特定の男女の間に限られることではなく,全ての生き物の間に介在する問題だと思われてくる。
 人はそれぞれ,性格,気質,嗜好が異なっている。人とは限らず,生き物には皆,個体ごとの個性が有ろう。そのときどきの精神状態にも変動が有る。これらは全て脳の働きに因るものだと思われるが,考えてみれば不思議なことだ。
 生き物の誕生は微小な精子と卵子との結合から出発し,その中に遺伝子が含まれているということは解るけれど,成長するにつれて個性が表れ,その上でなお,ときどきの情況で,一人の人間の思考や感情が変動するということは,どういう脳の仕組みに因ることなのか,不思議に思われてならない。
 最近,異常としか思えない兇悪犯罪が増え,そのたびに,容疑者の精神鑑定が取り上げられる。その結果,当人に責任能力が無いということになれば,刑事責任を問うことはできない。被害者にとっては救われないことだが,これも脳の働きに関わるのであれば,怖いことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
我思ふゆへに我在り不可解の 女人の思惟をかくて許さむ
いざよひ
2015/02/13 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可解な脳の働き ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる