ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 「老人性うつ」

<<   作成日時 : 2017/05/08 19:32  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 最近,新聞等で目につくのは,「尿のトラブル」と「うつ」に関する記事や広告で,それだけ,同様な悩みを持つ人が多いということなのだろうかと思いつつ,私にも当てはまる点が有るので,他人事とは言っていられない。
 「老人性うつ」の症状としてそこに挙げられているチェック項目を見ると,下掲のようなことが有り,その全てが当てはまるわけではないし,「病」というほどの状態でもないけれど,日常の暮らしの中で,心身の老化,生活力の低下に伴う「症状」として私が感じていることのいくつかが該当するのは事実で,体調として気候の変化に順応し難くなっている面でもある。
*  *  *
□体がだるく疲れやすいので,何をするにも億劫で,身辺の雑事がなかなか思いどおりに片付かない。特に朝は調子が悪く無気力になりがちだ。
□首筋や肩が凝り,頭痛が起こりやすく,耳鳴りや吐き気を感じることも有り,ときに,腹部や胸部,関節等が痛む。
□進んで食べたいと思う物が無く,食欲が出ない。
□心悸が昂進し,不眠になりがちだ。
□喉が詰まって息が続かず,呼吸が辛いときが有る。
□体調が優れないために,医療機関で検査を受けても,特に異常は見つからない。
□気持ちの上では,楽しい,面白いと感じることが少なくなった。何事にも,興味や意欲が湧かず,テレビ番組を見てもつまらなく感じることが多い。
□身辺の些細な事にこだわり,思い詰める。
□周囲の人に気を遣い,行き届かないのを惧れて,対人関係が煩わしくなる。
□自己主張,自己顕示が強くなり,押し付けがましく高飛車な物言いが多くなる。
□物忘れが増え,不安感や焦燥感が強くなって,気持ちに落ち着きが無くなる。
*  *  *
 私の場合,該当するのは5項目くらいで,神経症的なものであれば,重症にならない限り,医師や薬には頼らないほうが良いと思い,それよりも,自覚的に気持ちをコントロールするよう心掛けている。老化による体力の衰えが影響するのは自然な成り行きだろうけれど,経済的な不安が無くなれば解消することも,案外有るのかもしれない。それを願って宝くじを買い続けている。
 また,「うつ」の原因には,個人的な性格や家庭の事情によることも考えられるが,今の世の中には,「うつ」を引き起こす社会的な要因も少なくない。「うつ」だから気が晴れないのか,気が晴れないことが多いから「うつ」になるのか,どちらとも言い兼ねる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
世にふれば人とぶつかることばかり 足なまろびそ杖こそあめれ
いざよひ
2017/05/09 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「老人性うつ」 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる