ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院選近し

<<   作成日時 : 2016/07/06 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 「戦略的投票」という言葉が有る。今回の参議院議員通常選挙が公示された6月22日の「朝日新聞」『社説』で使われていた言葉だ。「最も評価しない候補者や政党を勝たせないため、自分にとって最善でなくとも勝つ可能性のある次善の候補に投票することだ」という。
 2012年の衆院選以来,棄権者の増加によって,自民党への支持率がそれほど増えているわけではないにもかかわらず,現実の支持者数を大きく上回る議席数を獲得し,いわゆる「一強体制」をもたらしたという実態が有る。今回の選挙でも同様の事態になれば,「立法府の長」だと思い込んでいる安倍首相は,「民意の支持を得た」と,選挙期間中は曖昧にしてきた改憲路線を推し進めるに違いない。
 思い返すと,20歳で選挙権を得て以来,一度も棄権をしたことは無い私だが,真に信頼して支持できる政党が有ったとは言い難い。逆に,この政党には勝たせたくないという「マイナス票」を投じる制度が有れば良いのにと思っていたものだが,「マイナス票」ばかりでは議会政治は成り立たないから,少なくとも独裁的な強権政治を生む偏った結果だけは防ぎたいと願って,選挙のたびに,バランスを意識した「戦略的投票」をしてきたと言える。
 さて,今回の選挙がどのような結果をもたらすか,新しく18歳以上まで有権者が広げられたことがどういう形で現れるかという不確定要素も有る。アメリカやイギリスの情況を見るにつけても,多くの有権者に政治の行方を見極める判断力が求められる重要な局面だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボート権すごい男がいたもんだ はたち此の方オール欠かさず
いざよひ
2016/07/07 20:50
深読み解釈 この歌はShoG様に対する驚きと尊敬の念を以ての作でありましょう。「ボート権」は<vote権=投票権>であり「ボート(vote,boat)」と「オール(all,oar)」の対比は縁語でしょうか。本作の「すごい男がいたもんだ」では三好鉄生の<すごい男の唄>が連想されます。因みに歌詞は<ビールをまわせ底まで飲もうあんたが1番 わたしは2番ドン! ドン! 凄い男がいたもんだ 川でばったり出会ったら ワニが子分になりたがる ビールをまわせ底まで飲もう あんたが1番 わたしは2番ドン! ドン(YouTube)>であります。
岡目七目
2016/07/08 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
参院選近し ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる