ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い年を!

<<   作成日時 : 2015/12/30 19:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 「年末のガラス戸拭きを,寒さを厭ってここ数年怠りがちなので,汚れが目立つようになり,今年こそは,気候の穏やかなうちに,手抜きをせずにきれいにしておきたいとも思っている」と書いたのは10月4日のことだ(「忙しい」)が,結局,12月最後の週まで持ち越してしまった。毎年同じようなことを言っている気がして,自分のブログを検索してみたら,7年前の次の記事(2008.12.21「年の瀬」)が出てきた。
 「毎年のことながら,歳末が近づくと,年賀状を書くのに追われる気持ちになる。しかし,平素は疎遠になりがちな知己縁者と,年に一度,安否を知らせ合い,挨拶を交わすのは,たいせつにしたいことだと思う。その際,主文はプリントするとしても,宛て名と署名は自筆で記し,それに一行でもコメントを付すのが,せめてもの心ばせだと思っているのだけれど,加齢のせいで,10通も書くと疲れて,目が霞んでくる。こんな調子では,私のこだわりをいつまで続けることができるか,そろそろ危うくなってきた。(中略)年賀状を出し終えたら,窓ガラス拭きに掛からねばならない。これも,平素は手を抜いているので,しだいに汚れが目立つようになり,気に掛かっていることだ。去年は1階のガラスを拭いたところでリタイアしてしまったので,今年は,2階の窓だけでも何とかしたいのだが,2階は足場が悪いことを思うと,取り掛かる前から負担に感じてしまう。何事もそんな調子で,捗々しく片付かないことが多い。」
 以来,毎年,同じ嘆きを繰り返しているのだけれど,も早や,いつどうなるか分からない体調と年齢だから,今のうちに出来るだけのことはしておきたいと思い,今年は,8年ぶり?で,ようやく全てを処理して歳末を迎えることができた。歳末には,高齢者の事故が増えるという。大掃除の時期で無理をしがちなのだそうだ。私にしても他人事ではなく,高い所での作業は体がふらつき,転落事故につながる惧れも有るので,一つ一つの動作に用心をしながら,時間を掛けて為遂げたことだ。賀状も,送る相手に先立たれた数だけ年々減ってはきたものの,まだ手書きで続けることができている。
 ここ数年は,大晦日に次男が車で来て,墓の掃除に同伴してくれるのだけれど,今年は,彼のスケジュールの都合で,昨29日に何とか2時間ほど割いて来てくれ,そのほうも無事片付いて,心置きなく新年を迎えられるところだ。
 しかし,一身上のことはさておき,世の動きは気に掛かることの多い1年だった。今年もまた,長年ひそかに気持ちを寄せてきた知名人の多くが亡くなった中で,愛川欽也(4月15日=80歳),鶴見俊輔(7月20日=93歳),水木しげる(11月30日=93歳),野坂昭如(12月9日=85歳)など,平和の大切さを語り続けてきた人の死は,時代の変化を感じさせられる今の世だけに,ひとしお心に沁みる。
 「来年こそは,真の民意の力が問われる年であり,権力の抑圧に対して,自由な言論を萎縮させてはならない年だと思う」と,過日(12月8日)書いたばかりだけれど,年の暮れに当たって,もう一度重ねて言いたい。
 皆様には,良い年をお迎えください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
夕されば浦の松風しげくとも あすの春日はのどけからまし
いざよひ
2015/12/31 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
良い年を! ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる