ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が不如意

<<   作成日時 : 2016/05/25 20:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 「不如意」という言葉は,経済的な意味で「手元不如意」という使い方をされることが多いようだが,加齢とともに,その他でも「不如意」なことは増えるばかりだ。何よりも身体機能や体力の面で,思いどおりにならなくなったことが多い。
 かつての勤務先の同僚で定年退職した者が会を作り,年に一度,全国各地に場所を変えて,懇親旅行のような形で集まっているのだが,今では宿泊を伴う長距離の旅は何かと辛いので,数年前から参加していない。今年も5月上旬に催されて,その出欠回答に記されている諸氏の近況報告が送られてきたけれど,私と同年配の人たちだと,体のあちこちの不調のため「残念ながら欠席」というのが多い。もう少し若い世代でも,自分は元気だが家族の介護で家を空けられないという例も有る。今年は,現在は熊本県や大分県で暮らしていて,震災のために参加が叶わなかった人も有った。
 私の高校時代の同期会も今なお続いていて,今月下旬に予定されているものの,物故者が増え,私同様に体調が思うに任せないという人も多くて,当然のことながら,参加者は年々減るばかりのようだ。
 職場のOB会の場合は,「退職後は晴耕雨読の毎日です」という報告も見られるけれど,そう言えるのは仕事を離れてまだ間も無い人で,最近の私だと,「晴耕雨読」がままならない。今は気候の変わり目で,庭仕事や家具の入れ替えなど,体を動かさなければならないことが多いけれど,高い所に上がったり重いものを持ったりするのが怖いし,少し体を使うと,疲れて倒れそうになる。読書も,小さい文字が読み辛くなって,すっかり遠ざかっている。
 「賀茂河の水、雙六の賽、山法師、是ぞわが心にかなはぬもの」という,『平家物語』の一節で知られる白河院の「天下三大不如意」と呼ばれる言葉が有るけれど,白河院のような権力者でなくても,今の世の私にも全て当てはまることのように思われる。「賀茂河の水」は,震災や水害を初めとする天災だし,「雙六の賽」は,年金暮らしでの経済上の不如意から脱したいと願って買ってみてもいっこうに当たらない宝くじ,そして,「山法師」は,強引に己の主張を通そうとして他の事情を顧みない今の政権だ。
 この齢になれば,「できない」ことは,あえてしようとは思わないことだ。歯が悪くなれば,どんな美味しいはずの料理も堪能することはできない。先日書いたパソコンの不如意も,ホームページやこれまでのメールの保存管理,ブログのための文書変換は,元のパソコンをそのまま利用することにして,出納の記録も,新しいソフトを入れるまで当分の間は,今のままでも良かろうと思い定めている。
 手元不如意を初めとして,我が身の状態,世の中の有り様まで,私にとって不如意なことは多いけれど,これまで,自分の選択に誤りは無いと思って生きてきた私としては,今の最大の不如意は,自分の人生の最期を自分で選択できないことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
不如帰啼かずばそれも宜(むべ)ならむ 天道さだまり命に従ふ
いざよひ
2016/05/26 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が不如意 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる