ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 墓園での会話

<<   作成日時 : 2018/03/21 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 きょうは「春分の日」,彼岸の中日だが,昨日からの雨が降り止まない。天気予報で予測はしていたので,先日,彼岸の入りに当たって墓参に出掛けたのは正解だった。
 わが家の墓所は,もともと四国の山村に在って,長年,祖母が独りで守っていたのだが,祖母の死後,時代とともにその地で暮らす親族縁者もいなくなり,われわれが帰る家も機会も失われてしまったので,本籍を現住所に改めるとともに,私鉄で2駅ほど先の霊園に遷したのは,元号が平成に改まった前年のことで,以来,ちょうど30年経ったことになる。
 周囲の環境も良く,最適の場所を選んだと思っていたのだが,往復6キロほどは歩かなければならず,私自身の加齢とともに,年に5回ほど出向く墓参が体力的に少し負担に感じられるようになってきている。亡母が健在だったころは,その脚力に配慮してタクシーを利用していたけれど,16年前に母が亡くなってからは,料金を倹約するためにも電車と徒歩で行くことが多くなり,最近では,妻のスケジュールによっては,私だけで4時間ほど掛けて出掛けることも増えている。今回も,独りで行くことになった。
 お彼岸ということで,お墓参りに来ている家族連れも多く,隣のお墓の家族ともたまたま一緒になり,就学前と思われる兄妹二人の幼児と,30年目にして初めて顔を合わせることになった。なかなか可愛い子どもたちで,せっせと掃除を手伝い,神妙に合掌している。
 「表立った暮らしから遠ざかって既に10年以上になる今では,他者と会話をする機会は,近隣の人との挨拶程度のことか,時たま出掛ける病院や医院での医師や看護師との短い会話しか無い」と書いたのは今月の初め(3月2日「認知力の維持」)だが,幼い二人が私の顔を見て話しかけてくるので,相手をしながら,久しぶりに気持ちが和んだ。
 冬季オリンピックのカーリング競技に出場していた日本女子チームの選手たちの「そだねー」という試合中の会話がマイクで拾われて話題になり,流行語にもなっているけれど,これも,会話と,相槌を打つことの大切さを現していることのように感じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
墓園での会話 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる