ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS この世は金だ

<<   作成日時 : 2016/01/27 20:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 廃棄食品の偽装転売,痛ましい多くの犠牲者を出したツアーバスの転落事故,暗いニュースの根底に感じるのは,金儲け第一で利益のみを追い求め,良心を失っている経営者の存在だ。弱者を標的にして続発する電話,ネット,訪問等々による詐欺と変わるところが無い。頭に浮かぶのは,「金だ金々 金々金だ 金だ金々 こり世は金だ」で始まる大正時代の演歌師・添田唖然坊が歌ったという街頭演歌だ。
 甘利明経済再生相の金銭授受疑惑にしても,高村正彦自民党副総裁は「わなを仕掛けられた感」が有り「周到なストーリーが作られている」と発言し,甘利氏自身もそういう考え方を後ろ盾としているように見えるけれど,仮に「わな」だったとしても,つまるところ,金欲しげな顔に付け込まれたことだろう。唖然坊は「学者・議員も政治も金だ 金だチップも賞与も金だ 金だコミッションも賄賂も金だ」と続けている。大正時代も現代も変わらないものと見える。
 政治家は,金銭疑惑が取り上げられると,大物から小物に至るまで,「記憶に無い」「確かめて説明する」という決まり文句でその場逃れをしようとするけれど,自身が直接関わったことでも曖昧な記憶力しか持たないような者が政治に携わっているのでは,その政治を信頼することはできない。
 「金だ力だ 力だ金だ 金だ金々 その金欲しや」。私もまた,日常の暮らしの中で,何かにつけて,金が有ればと思うことは少なくないけれど,限られた年金に頼る暮らしでは,どうすることもできない。「貧乏・ベラ棒・辛抱は金だ」。金が欲しくない者はいないから,原発や基地の問題でも,政治権力は金で解決しようとする。その金はどこから出たものか。問題の大きさからすれば,大正時代よりも現代のほうがはるかに大きいと言えよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
金壺酒もらはばくちに甘けれど たみを利すことなきは明らか
いざよひ
2016/01/28 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
この世は金だ ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる