ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 制度には人が必要

<<   作成日時 : 2017/02/25 19:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本が戦争で負けて,学制も教育内容も大きく転換した時代,私は少年期を迎えていた。新制の中学校(3年)までが義務教育となり,その校舎を建てる間,小学校の放課後の教室で学びながら,校舎建築のための瓦運びなどの作業を手伝わされていた。男女共学ではあったけれど,教室は男女別々で,新築の校舎に入った後も,一つの教室でありながら,男女の席の位置は二分されていた。一つの机を二人で並んで使うようになっていた当時の座席に,初めて男女を一組にして座るようにしたのは私の担任で,興味を持った全校の生徒が覗きにきたものだった。
 英語が必修教科になったものの,戦後の田舎の学校では,十分な指導力を持った教師は少なく,最初に習った英語は,GiantsやTigersなど,復活したばかりのプロ野球チームのニックネームだった。そんな状態だったから,高等学校の入学当初に行われた学力確認テストでは,文法などまったく解らず,解答用紙全体に大きく斜線を引いて提出した。以来,「英語」に関する学習意欲はまったく持てず,案じた母が苦しい家計の中にもかかわらず家庭教師を頼もうかと言ってくれたけれど,それも断り,「英語」には,大学を出る最後まで悩まされた。
 今,「英語」を小学校の必修科目に組み込もうとする動きが有るけれど,私が気に懸かるのは,十分な能力を備えた指導者が全ての学校に行き渡るだけ確保できるのかということだ。どんな分野でも優れた人材を育てるのは時間が掛かることで,急場凌ぎの方法で養成できるものではあるまい。
 同じことは,医師の養成にも言えよう。社会の高齢化が進み,認知症が懸念される高齢者も増えている。3月の施行が予定されている改正道路交通法では,「認知症のおそれ」が有ると判定された75歳以上のドライバーは,運転免許の更新時に受診を義務づけるという。高齢ドライバーの事故が多い現状では当然の対処だと思うけれど,運転をしない人でも早期治療を要する人は少なくなく,専門医不足のために,そういう患者への診療やサポートが滞りがちの現状だとも聞く。これまで問題になることが少なかったために,専門医の養成が遅れているという事情も有ろう。
 教師にしろ医師にしろ,優れた技量を持った人材の育成は一朝一夕にはいかず,時間が掛かるはずだ。高齢者世帯の日常生活に欠かせない移動手段の確保も,社会体制として不十分だ。いつものことながら,前提となる現場の実態を踏まえることなく,制度だけを先行させようとする中央のお役所感覚では,危惧されることが多すぎる。
 それでも,貧しい暮らしをしている多くの庶民の生活感情が解っていない「ブレミアムフライデー」よりはまだ正当な発想と言うべきか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
制度には人が必要 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる