ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS この一年

<<   作成日時 : 2016/12/01 19:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 歳末を迎えて,この一年を振り返るときだ。
 「春をながめる余裕もなく/夏をのりきる力もなく/秋の枯葉に身をつつみ/冬に骨身をさらけだす」(泉谷しげる詞曲『春夏秋冬』1972年初演)。
 私にとっての「この一年」は,この歌のとおりの情況で終わろうとしている。
 世の中はどうだったか,思い出してみようとするけれど,最近は月日の流れが速く感じられて,頭に浮かぶことが今年のことだったのか去年(あるいは,もっと前)のことだったのか記憶が定かでない。かつては,新聞に「今週(または,今月)の出来事」というような欄が週(月)に一度掲載されていて,それを「社会の動き」としてスクラップしていたのだけれど,今は,年の最後に一年を総括する形で載るだけになっているようだ。
 今年のその記事を見る前に,思い出せるだけ挙げてみよう。
 天地の無情を感じさせられた熊本を初めとする各地の地震や豪雨による災害=地球はどうなっているのだろうか。
 独善的な安倍一党をますます増長させた参議院議院選挙=多くの選挙民は何を考えているのだろうか。
 天皇のお気持ち表明=口には出せないけれど根底には安倍政権や世相に対するもどかしさが有るような気がする。
 都政の闇が明るみに出た豊洲市場=石原や舛添は何を考え何をしていたのか。
 障害者施設や医療介護施設での凶行=人を尊ばない差別意識が嘆かわしい。
 アメリカ大統領選挙に思う二者択一の難しさ=一方的に選択肢を示されても単純に選べない場合が多々有る。
 今年も「日本の良識」を体現してきたと言える人たちが多く亡くなった=昭和は遠くなりにけりと悼むしかない。
 明るい気持ちになれるような話題は,パラリンピックとノーベル賞受賞しか思い浮かべられないのが寂しい。
 前掲の泉谷しげるの歌は,次のように続く。
 「今日ですべてが終わるさ/今日ですべてが変わる/今日ですべてがむくわれる/今日ですべてが始まるさ」。
 しかし,年が変わっても,現実には,今日明日の変化を期待できるとは思えない。自己中心的に言えば,老いるのみの私が,前向きな気持ちで生きることを楽しめるには,宝くじでも当たって経済的な憂えが無くなる僥倖を待つしか無さそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いざよひの代理人より
いざよひは旅に出ておりますので暫時失礼いたしますとのことです。
いざよひ
2016/12/04 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
この一年 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる