ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 困った人たち

<<   作成日時 : 2015/02/24 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 自分の偏った価値観を疑わず,独善を通そうとする人を見ると,苦々しく思う。当面する事案の対処に当たって信念を貫くのは大切なことで,事によっては命を賭けなければならない場合すら有るけれど,思考が単純で独善的な人は,迎合的な取り巻きに囲まれていたりすると過信に陥り,実質を伴わない権威に満足して,自己批判をする謙虚さを持たないので,思いどおりにならなかったり,言動を批判されたりすると,感情を露わにして,攻撃的な態度を示すことも多い。自分の思いに固執する人は,一般社会でも付き合いにくいけれど,中でも社会的地位の有る人がそれでは困る。世の中には,自己の保身のために,権力を持つ人の顔色を窺い,自ら意に添おうと努める輩も少なくないから,ますます権威を振りかざしたがることになる。
 昨今の日本社会では,安倍首相,籾井NHK会長,橋下大阪市長など,その典型だと思う。いわゆるパワハラで指弾される人の精神構造も共通点が有るようだし,自分の価値観を疑うことが無く,独善的な意見を述べる点では,最近,産経新聞でのコラムの内容が問題視されている曽野綾子もそれに近い。かねてその傾向を感じてはいたけれど,老化も進んでいるのかもしれない。当人には表現の自由が有ることだが,そういう人を重用して紙面を提供しているほうに疑問を感じる。
 私は,苦々しく感じる人に接するたびに,その人格形成に影響しているはずの生育過程に関心を持つ。そして,生い立ちの環境,履歴を理解すれば,むしろ可哀想で,出来ればそれとなくたしなめたいと思うときも有るけれど,当人に自省心が乏しく,自覚が無ければ,私の独善に終わるだけなので,どうしようも無い。まして,社会的に影響の大きい地位に在る人の場合,私の力の及ばないことながら,その精神構造を見極めて適切に対処できる社会的な手段は無いものかと思ってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
戦後より戦なき国日ほか七 瑞、典、丁、氷、芬、不、諾、インシャッラー
いざよひ
2015/02/25 20:36
あるがまま委ぬと決めし老いなれど世を憂ふれば念ひの揺らぐ
返し
2015/02/26 16:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
困った人たち ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる