アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「雑記」のブログ記事

みんなの「雑記」ブログ


内視鏡的大腸ポリープ切除術

2017/09/16 15:51
 「先日,消化器内科での内視鏡検査を受けたところ,腸にかなりの数のポリープが見つかった。小さいものはその場で除去したそうだが,まだ残っているものをどうするか,次回(8月)の予約日に主治医と相談することになっている。」と書いたのは7月31日のことだけれど(「夏眠のとき」),その後の主治医の話で,癌化する惧れが有るので今のうちに切除しなければならないと言われ,入院する腹を決めた。「9月に入れば少しは涼しくなるだろうから」という主治医の判断が思いのほか当たって,猛暑が和らいだ9月の初めに内視鏡による手術を受けた。
 先の検査のときもそうだったが,3日前から食事を制限し,前日の夕食後からは絶食して下剤を飲み始め,当日の手術前には腸管洗浄液を服用して腸の中をきれいな状態にしてしまわなければならない。2リットルの洗浄液を2時間かけて飲むのはかなり辛いことだ。いささか衰えた体力で,入院に必要な用品を詰めたバッグを提げ,指定された時間までに病院へ行く。
 対象となったポリープは,小腸に近い入り組んだ場所に有るうえに大きかったので,細かく切断して除去するのに時間が掛かり,ようやく一つ取り終えたところで,「もう一つ有るのですが,その施術は日を改めて行いましょうか」と問われ,「これ以上続けては患者がヤバイということでなければ,この際一挙にお願いします」と答える。
 術後2時間は絶対安静,通算3日間ベッドに寝たままの生活で,思えば50数年ぶりの入院経験だった。テレビも印刷物もあえて見ることをせず,ほとんど眠った状態で過ごしたのは楽だったけれど,そのわずか数日の間でも,世の中ではさまざまなことが起こっていた。
 ベッドで寝ていてふと目を開けると,前に白いボードのようなものが立っている。何だろうと思って目を凝らして見ると,姿勢を起こしているつもりで,天井が目に入っていたのだった。病室に様子を伺いに来る看護師さんが,ことさらに大きな声で,一語一語区切るようにして話しかけてくる。近年聴力が衰えているので,聞きやすいのはありがたいことなのだが,よほど耳の遠い老人だと思われているのだろうかと意識してしまった。
 幸い,出血も穿孔も無かったようで,予定どおり退院できたけれど,2週間経過するまでは低残渣食で過ごさなければならない。飲み物も,アルコール類,コーヒー等が禁止されていると,体だけでなく頭の働きもリズムが整わない感じで,自分の身体が思うに任せないのは情けないことだ。わが家の栄養士&調理師さんも,日々三度の献立に頭を悩ませている。
 帰宅後は,留守中に溜まった新聞やメール等に目を通して処理するだけでも時間が掛かり,ようやく,当面するその日その日の作業に手を回せるところまで追いついてきたので,今回の経験を記しておく次第だ。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


不意の来客

2017/09/10 22:05
 昨夜のこと,夕食後の片付けが済んだ食卓の上に,どこから来たのか一匹のカマキリガ乗っていた。最近は庭でも見かけることが無いのに,開いている入り口も無いはずなのに,不思議に思いつつ写真に収めた。
 しばらくして覗いてみると既に姿は無く,一夜明けて探しても,どこにもいない。どこを通ってどこに帰って行ったのだろうか。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


蝉の生命

2017/08/20 14:59
 パソコンのインターネット接続ができなくなった。毎朝最初の作業としてパソコンを立ち上げ,肉親,知人のブログやツイッターをチェックし,メールの受信を確認するのを日課としているのだけれど,Webサイトもメールボックスも開くことができない事態で,パソコンや接続のためのルーターを再起動してみても,状況は変わらない。OSの業者,機器のメーカー,さらにはプロバイダーに問い合わせようとしても,どの電話も繋がらない。そこでようやく,原因は電話回線に有ると思い当たった。
 電話局に連絡するにも,電話が繋がらないのだからすぐにはどうしようもない。携帯電話で故障担当の番号に掛けてみたが,固定電話に関しては対応できないと言う。いろいろ調べて,何とか連絡が付き,点検に来てもらうことができた。
 私のパソコン接続は,電話の光回線と共通で利用している。その引き込みのケーブルにトラブルが生じて通信が不能になっているということで,原因は,ケーブルに蝉が穴を開けていたのだという。工事担当者の話によると,最近,同様なトラブルが増えているということだ。ケーブルに穴を開けて産卵するのだと聞かされたけれど,空中に張られた極めて細いケーブルに産卵しても孵化に至るとは思えない。
 近年,わが家の壁や窓枠などに蝉の抜け殻が止まっていることが多くなり,蝉の産卵できる地面や樹木が少なくなっているからなのかと思っていたのだが,最近では,その場所が軒先や窓の上の壁にまで拡がっている。地中で育った蝉の幼虫が脱皮するのは地上60cmくらいまでが限界だと聞いたことが有るけれど,蝉の生態も変わってきているのだろうか。それにしても,電話回線のケーブルにまで産卵するとは思いが及ばず,理解し難いことだ。また,漏水が懸念されることが有って上水道の水量計ボックスを開けてみたところ,中に数個の抜け殻が転がっていた。これは,地中から出る場所を間違えたということなのだろうか。脱皮したあとはどうなったのか,行く末が案じられることだ。蝉にとっても生き辛い時代だと思われる。
 ともあれ,ケーブルを繋ぎ替えて一件落着した。肉親,知人のブログやツイッターも接続が確認できた。ちなみに,上記のサイトは10件ほどなのだけれど,中には,書き込みが久しく途絶えているものも有る。半年以上書き込みの無いものや,長いものでは,1年を超える場合も有る。文章を書こうとする意欲が衰えているのだろうか,パソコンを操作するのが煩わしく感じられるようになってきたのだろうか,わが身の情況とも重ね合わせて安否を気遣いつつ,それでも,毎朝の日課として開けてみている。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


夏眠のとき

2017/07/31 20:26
 7月も末になったけれど,今月はまた,ブログの発信を怠ってきた。各地での豪雨が伝えられている中で,当地は連日の猛暑,夕立の気配さえ無い。頭も体も弱って,何をする気も起こらず,「無為徒食」というけれど,「食」も進まない状態だ。足腰にも力が入らず,家の外回りは荒れ放題,室内にいても,すぐ横になりたくなり,横になれば半ば眠っているようなことで,辛うじて,社会人野球の都市対抗大会と高校野球選手権大会に向けての各都道府県予選,大相撲名古屋場所の記録だけを何とか残して,この1か月が過ぎた。
 若い(と言っても60代半ばの)知人から「決して『やる気』など起こされずに、涼しくなる迄冬眠ならぬ『夏眠』をされていて下さい。」という暑中見舞いを貰ったけれど,まさに「夏眠」の状態と言える。
 前立腺がんの治療の後,3か月ごとに受けてきた次の検診でまる3年になる。結果は順調なようなので,その間,あえて放置していた他の部位も,この際調べておいたほうが良かろうかと思い,先日,消化器内科での内視鏡検査を受けたところ,腸にかなりの数のポリープが見つかった。小さいものはその場で除去したそうだが,まだ残っているものをどうするか,次回(8月)の予約日に主治医と相談することになっている。他の部位と言えば,喉や呼吸器のほうも気に懸かっているけれど,異状が見つかったとしても,この齢になって,経済的な事情も有り,さて,今さらどうしたものかと迷うところだ。
 ブログに書いても,タイトルどおり,まったくの「ボヤキ」にしかならないことが多くなれぱ,「グチ」と違って「ボヤキ」には批評が含まれていると考える私としては,書く理由が無くなると思ってしまう。そうなれば,あとは永眠するのみだ。
 先日105歳で亡くなった日野原重明さんは,新聞紙上に最後のメッセージを遺していたけれど,そんな身の程でない私の場合,死ねばそれっきりで,いつの間にかブログの発信が途絶えたと思われるだけだろう。せめて,限られた私のブログの読者にお別れを告げるにはどうすれば良かろうか。予め家族に頼んでおいて,ブログページのコメント欄に,通知だけでも書き込んでもらおうかと思ってみたりしている。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


ネットに頼り難い

2017/07/04 17:37
 先月の初めに,「ブログでの発信が途絶えると,気に懸けてくださる方が在るかもしれないと思い,かつて,『ボヤく暇が無い』と近況を記した記憶が有るので,探してみたところ,・・・・・・」という書き出しで,10年前を振り返って現在と対比した記事(「ボヤく余裕の無い日々」)を載せたばかりだったのだが,そのちょうど1か月後に,関東在住の弟から「(先日)ブログを開けてみたら消えていました。もう止められたのでしょうか。ひょっとして体調が悪いためなのではないかと心配しております。」 というメールが届いた。「消えていました」というのがどういう状況なのか分からないけれど,このところ1か月間は,むしろ頻繁に発信していて,記事に対するメッセージやコメントも,数人の読者からはその都度戴いているので,私としては予測していない事態だった。
 私と同年輩の知友だと,パソコンを使わない人も多いから,近況を伝えるにも手書きしなければならないのが億劫で,つい無沙汰になりがちだが,その点ネットは便利で,ブログに目を通してくれているはずの相手だと,近況や折々感じていることはそれで知ってもらえると思い込んでいたので,意外なことだった。
 近年はネットがもたらす弊害も少なくないようで,使う身としては心していることだけれど,私のブログは,不特定ではあっても,読んでくれる相手を想定して書いているものなので,ときには,批判的な内容に思い当たるところの有る人には不快なことかも知れないと思いつつも,私としては,分かっていてほしいことを記しているつもりだ。
 しかし,相手のパソコンに生じているトラブルまでは思いが至らない。当人も気付いていない場合も有るかも知れず,となると,ブログなら,その気が無ければ読まないでも結構だが,必要な連絡で送ったメールが届いたかどうか,返信が来るまで分からない。そうなると不便なことで,メールを出したあとから電話で確認するといった笑い話のような事態も考慮しなければなるまい。さて,どうしたものか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


ボヤく余裕の無い日々

2017/06/03 16:17
※(以下の記述は,6月1日に書いたものだが,このブログを始めてから長年使ってきたワープロ専用機からの文章変換のためのシステムが使えなくなり,ブログ・ページに直接入力することにしたので,時間が掛かり,ミスも有るのではないかと気に懸かりつつ発信することだ。)

 このところ,ボヤく暇の無いまま,5月が終わった。「暇」というよりも,気持ちの「余裕」というほうが適切かもしれない。
 食事を伴う会合が続いたり,しばらく音信が無くて安否の気遣われた旧友が何年ぶりかで訪ねて来たりした。最近は,日常の暮らしの範囲を越える事が有ると,体力的に疲れてしまい,気持ちの余裕まで失われる。
 ブログでの発信が途絶えると,気に懸けてくださる方が在るかもしれないと思い,かつて,「ボヤく暇が無い」と,近況を記した記憶が有るので,探してみたところ,10年前の「世の中にはボヤきたいことが次々と出てくるけれど,ボヤく暇が無いのは良いことか,困ったことなのか,どちらか分からないが,考えて文章を書く時間が減っているのは確かなことだ」という記述が見つかった。今,そこまで遡って読んでくださる人は在るまいから,一部抄出してみる。
 10年前と今とでは,「暇が無い」理由はかなり変わってきている。10年前の場合は,「意識調査アンケート(延べ8,000項目を超えるデータ)のパソコンでの集計を頼まれた」,「盲目の人から図書の音訳を(ボランティア・サークルからは退いて数年になるのだが)個人的に依頼された」などで,「社交ダンスの練習とウクレレ・サークルの活動」も,今では遠ざかってしまった。そのころはまだ若かった,と顧みて思う。
 季節の変わり目に当たっての家の内外の雑用,庭木の徒長した枝や落ち葉の始末,衣替えのための衣服の出し入れ等は,毎年変わらないことだけれど,体力が衰えてきているので,長時間の作業は続かず,少し無理をして疲れが溜まると.体力だけでなく,集中力や思考力,視力まで衰え,回復するのに何日も掛かる。
 変わっていないのは,シーズンたけなわの大学・高校等の野球データの処理で,「先月(2007年8月)初めに亡くなった阿久悠さんと同世代の私は,同様に,野球と歌謡曲とが戦後の平和と共に与えられた最大の愉しみで,今も飽きること無く記録し続けている」と,かつて書いているとおりだ。
 「世の中にはボヤきたいことが次々と出てくる」のも十年一日のごとくだが,今は,安倍政権の独善・専行と追随者の批判力の欠如が目に余る。同じように感じている人も少なくないことだろうが,誰でもが言うようなことを更めて書いたところで始まらないだけでなく,所詮はゴマメの歯軋りで終わることだと思うと,書く気にもなれない。政権を批判する記事をメディアが書けば,「報道テロ」と一蹴されるばかりでなく,「共謀罪」とまで言い出されかねない。私としては,今の政権のやり口のほうが国民と民主主義に対する「政権テロ」ではないかと言いたくなるし,それに追随する政権党員や協力政党こそ,「共謀罪」を犯しているようなものだと思われてならないのだが・・・・。
 ところで,暇の無かった日々の締めくくりで,この週末に,私の次男が身内だけでのささやかな結婚式を挙げる。人生も半ばを過ぎてようやく伴侶を得たということで,一安心できることではあるけれど,親としては,この齢になって,祝ってやれる経済力が既に無い自分をボヤかなければならない。
 
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


「往生」のとき

2017/02/20 19:22
 「謹啓、当家主○○○○儀、□月□日、安楽国に旅立ちました。お別れの場は改めて設けず、見送りは、家族のみで致しましたが、当地で長年賜りました御高誼に深謝致しつつ往きました。出立に当たっての自宅での設えは一切不要、御交誼頂いた方々のお訪ねもお断り致すようにと申し遺しましたので、失礼ながら、当人の意志に従いたいと存じます。御諒解くださいますよう伏してお願い申し上げます。敬白。」
 このような文面をB4用紙に楷書体で記して門前に張り出す夢を見た。自分自身で掲示したのか,予め用意しておいて家族に張ってもらったのか,夢のことだから定かでない。思い当たるのは,今年の正月に家族が顔を揃えたとき,「私も老いた」という述懐に対して,「そのときにはどうすれば良いか,言い置いてほしい」と息子に言われたことが頭に残っていたのだろうということだ。
 何年か前から,夢を見ても,醒めたあとで,楽しかったり,はつらつと動いていたりという漠然とした気分が残っているだけで,その具体的な内容はほとんど思い出せなくなっているのだけれど,今回は,文面やそれを推敲したプロセスまで覚えているのが不思議に思われる。あるいは,夢うつつの状態だったのかもしれない。
 もともと私は,苦しかったり辛かったりする夢は見ないほうだ。現実でも,少年の時代には,口に出来ないような屈辱的ないじめを受けた嫌な経験も有るけれど,それを気持ちの上で傷として残すことは無かった。幼いながら持っていた誇りが乗り越えさせていたように思う。以来,夢でも現実でも,苦しいことは自ら対処して解決してきた。
 前記の文章にも暗い気分はまったく無く,「往生」した際の処し方を前向きに考えているということだ。現実の場面で実現できるかどうか分からないけれど,私の気持ちを正直に表したものだから,この文章を息子に渡して置こうかと思う。そのうえでどう処すかは任せるしかない。有縁の方々が「見送りたい」と言われて,後日,「偲ふ会」でも催してくださるとすれば,私にとって身に過ぎる倖せだと言えよう。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


立春の卵

2017/02/16 20:27
 「立春の卵」という言葉が話題になったのは,戦後1年半ほどしか経っていない1947年の春だった。一年のうち立春の日に限って卵を立たせることができるという話だ。物理学者の中谷宇吉郎さんが自分でも試みて,「立春の卵」という随筆を書いたのはその直後のことで,疎開先の母の実家で暮らしていて,まだ少年だった私は,直接読むことは無かったけれど,結論は,いつでも誰がやっても立つということだったようで,一年のうちで最も冷え込みの厳しい立春の頃は卵の中身が動きにくく,立ち易いのだとも聞いた。当時,テレビはもちろん無い時代だし,冷蔵庫も各家庭にまでは普及していなかった。冬の寒さの頂点は「紀元節」(現在の建国記念の日)だということを聞いた覚えも有る。
 今年の立春も建国記念の日も既に過ぎたけれど,厳しい寒さはまだ続いていて,老いた身には年々辛く感じられる。朝はいったん眼を覚ましても,立ち上がると足も頭もふらついて起き辛く,一日中眠い状態が続き,体を動かすのも億劫で,洗髪,髭剃り,片付け,掃除など,日常的な作業をするのも気が進まない。「ごみ屋敷」の問題を聞くことが有るが,身の周りのごみを放置する気持ちも解る気がする。
 自分自身を放任,放置してしまう,自分の生活に極度に無関心となり,必要な医療や介護の支援を自ら拒む,家の内外にごみを散らかす,他人との関わりを拒否する等々の状態を「セルフネグレクト」と呼び,「大規模調査を実施した米国では、高齢者の9%、年収の低い人や認知症の場合は15%に及ぶ」(東邦大学教授・岸恵美子=1月20日付「朝日新聞」)ということだが,その状態に近付きつつあるのではないかと危ぶまれる。
 立つどころか,蒲団を被って転がったままでいたいのが,寒さのまだ当分和らぎそうにない今の時季の私の状態だ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


フログ公開11周年──読んでもらいたい思い

2017/01/17 20:56
 「子を持って知る親の恩」と言うけれど,親としては,「恩」を知ってほしいなどと,文字どおり「恩着せがましい」ことを思う気持ちは無い。もともと子は,親のほうが勝手に生んで育てたもので,その責任を常に感じている。しかし,齢を重ねるに従って,老いた親の暮らしや気持ちを解ってほしいという思いが生じることも有る。その気持ちは,子を持って初めて知ることかもしれない。親子にしろ夫婦にしろ,互いの気持ちを理解し合うということは,家族として生きる上で必要なことだろうと思うのだが,子を持たない息子の立場では,あまり深く考えたくないことかもしれない。
 昨年末に記したことだけれど,私がブログを綴るのは,誰かが読んでくれることを想定した営為であり,特定の人を対象にして書いている場合も有るのだが,それは私の勝手な願望であって,期待どおりに読んでもらえるとは限らない。
 私がブログの発信に利用しているのは「BIGLOBEウエブリブログ」で,読んでくださっている方はお気付きのことだろうが,ブログの記述に対する「コメント」や「メッセージ」を記入することができる他に,「ブログ気持玉」という欄が有り,「なるほど」「驚いた」「面白い」「ナイス」「ガッツ」「かわいい」など,寸感を入れる項目が設けられていて,反応が窺えるのだけれど,「コメント」と違い,既成の項目を単にクリックするだけのことなので,誰がどういう気持ちで読んでくれたのか,詳細は分からないのがもどかしいところだ。
 家族でなくても,望ましい人間関係を構築するには,相手の立場を理解し共感することが欠かせない。自己顕示や自己主張が先に立つ限り,真に相手に寄り添って理解するのは難しいことだろう。
 そう思うと,私のブログに随時コメントを寄せてくださっている方々は,匿名ながら,肉親以上に,私の現況や思いを,文章から細かく深く読み取ってくださっていると感じられて,ありがたいことだと思う。
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2


来る年もよろしく

2016/12/31 19:15
 自分の書いた文章を公にすることは,読んでくれる人を想定している行為だ。その代表的なものは作家の仕事だけれど,仕事ではない私的な文章でも,手紙を書くときは必ず相手の気持ちを想定しているわけだし,雑事や雑感であっても,ブログという形で発信すれば,当然,誰かが読んでくれることを考えている。読んでほしい相手が有って書く場合も有る。期待どおりに読んでくれているかどうかは分からないけれど,読む相手を想定すれば,それに合わせて内容や表現に気を配らなければならない。
 私の齢になれば,自分史を書いてみないかと勧められることも有るけれど,自分史を書きたいとまでは思わないものの,折に触れて,過去の体験や今まで生きてきた上での思いを語りたいという気持ちが湧かないでもない。それがブログという形で表されていると言えるかもしれない。
 かつての一時期,編集や校正の仕事で関わっていた印刷会社の創設者(会長)が亡くなったとき,遺族に頼まれて,会長自身が折々に社内報などに書いていた思い出や仕事上の考え方などを述べた雑文を基に,生い立ちから会社を立ち上げるまでの歩みや経営者としての苦労等を自伝の形で編み,追悼出版として一冊の本にしたことが有るけれど,私の場合も,これまでに書いたものの中から抄出して誰かが纏めてくれるのであれば,それはそれでうれしいこととは思う。
 しかし,私の人生はそれほどの価値の有るものでもないし,いろいろな場面で書いてきたものを読んでもらっただけでもありがたいことだ。今では加齢とともに筆力も弱まってきているけれど,少しでも力が残っていれば,来る年もブログだけは続けていきたいと思っているので,よろしくお願いします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


タイトル 日 時
散るもみじ
散るもみじ  「庭の百日紅や芙蓉の季節が終わり,今は金木犀が花盛りで,毎年自力で処理している樹木の剪定に取り掛からなければならない時季だけれど,背を伸ばしたり腰を屈めたりするのが辛くなってきているし,脚立の昇降が心許ないので,体調を見極めて,慎重に少しずつ対処しなければなるまい」と書いたのは10月22日のことだ。それから1か月が経った。  毎年この時季になると同じことを嘆いているけれど,文字通りの「狭庭」ながら,来年以降のことを案じて,勢いよく上に伸びようとする木々の樹高をできるだけ低くしておこうと思い,... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/23 19:31
繰り返される経験
 「目下,私の机上には,新旧2台のパソコンが並んでいる。引越し可能な設定やデータなどは移行し終えた」と記したのは,5月11日のことだ。旧いOS(Windows Vista)を搭載したパソコンに「限界」を感じることが多くなり,思い切ってWindows10を搭載した新しい製品に換えたことを記しているのだが,その際,「新旧2台のパソコン」の間でうまく移行できないことも残り,2台を併用しなければならない事情を,それに続けて述べている。  以来4か月が経ったものの,「前のパソコンで作成した自分のホームペ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 19:29
沖縄に寄せる思い・追補
 一昨日(20日)掲載した記事(「沖縄に寄せる思い」)に対する「いざよひ」さんのコメント(短歌)を見て思い出したことが有る。  3年前の5月に私の沖縄への思いを新聞に投稿した際( http://shog.at.webry.info/201305/article_3.html 「投稿始末」参照),交流の生じた担当記者から,その前年秋の紙上に掲載された当時84歳の主婦の沖縄からの疎開船の体験談を紹介してもらった。「いざよひ」さんの一首と合わせて読んでいただきたいと思い,下に転載する。ちなみに,この... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/22 19:18
続・限界?
 10年近く使ってきたパソコンが「そろそろ限界にきている」ようで,「新しいOSの入っている機種に換える時期ではないかと考え始めている」(4月23日『限界?』)と書いてから半月が経った。その間,「新しいパソコンを使うには,まず,内蔵されている最新OSの機能を十分理解しなければならないし,元の機器に在るデータを可能な限り移したいので,その方法を研究することも必要になる」と記したとおり,そのことに気持ちを奪われて時間を過ごした。目下,私の机上には,新旧2台のパソコンが並んでいる。引越し可能な設定やデー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/11 20:49
納税者はつらいよ
 所得税の確定申告がピークを迎えている。  3月7日付「朝日新聞・夕刊(大阪本社版)」によると,「国税庁はインターネットの利用を呼びかけるが、関西では受付会場に足を運んで入力する人が4人に1人以上いる。大阪国税局は今回、あえて会場を減らす『強攻策』に出た。すると会場には長蛇の列」「日によっては『2時間待ち』もある」「会場を訪れる多くは高齢者だ」 という。「国税庁が2004年に始めたネット申告『e−Tax』の活用を求める『荒療治』だ」が,「大阪国税局管内での利用率は近年3割前後で推移し、大きくは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/08 19:42
高齢者クラブ35年
 私の一家が,住宅地として新しく造成された現住地に居宅を建て,移り住んだのは1972年11月のことだ。その後,地域の居住者もしだいに増えたので,有志で語り合い,73年9月に自治会を立ち上げた。74年5月には子ども会も設立した。私もまだ若く,勤めが忙しい中ではあったが,2人の息子も小学生になっていたので,暮らしの基盤作りのために尽力したことだ。今では,家屋も住人も老朽化して,メンテナンスもままならないし,後期中年になった息子は,家を離れて暮らしている。  1981年7月になって,自治会内に高齢者... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/23 19:42
振り返れば
 ブログで利用しているプロバイダーから「ブログ開設10周年」を知らせるメールが届いた(下掲=前後省略)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/19 21:00
新年の狭庭
新年の狭庭 新年の狭庭ーーいざよひさんのコメント短歌に寄せて ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/01/14 12:58
キャスター降板
「Yahoo! JAPAN」のニュースサイトで下掲の記事を見つけた。関心事なので紹介したい。           *  *  * 『報道ステーション』と『NEWS23』、報道番組キャスター「同時降板」の背景は!? 碓井広義 | 上智大学文学部新聞学科教授(メディア論) 2015年12月25日 13時6分配信 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/12/26 12:58
宝くじ当たるかな?
 今年も売り出しが始まった「年末ジャンボ宝くじ」を10枚,わが家から歩いて行ける最寄りの売り場で買った。季節ごとに発売される「ジャンボ」だけでなく,地方で売り出す少額の籖も含めて,2か月に1度くらいの頻度で60年近くの間,「バラで10枚」,購入し続けているけれど,一度も当たったことは無い。それでも,抽せんの日までは,当たるような気がして期待している。  何億円もの金額を期待しているわけではない。当面の望みが叶えられる額だけで足りると思っている。扱い難く効率の悪くなった家電の買い替え,軋みが酷く... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/11/29 21:21
忙しい
 日の経つのが速く,10月に入ってもう数日になり,毎日が忙しく過ぎて行く。忙しいと言うほど仕事の量が有るわけでもないのだが,体力が続かないので疲れやすく,何をするにも休み休みで捗らないために時間が掛かり,忙しく感じることになる。廃品回収に出す準備で,9月分の新聞の整理がようやく終わったところだ。  日ごとのデスクワークや雑用だけなら,それほど負担にはならないことだけれど,この時季になると,その他のいろいろな仕事が加わってくる。衣類や建具の入れ替えをするのも,一気には処理できず,何日も掛かる。庭... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/10/04 18:11
またの逢う日は
 中学生時代からの友人が訪ねてきてくれた。長い交友関係だが,現在は関東と関西とに分かれて暮らしているので,会う機会が限られる。前回会ったのは3年前の秋,談山神社(奈良県)の紅葉を見に行こうと誘われて行を共にして以来だ。昨年の私の発病で,一緒に出掛けたり酒を酌み交わしたりすることは出来なくなったけれど,私の容態をずっと気に懸けてくれていて,見舞いに来てもらうのは私のほうが断っていたので,今に至ったのだ。去る4月には,これも関東に居住する弟夫妻が,様子を窺いに?来た。次に会えるのはいつだろうか,互い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/08/06 19:51
戦後70年のメール
 敗戦から70年目の夏を迎えている。8月は,私個人にとっても,父と,母方の祖父の命日が巡ってくる月だ。どちらも戦争により亡くなった。祖父は,たまたま所用で出向いていた広島で原爆に遭い,行方も知れぬままになった。海軍軍人だった父は,乗艦がアメリカ潜水艦の攻撃を受け,艦と運命を共にした。8月6日の夜は,父の没後,母と共に疎開していた母の実家で,父の一周忌の法要が予定されていで,祖父も広島から帰ってくるはずだったのだが,顔を見ることはできなかった。  戦後70年に当たって,父の乗り組んでいた艦に縁の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/08/02 20:01
ホームページ・サイトの再構成
 私が現在使っているパソコンは,8年前からの物だ。それまでの製品に入っていたOSバージョンのアップデート・サービスが終了になった機会に買い替えた。以来,ファイルが増えていくとともにドライブの残り容量が少なくなり,別のドライブに移せるものは移し,古い復元ポイントのバックアップファイルは順次削除するなどの処置をしているのだが,その際の操作ミスで,ホームページ編集用のサイトが起動できなくなってしまった。  最近では,たいていのことはブログに綴るだけで終わっているし,これまでホームページ上に作成した内... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/07/13 19:31
無いものねだり
 ボーナスの支給が話題になる時季となり,かつては私にもボーナスが待たれる暮らしの有ったことを,今となっては懐かしく思い出す。本来「ボーナス」は,営業利益を追求する企業がその収益を貢献度や実績に応じて従業員に配分する趣旨のもので,利益を目的としない公務員やそれに準じる職種で「ボーナス」が出るのは筋の通らないことだと思いながら,月々の給与では生計が賄えず,まとまった金額の物品の購入や,生活費の赤字補填のための一時金として,ボーナスが待たれたことだった。「ボーナス払い」という支払いシステムも利用した。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/30 19:42
近しい人への近況報告
 プロ野球セ・パ交流戦が福岡ソフトバンクの最高勝率で終わった(16日)。全日本大学野球選手権大会は早稲田大学(東京六大学代表)が3年ぶりに優勝(14日)。選手権大会が終わるのを待って行われた東都大学の1,2部入れ替え戦では拓殖大学を破った日本大学が3年7期ぶりで1部復帰を果たした(16日)。高校野球の各地区春季大会も,9日閉幕の北信越大会で既に終わっていて,今年度の野球シーズンも前半が過ぎた感が有る。私の「野球記録」も,20日に北海道と沖縄でまず開幕する高校野球選手権の各地予選が終盤を迎えるまで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/22 19:42
「ねんきんネット」メール拾遺
 6月8日に記載した「信用できない?年金機構からのメール」の前半の部分を,メールが届いた6日の夜,新聞の投稿欄に送信した。掲載されることを期待するというよりも,そういう事実が有ることを新聞記者に知ってもらいたいという気持ちで,私が新聞に投稿するのは,そんな動機によることが多い。8日まで待ったけれど何の連絡も無かったので,その後の経緯を加えてブログに載せた次第だ。  ところが,翌日になって,担当記者から電話が掛かってきた。詳しい事情を知りたいと言うから,6日以後の経緯に,年金機構からのメール本体... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/18 20:44
信用できない?年金機構からのメール
 「あなた様の『年金振込通知書』『年金額改定通知書』を,『ねんきんネット』から確認するご用意ができましたので,お知らせいたします。以下リンク先より『ねんきんネット』にログインの上,ご確認できます」という内容のメールが「日本年金機構」の名で届いた。  しかし,大量の個人情報の流出が問題になっている折しも,一言の「お詫び」も無く,このような案内が有っても,簡単に信じる気にはなれず,疑心暗鬼かもしれないが,もしかしてフィッシングではなかろうかと疑ってしまう。  末尾に記されているホームページ・アド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/06/08 19:28
桜満開
桜満開 我が町内の公園 明夜は満月で皆既月食,夜桜と併せて眺められれば良いけれど, 明日ありと思ふ心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは 桜の季節に多い風雨のことを「嫉風妬雨」と言うが,外は早や風が吹き始めている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/02 19:49
春なお遠し
 3月に入って,わが家の狭庭でも鴬の鳴き音を聞いた。例年,それまでも近くの山では聞くことができたのだが,春告鳥がようやく里に下りてきたということだろう。唱歌『うぐいす』(林柳波作詞・1941年)の2番の歌詞「雪のお山をきのう出て/里へ来たよと唄います」を思い浮かべる。1番では「梅の小枝でうぐいすは/春が来たよと唄います」と有るけれど,わが庭に梅の木は無いのにどこで鳴くのだろうと思って見ると,今や多くの花をつけている椿の枝に来ているようだ。古来,「梅にウグイス」と言われるが,実際は「梅にメジロ」の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/03/10 19:48
「ブログ紹介」注記
 このブログの冒頭の紹介で「日々の主な行動の記録と,言葉を尽くした随想や論考,Photo,Songなどは,ホームページで別に掲載しています」と書いているけれど,これは,ブログを始めた時点での記述で,9年前のことだ。それ以前の文章等をホームページに保存しておいたという事情もある。  今では,「言葉を尽くした随想や論考」を記述することも少なくなり,ささやかな自己表現はブログで間に合う。「Song」はもう長らく作っていないし,「Photo」も,もともと写真として価値が有るものではなく,折々の情報のつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/22 19:36
確定申告完了
 e-Taxによる今年(平成26年分)の所得税確定申告書を作成送付し終えた。e-Taxで申告するようになったのは平成22年(21年度分)からで,今年で6年目になる。5年前と比べてみると,収入金額は5万6千円余り(昨年と比べれば2万3千円超=以下同じ)減っている。年金のみの収入だから,それだけ支給額が減っているということだ。それから天引きされた社会保険料は,1万1千円余(4万9千円余)増えている。健康保険に関しては途中で後期高齢者医療保険制度に切り替わっているから,単純に比較するわけにはいくまいが... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/01 19:30
立つか座るか
 洋式トイレで便器の周囲を汚さないために,男性でも座って排尿するほうが良いと言われているけれど,私には,この齢になるまで,その習慣が無かった。  ところが,昨夏,放射線照射治療のための病院通いをするようになって,治療の1時間前にトイレに行き,ウォッシュレットに少なくとも10分間は腰を下ろして,直腸と膀胱を空にするようにという指示を受けたことは,前(9月6日)に記した。便やガスを出し切るための薬も服用していたので,通院治療の間は,自宅での排便回数も増え,排尿の際も座ってするようになった。  治... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/25 19:36
2014年大晦日
 思えば,優れぬ体調に耐えながらの一年だったが,何とか大晦日まで辿り着いた。放射線照射治療を終えて2か月が経ち,年の瀬も押し詰まった頃に,ようやく少し体調が回復してきたように思われて,家の内外の片付けや掃除に集中して体を動かせる気持ちになり,きょうはまた,午前中に墓の掃除に出かけ,午後は,溜まってていた年間のデータ整理のデスクワークを,最低限ではあるけれど,終えることができた。庭木の徒長した枝の伐採も,既にきれいに仕上がっている。これで,個人的には,心残り少なく新年を迎えられる。  新聞報道(... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/31 21:26
冬支度
 11月も残り僅かになった。冬の到来を前にして,徒長した庭木の枝の伐採が気に懸かる時季だ。去年のブログを読み返してみると,11月11日付で「年々,体力的に辛くなっているが,代わって頼める人もいないし,多額の費用を掛ける余裕は無いので,今年も何とか自分で処理している。年ごとに樹高を低くしてきて,今では高い所に上がらなくても済むようにはなっているが,それでも,作業時間が少し長くなると,目眩や吐き気がしてくることが有り,全般的な体力の低下ということもあろうが,目の衰えによる疲れのせいかと思う」と記して... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/11/27 20:42
治療の区切り目に
 延べ58日の間で39回受けた放射線照射治療が終わった。治療開始まで4か月待たされたけれど,真夏の猛暑が過ぎたころから厳しい寒さを迎える前までという最適の時季に通院できたのは幸せなことだった。期間中,台風の襲来という事態も有ったものの,全て休日のことで,通院する日々は天候にも恵まれ,鉄道の不通に遭遇することも無く,病院の関係者の方々は職務による以上の親しさで接してくださって,毎日を気持ち良く過ごすことができた。通院の終わるのが淋しいくらいだ。  放射線照射治療の39回という数はどういう基準によ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/28 22:43
放射線照射治療終了
放射線照射治療終了 39回にわたる放射線照射治療終了。治療継続中の患者仲間のかたから花を戴いた。 親切にしていただいた関係者の皆様に感謝! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/25 12:54
しんどいね
 前立腺の治療に伴う「疲労脱力感」について前(10月3日)に記したけれど,感覚で言えば,「疲労脱力感」というよりも,「しんどい」という表現のほうがぴったりするように思う。もっとも,「しんどい」は関西で多く使われる語で,「気が重い」と「身体的につらい」との両面での意味が有るようだ。  氷川きよしのデビュー初期の股旅演歌の一つ『大井追っかけ音次郎』(2001年)では,「しんどいね,未練だね」というフレーズ(作詞・松井由利夫)が各節ごとに繰り返され,これは「渡り鳥」の抒情を唄っている。「しんど」は「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/18 19:31
排尿障害レポート
 近年,前立腺を病む人が増え,特に高齢者に多いようだ。前立腺を病むと,欧米人に比べて尿道が狭い日本人には,尿がすっきり出なかったり,排尿に痛みを伴ったりする症状が起こり,その際,局部を撫でると少しは楽になる。「これを『なでシッコジャパン』と言う」とは,ケーシー高峰のギャグだけれど,私にも思い当たるところが有るので可笑しい。  前立腺がんの放射線照射治療が1か月を越え,その副作用なのか,疲労脱力感,食欲不振,排尿障害などの症状が出ている。これらは,治療が始まる前からいくらかは感じていたものだが,... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/10/03 22:09
会話の相手
 病院の待合室に集う年寄りの会話,「きょうは,あの人の姿が見えないけど,どうしたんだろう」「あの人は,体の具合が悪くて,きょうは来られないそうだ」,というジョークが有るけれど,楽しく会話をすることが老化の防止になると言われる。しかし,今の私にとって,楽しい会話のできる相手も場所も無いことは前にも記した。  高齢者同士の話題は,健康のこと以外は,興味や関心の内容が異なるので,会話をしていても,必ずしも楽しいものだとは言えない。しかも,今の私の病のことを知ると,自分の限られた経験や知識だけで,した... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/29 19:58
未練心につまずいて
 20年ぶりくらいになろうか,JRの通勤定期券を購入して,放射線照射治療のための病院通いが始まった。土・日・祝日を除いて,連日の通院だ。治療に要する時間は20分前後のことで,苦痛もまったく感じないものだけれど,1時間前にトイレに行き,ウォッシュレットに少なくとも10分間は腰を下ろし,直腸と膀胱を空にしなければならない。そののち,200ccの水を治療開始までに時間を掛けて飲んで膀胱を満たし,その間に血圧,体重の測定を行う。その他には,一週間に一度の診察と,臨機に行う血液検査が有る。往復の時間を含め... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/09/06 20:24
ホテルの窓から
ホテルの窓から 7月5日,滋賀県長浜市・長浜ロイヤルホテルでの宴会に招かれた。 長浜城 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/06 18:25
小豆島
小豆島  二泊三日の日程で小豆島に行ってきた。 【寒霞渓】 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/06/18 19:42
暗い話は止めたい
 先(5月3日)に,「私の社会的接触の手段は,こうしてブログを綴ることしか無いのだけれど,読んだ上で相槌を打ってもらえなければ,コミュニケーションが成立するところにまでは至らない。話し相手の少ない暮らしの中で,ブログ・ページへのコメントでも.別途メールでも,声を掛けてもらえるのを待つ気持ちでいる」と書いたばかりだが,最近は,「鬱」を病んでいるわけではないものの,まったくの「ボヤキ」しか書くことが無く,もう少し明るい,前向きの話題はないのかと,自分でも嫌になってきている。これでは,読んでくれる人が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/05/11 19:54
散策路の標識
散策路の標識  最寄り駅からわが家に通じる道筋は,重要文化財に指定されている社殿を持つ神社の参道でもあり,柵で車道と分けて遊歩道が設けられたのは8年前のことだ(2006年4月10日付ブログ「遊歩道」参照)。  当初は,「自転車・バイク通行禁止」という小さな札が,見過ごされがちな場所に掛けられていた。しかし,車道よりも遊歩道を走る自転車が多く,曲折や勾配が有る樹間の道を歩いていて危険を感じるときが少なくなかった。そこで,「危険 自転車はおりて、押して通行して下さい」という大きい看板が改めて掲げられたけれど,歩... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 19:37
私のストレス
 3月12日付のブログ(「付き添いの要」)に書いた前立腺がんの生検の結果,間違いなく「がん」だと診断され,その後,骨シンチ検査,全腹部CT検査を受けた上で,他の部位での合併症は見られなかったので,当面は対象を前立腺がんに絞って治療することになり,トモセラピー(強度変調治療)による放射線治療を受けることを選択した。  その治療計画を策定するために赴いた宇治武田病院の放射線治療センター長・岡部春海氏によると,前立腺がんの原因は,「脂肪分の多い食生活が影響していると言われるけれど,原因は特定されてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 19:47
付き添いの要
 過日の前立腺癌生検の結果診断を受ける日は,付き添いを必ず伴うようにと言われている。検査の際も,何が起きるか分からないから当日は付き添いが待機しているのが望ましいということだったけれど,私とほとんど変わらぬ年齢の妻にその時間だけ馴れぬ所まで来てもらうのもかえって気懸かりだし,さほど遠からぬ距離に住まうとは言え,職務の有る次男を煩わせるのも躊躇われて,付き添いの待機は免除してもらったのだが,今回は,それは叶わぬようだ。最悪の場合,癌の告知をしなければならないことを想定してのことなのだろう。  し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 19:24
別荘暮らし
 刑務所に入っていたのを隠語で「別荘に行っていた」と言うことが有るけれど,私の「別荘」は病院で,昨秋の市民健診でのPSA値が高かったことによる前立腺癌の生検のため,2泊3日の別荘暮らしをしてきた。行動を拘束されるのは刑務所と同じだけれど,病院のほうは費用を支払わなければならないところが異なる。  第1日目は,午前中に入院して昼食と夕食は病院食,その後下剤を飲み,午後9時以降は絶食となる。第2日目は,朝から点滴を続け,午後4時に手術室に入り,腰椎麻酔をしたうえで,肛門から入れた内視鏡で観察しなが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/07 19:47
断煙の思い
 煙草を断とうと試みている。健康上の理由ではない。月に7千円前後の煙草代を削ろうと思ってのことだ。  (つい先日のことのように思っていたら)既に2年半近く前のことになるが,病院で呼吸器の検査を受け,肺気腫が進行する惧れが有るから煙草を止めるようにと言われて,「そうします」とその場では応えたものの,60年のあいだ喫い続けてきたものを,いまさら止めようとか減らそうとかいう気にはなれなかった。そのために命を縮めるような事態になっても,もう十分生きたから,それならそれで天命に従おうという気持ちだった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/01/28 19:59
雑煮離婚
 「雑煮離婚」という言葉が有るのを知った。雑煮の好みの違いによる言い争いが基で離婚に至ることを言うらしい。  地方や家によって雑煮の味付けや具材が異なる。あっさりしたスマシ味か,白味噌の具沢山か,というようなことが基本的な違いだろう。一時代昔なら,嫁は,姑に習って婚家の味を継承したかもしれないが,核家族化した今の時代に,そんな嫁は少なかろう。私は,鶏ダシのスマシ味で,具はあっさりしているのが好みだけれど,結婚してからは白味噌で里芋などを入れた雑煮も食するようになった。わが家では,今は交互に,正... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/02 19:10
ブログ8年
 年を越すと,このブログを書き始めてから,速いもので,間もなく満8年になる。次男のアメリカ赴任を契機に,近況や随感を,次男をはじめ,肉親や知友にメールで発信し始めたのは1998年9月のことだ。以後しだいに内容が膨らんだので,ホームページを開設して収録してきたのを,8年前にブログとして記すようにした。今でも,残しておきたい文章等は,継続してホームページに収めている。  その間に齢が加わり,齢を取ると,老人の繰り言として聞いてほしいこと,知っておいてほしいことも有って,ブログで折々に綴っているのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/26 19:29
歳末雑記
 そろそろ年賀状の作成に取り掛からなければならないと思いつつも気が進まないでいる。新年を迎えることがめでたいとは少しも思えないからだ。また1年無駄に生きたという気がしてならない。  「無為徒食」という言葉が有るけれど,所帯を営んでいれば「無為」というわけにはいかないものの,果たさなければならない暮らしの雑事も,最近は,面倒だという気持ちが先に立つ。年が新たまっても同様だろうし,さらに体力,気力が衰えれば,ますます煩わしく感じることだろう。「徒労」という言葉になぞらえて言えば,今の私の場合は「徒... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/05 19:59
狭庭の秋の実
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/06 20:39
独り言
 最近の日常を顧みるに,体調も勝れないと,Blogに文章をまとめようとする気力も衰える。多いときだと月に10編,平均しても5〜6編のペースで書いていたものが,すっかり間遠になっている。それでも日々,朝食を摂りながら,横に置いた新聞の見出しに目をやるにつけても,諸々の雑感は湧くし,暮らしの中で思うことも少なくない。しかし,共通した話題で世間話のできる相手も無いし,妻に話したところで,関心の異なる話題の相手をするには気が乗らないことだろうと思う。  先日(9月23日)「いわゆるSNS(ソーシャル・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/01 20:33
蘇る十代
 昔作った歌をなぜかふと思い出した。いつ頃作ったものか覚えていないのだけれど,まだ10代だったのは間違いない。ホームページ(「おじさんソング」 http://www7a.biglobe.ne.jp/~say/song.html )で高校時代を回顧して載せている歌と前後した時期のものだとは思うけれど,完成に至らず,そのままいつか忘れていたものだ。したがって,詞の記憶もおぼろだし,譜も残していない。  古い昔がふと憶ばれる 夏の祭が近づく頃は  遠い古里 麓の水車 風に流れる遠囃子  「のぞき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 19:25
保険料の負担
 今年の地方税と保険料の通知書が揃った。年金から天引きされる所得税は別にして,府民税・市民税,固定資産税・都市計画税,後期高齢者医療保険料・介護保険料(妻と2人分),合わせると,支払額は419,516円(月割り34,960円)になる。中でも保険料が,31万円を占める。  限られた年金収入だけに頼る暮らしで,これだけの負担はかなり重く感じられる。光熱費をはじめ日常欠かせない品々の物価は上がるばかりだし,これでは日々の生活を営むのが精一杯で,臨時の出費や老後の暮らしを楽しむゆとりなどはまったく考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/19 19:45
「不適格節」
 「倍増倍増と景気をつけて騰がる物価に苦労が倍増/ウソは申さぬ庶民の暮らし/任せられない身の辛さ」  1960年代は,ハナ肇とクレージーキャッツが一世を風靡した時代だった。1960年に大学を出て就職した私は,仲間との宴会で,クレージーの歌の数々を声を合わせて歌ったものだ。上記は,昭和の歌謡曲史に残る「スーダラ節」(作詞・青島幸男,作曲・萩原哲晶 1961年)に続くヒット曲となった「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」で始まる「ドント節」(作詞作曲・同 1962年)のメロディの主な部分を借りて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/12 19:46
リバースモーゲージ
 「ゆとりを楽しむ。安心を手に入れる。」 というのは,東京スター銀行のリバースモーゲージ商品「充実人生」のコピーだ。年金収入だけでは日常の暮らしも不如意になるばかりの高齢者が,生活費の補填だけでなく,旅行や趣味を楽しんだり,家屋のメンテナンスをしたりする費用として,今暮らしている土地を担保にお金が借りられ,返済は死亡時という制度だが,銀行は商売だから,借りる側のリスクもいろいろ有り,商品の惹句ほど甘いものではなさそうだ。同様の商品でも,三井住友信託銀行だと,担保にする土地の評価額が8,000万円... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/21 19:22
投稿始末
 4月28日に掲載した「政治家の変わらぬ感覚」と同趣旨の文章を500字にまとめて新聞に投稿した。当初は,4月28日のサンフランシスコ日米講和条約発効を記念する政府主催の「主権回復の日」式典に合わせて書き,投稿したものだが,編集者は,5月15日の沖縄復帰の日に向けて掲載することを考えたようで,担当記者の意向を容れ,表現についてのやり取りをいつものようにメールや電話で重ねたのち,「よみがえる41年前の思い」と付けたタイトルも,「沖縄無視 政府の感覚に憤り」と改められて,5月13日の紙面に載ることにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/13 19:31
窓辺に寄りて
 「昨年末に,何をどう見込まれたのか,知人からナポリ民謡に日本語の詞を付けるよう依頼されているのだけれど,自分の思いがそのまま詞や曲になって出てくる演歌調の自作の歌と異なり,カンツォーネに詞を付けるとなれば,まず原曲のイメージを身に染み込ませなければならない。そのためには,気持ちや時間にゆとりが必要で,気に懸かりながらも,未だに果たせないでいる。」 と,1月27日に書いた(「老化の日々」)。  その後,詞のイメージはなんとか生まれたものの,原曲を聴くと,歌い手によってメロディーのアレンジが異な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/18 19:31
満開の花
 庭の椿と木瓜が満開の時季を迎えて真紅の花を咲かせている。近くからは鶯の鳴き音が聞こえてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/27 19:28
島根の旅
 久しぶりに3泊4日の旅をした。数えてみると,9年半前に松本〜上高地〜乗鞍〜平湯を巡って以来の2泊を超える旅になった。加齢とともに,日数を重ねる旅は,食事が思うに任せず,疲れも溜まるので,避けるようにしてきたのだが,今回は,島根県北東部を訪ねる旅で,宿に定めた出雲市のホテルに3泊して,食事は体調を考えながら,朝はホテルでのパン食,昼は出雲名物の蕎麦,夜は和食,中華料理,焼き肉など,日常の食生活と変わらないような料理の種類や量を選んで,外で食べるようにしたので,体の負担を軽くすることができ,快い旅... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/17 21:09
寒さ厳しく
 2月も下旬になるというのに寒さがいっこうに和らがない。暖房を入れた部屋にいても,身体の芯が温まらず,手足が冷えて,老人には辛い日が続く。こんなときは,丹前を羽織って炬燵に入り,手焙りに掛けた鉄瓶の湯が沸く音を聞きながら,本でも読む暮らしが恋しく思われる。今,加湿機能の付いた電気ストーブを傍らに置いて手を翳しても,なかなか温まらないし,読書をしても,視力の衰えのせいだけでなく,集中力が続かない。  いま読みかけている本が4冊有る。  赤坂真理『東京プリズン』(2012年7月24日・河出書房新... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/20 19:31
映画との別れ
 今年も「キネマ旬報」誌の年間ベストテンが発表され,2012年総括号が発売された。例年のことで,早速購入したものの,この1年の間,映画はついに1本も観ずに終わったので,単に映画界の現況を知るだけのことでしかない。ベストテンに名を連ねている監督にしても,その作品を一度も観たことの無い人が多くなった。一昨年の暮れからこの1年の間に,森田芳光,新藤兼人,高林陽一,堀川弘通,若松孝二,大島渚と,多くの監督が亡くなり,一つの時代が終わったという感が強い。  映画館に足を運ぶことも無くなった。観たい作品が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/16 20:23
営為の履歴
 私がブログに書くことは全て事実である。しかし,数多い事実の中から,何をどう取り上げて,如何に表現するかということで,意識を働かせている。誰が読んで,どう感じるであろうかということも意識している。読み手を意識すれば書けないことも有る。  小説にしろ批評にしろ,雑多な断簡に至るまで,文章は全て書き手の自己を語るもので,そうでなければならないと思っているが,私の書く文章を文学の域にまで昇華させるだけの力は無いし,最近では,自分の書いたものを読み返してみても,明らかに筆力が低下していることを自覚する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/05 19:13
ひがこと
 「いかでなほすこしひがことみつけてをやまんと、ねたきまでにおぼしめしけるに、十巻にもなりぬ。」(『枕草子』二十三段より)の「ひがこと」の意味を問われて解らなかったのを,今も覚えている。広島県の教員採用試験での専門科目の問題だった。女御の『古今和歌集』の知識=教養を帝が験そうとする場面だが,大学での私の研究の中心は近現代文学の文体に有り,中古の作品については勉強が足りなかった。「ひが」が漢字の「僻」に当たることを知れば解ったはずなのだが,「日が」と書くのだろうかと,考えあぐねてしまった。  小... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/01 19:26
残す
 年賀状による新年の交歓が一段落したところで,住所録の確認,整理に取り掛かる。ワープロのフロッピーに収めてある名簿を基にして,住所や電話番号に変動が無いか確かめたうえで,亡くなったり,交際が途切れたりした人のものは,既に不要となった名簿を集めたページに移す。しかし,消去してしまうわけではなく,いちおう保存している。過去のことであっても,一度つながりを持ったからには残しておくのが私の性分だ。  例年のことで,正月三が日は,全日本実業団駅伝と東京箱根間往復関東大学駅伝に関心が奪われる。数年前に社会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/11 19:29
庭仕事完了
 延べ1か月近く掛けて庭木の枝伐りと後始末を終え,棘が鋭いので家庭ごみの回収に出せず,春から庭隅に積み上げてあった茨の枝もシュレッダーに掛けて,この秋の庭仕事が一段落した。  この数日の冷え込みで,紅葉も散り始め,地面は赤い花が咲いたようになっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/28 19:50
紅葉狩り
 お花見とか紅葉狩りとかには長い間無縁に過ごしてきた。昨年のブログを開いてみると,12月1日付で,わが家のもみじもようやく色づいたという記事と写真を載せている。今年は,それよりは少し早いようだ。  先週の日曜,古都の秋の風情を訪ねたいという関東在住の旧友に誘われて,久しぶりに重い腰を上げ,談山神社(奈良県桜井市)の紅葉を観に出掛けた。  JR桜井駅から多武峰の中腹まで路線バスで25分と聞いていたが,登りに掛かる辺りからマイカーが連なり,満員の人いきれで暑いバスは,1時間近く経っても,僅かずつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/26 20:14
晩秋
 百人一首(60)でも知られている小式部内侍の歌に「まだふみもみず(『金葉集』では,「ふみもまだみず」)天の橋立」という句が有る。私もまだ訪ねたことが無かったので,この月初め,一泊の小旅行に出掛け,天橋立の松並木をはじめ,智恩寺や,路線バスで25分ほどの距離に在る元伊勢 籠(この)神社などを巡ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/08 19:58
9月近況
 「高気圧に覆われ、広い範囲で35度以上の猛暑日となり、厳しい暑さが続く。熱中症への注意が必要。午後からは大気が不安定となるため、にわか雨や落雷が有りそうだ。」  連日,表現を変える必要の無さそうな天気予報が続いている。夕方になると,わが地域にも毎日のように大雨・洪水警報が出て,ときには竜巻注意報まで出ることがあるけれど,いっこうにその気配は無いまま,間もなく警報も注意報も解除されることの繰り返しだ。気温のほうは,各地で年間猛暑日数の記録を更新中で,京都市は,6日現在で34日という。今後もしば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/06 19:51
投稿欄掲載文補追
 8月26日に「総選挙の行方が気に懸かる」として「朝日新聞」に投稿した文章が9月3日付の大阪本社版の「声」欄に掲載された。その間に,「大阪維新の会」が国政政党として総選挙に臨む態勢が確かになり,そのことを踏まえた文章を加えたいという意向が担当記者から伝えられた。関連して必要となる文章全体の手直しは,記者に委ねることにした。  記者が手を入れた案文をメールで送ってきたのを読むと,私の本意とはいささかずれている部分も有ったけれど,あえて修正を求めるまでもないと思い,そのまま了承した。  紙面に載... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/04 15:11
読書が一番
 聴力が衰えてきて映画を観る楽しみが減った。細かい科白が十分に聴き取れないからだ,ということは前にも書いた。時間が空くようになったらゆっくり観ようとビデオに録り貯めてあったものも同様で,今となっては無駄になったと思うことも有る。  テレビも,ドラマやバラエティには興味が持てず,スポーツの実況のほかはほとんど観ることが無い。スポーツであれば,経過を知るのに言葉による説明は不要だ。しかし,それも,細かい経過を見続ける根気が無くなり,早送りをして結果を知りたい気持ちになるものの,実況だから早送りはで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 19:27
暮らしの刺戟
 電気温水器の排水パイプから少しずつの湯が常時漏れている様子で,その分,水道のメーターも回っているので,電力会社に連絡して点検してもらったところ,逃し弁が古くなって十分に機能していないという。設置して15年目になるから,そういうことも有ろうかと取り替えたけれど,漏れはなお続いているようで,再度調べてもらうと,洗面台の混合栓の中での湯と水との圧力の調整がうまくできなくなって,温水器に影響している可能性が有ると指摘された。混合栓は時が経てば故障しやすいとかねて聞いていたことで,そうであれば,混合栓の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/21 19:34
当世高齢者所帯事情
 後期高齢者医療保険の今年度保険料の決定通知書が届いた。後期高齢者医療保険制度では,夫婦でそれぞれの保険料を納めなければならないので,わが家の場合,二人分を合わせると年額186,335円で,昨年度より8,084円増えている。制度施行前の国民健康保険料と比べると2万円以上多い。介護保険料も夫婦別々の支払いだから,合計123,030円(29,050円増)になる。保険料だけで30万円を超える額に,府民税・市民税が加わって,全て年金から天引きされる。  一方で,物価指数に連動する仕組みの年金支給額は,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/19 19:35
思い詰めないで
 「思い込んだら命がけ」という歌謡曲のフレーズが思い浮かぶ。「男純情の…」で始まる『燦めく星座』(佐伯孝夫 作詞・佐々木俊一 作曲・灰田勝彦 唄 1940年)の一節だ。  最近,自分の生き方を顧みて総括する思いを巡らせることが有るのだが,そういう年齢に達しているということだろうか。そして,思い込んだらそのことに囚われて突き進む性向ではあるけれど,これまで「命がけ」で思い詰めたことが有ったかと問うてみると,それほどの「純情」は無い。  思い詰めると,自分を抜き差しならぬ情況に追い込むことになる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/28 19:29
時の記念日
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/10 11:17
思考停止
 私は朝が弱い。目覚めてから体や脳が活発に働くようになるのに時間が掛かる。だから,勤めが有ったころは,始業が8時30分だったのだが,8時には職場に入るようにしていた。そのためには7時に家を出て,徒歩と列車での通勤の間を体を調える時間にした。したがって,6時には起床しなければならなかった。  リタイアしたのちは,特別な予定が無い限り,8時になってようやく起き出すことが多くなった。外出の予定は,できるだけ午後に入れるようにして,午前中は,新聞に目を通し,パソコンでのメールやネットサイトのチェックで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/07 19:35
話し相手
 連れ合いを亡くして独り暮らしをするようになってから,家の中で話し相手の無い寂しさを痛切に感じるという高齢者の話を聞いたことが有る。「きょうは良いお天気だね」というだけのことでも,傍で相槌を打ってくれる人が欲しいと言う。  人は常に,自分の話を聞いてくれる相手を求めるもので,孤独な人の話の聞き役をするボランティアも有るようだが,私は,幸い連れ合いも健在で,孤独な暮らしではない。それでも,人との社会的な交わりが少なくなった今では,毎朝の新聞に目を通すにつけても,思うことや気に懸かることは多いけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 20:13
記録の継続
 4月も旬日が過ぎ,寒さで開花が遅れていた桜もようやく満開になった。プロ野球や大学野球のリーグ戦も開幕し,マニアックと言える私のさまざまな記録作業の中でも,今は,野球に関して,各チームの個々の選手やスタッフの履歴を詳細に追った新しい名簿の作成に時間を費やしている。思えば,既に60年前から続けている作業だ。  例えば,今年は,巨人軍のエースナンバー「18」が,福岡ソフトバンクからフリーエージェントで移籍した杉内俊哉投手によって復活したというが,私が記録し始めた当時は,18番は中尾碩志だった。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 20:17
早合点
 娘と孫と一緒に訪ねてきた義妹が帰ったあと,携帯用の眼鏡を忘れているのに気付いて,駅まであとを追ったが,コンコースにもホームにも姿が見当たらない。乗るはずだった「快速」の5分前に出る「普通」に乗ったのかと思って,渡すのを諦め,引き返した。あとで聞くと,予定どおりの快速電車に乗ったと言う。私が探していたのが,ちょうど,コンコースからホームに降りるエレベーターに乗っていたときだったらしい。そのことに思いが及ばなかった自分の早合点が悔やまれて,内心,落ち込んでしまった。  早合点をした理由には,いく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 21:18
つ・ぶ・や・き
 このブログは,ページのトップで「紹介」しているように,老いの「ボヤキ」として,「合間に湧く断片的な雑念を,直感のまま投げ出し」たいと書き始めたもので,今ならばツイッターを利用したところだろうが,以来6年が経過するうちに,「つぶやき」では「言葉足らずで,考えを深めることも無く,思いを十分に表すこともできないから,しだいに文章が長くなってきた」と,前(2011.3.22)に書いたけれど,最近では,考えを深めて文章を練る気力がしだいに衰え,再び,直感のまま投げ出して済ませたいと思うことが多くなってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/28 19:31
畢生のテーマ
 夢の中でのこと。  私が「文体」に関心を持っていることを知って,「これを読んでみてください」と,筆者同伴でやってきた。二人とも比較的若い女性だ。持ち込まれた文章は,小説の一部分のようで,物理学に関わるらしき主人公の思念が,数多くの数式まじりで書かれている。私の文体への関心は,文構造と用語が中心で,数式とは次元の異なるものだから,論じることはできず,見るだけで終わった。  そこで考えた。人は互いにそれぞれの思いを持っていて,噛み合わないことも多い。人によって,関心の対象や,その内容のレベルが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/25 19:35
旧知の訃
 新年早々の2日,50年を超えて交わりの深かった知人の訃報に接した。私がかつて勤めていた学校(私学)で,若いときから校長を輔佐して教務の仕事に携わり,私が大学を出て京都に赴任してきたときは,宿舎の手配をはじめ,親身に世話をしてくれた人だ。結婚するときも,実質上の仲人の役を果たしてもらった。それ以来,5歳年下の私をなぜか信頼してくれ,ときには,わが家まで来て,私の意見を求めた上で,事を進めることが多かった。  私は気ままな性分なので,途中で3年間,学校を離れて他の職に携わり,復帰した後も定年を待... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/07 21:07
年頭御挨拶
年頭に当たり,今年の御多祥をお祈りいたします。  「自分は老人の初心者なんだ」(自称五代目・立川談志)  また年が改まりました。「悠々」ならぬ「窮々自適」の暮らしの中で,一年は速く過ぎ行きますが,このときだけは,「時」を感じさせられます。  人生は全て初体験の連続で,後戻りしてやり直すことはできません。悔いや未練を残さず,自分の老いと向き合って行くしかありません。    壬 辰 元 旦 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/01 08:53
小さな家族
 「皆さまの小さなご家族に喜んで頂けましたら幸いです。」 庭に来る雀のための餌を購入しているネットショップの納品書に書き加えられていた一文だ。「小さなご家族」って誰のことかと一瞬迷ったけれど,雀のことだと分かる。しかし,雀は「家族」かしら?  庭の木に来る野鳥に餌を与えて,集まってくるのを眺めたいと思いつき,枝に樋を渡し,餌を入れ始めてから2年足らず経つ。季節によってはイカルが来るときも有るし,鳩も来るが,主な客はやはり雀だ。メジロは食べる物が違うので,別の場所にふかし芋を小皿に載せて置いてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/16 19:05
わが家の紅葉
 今年の紅葉は遅いと伝えられていたが,京都の紅葉の名所でも,今ようやく見ごろを迎えているという。  わが家の狭庭の一本も,やっと色づいたところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 19:54
冬の暮らしに
 寒波がやって来て,老いの身には冷え込みが辛く,部屋に閉じ籠もり,本を読んだりテレビを観たりして過ごす時間が多くなる。「読書三余」という言葉が有る。読書に適した三つの余暇という意味で,「夜」,「雨の日」とともに,季節では,「冬」がそれに当たるという。しかし,視力の衰えで,目が疲れやすく,読書三昧というわけにはいかない。  長時間,目を使っていると,字がぼやけて見えてくる。字画の多い字だとはっきり読み取れず,前後の脈絡で適当に読んでいるときが有る。時には,間違って読んでいることに気づき,目を凝ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 19:52
偏屈の思い
 きょうは,地域のコミセンで月2回開かれる「唱歌教室」の日だったのだが,朝からかなり強い雨が降っていたので,往復30分余りの道中で足元が濡れるのが嫌で,欠席することにした。「唱歌教室」と言っても,参加は任意で,歌唱の指導者とピアノ伴奏者とはいるものの,毎回7,8曲ずつ,世話役が選んだ童謡や唱歌を皆で歌うだけのものだ。それでも,大きな声を出して歌いたいと思っている人たち(ほとんどは高齢者なのだが)は多いようで,多いときには百人を超える。  私も,大勢の中で歌っていれば済むことだから,大きな声で歌... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/19 21:05
知人の安否
 11月も後半に入り,喪中に因る年賀欠礼のはがきが届き始めた。亡くなったのは高齢の父母などの場合が多く,知友本人についての身寄りからの訃報は今のところ無いけれど,互いに齢を重ねている身で,久しく音信不通だと,安否が気に懸かる知友も何人か在る。といって,こちらからも便りをしていないこととて,賀状を交わす新年までは様子を見るしか無かろう。  一方で,老若を問わず,ホームページやブログの上だけでの知人の場合,書き込みが長らく途絶えていると,何か変わりが有ったのではないかと案じられるが,確かめるすべが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 20:51
秋が行く
 「彼岸が過ぎ,ようやく暑さが緩んできたこの時季,そろそろ,外での活動を開始しなければなるまいと思っている。」 と書いたのは9月末(26日)のことだが,いつの間にか,秋がもう行こうとしている。   「外での活動」とは,徒長した庭木の枝の伐採など,庭に出ての作業のことで,年々体力の衰えが感じられ,高所での作業がしだいに心もとなくなってきて,来年のことは自信が持てないので,今年こそは思い切り幹を低く伐採しておかなければなるまいと思って取り掛かったけれど,高い所に上がって無理な姿勢で一時間も仕事を続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/14 19:14
これもまた「啓蟄」
 「啓蟄」と言えば春の言葉だけれど,猛暑の間は家の中で身を潜めていた私の場合,彼岸が過ぎ,ようやく暑さが緩んできたこの時季,そろそろ這い出して,外での活動を開始しなければなるまいと思っている。私にとっては,これもまた「啓蟄」のようなものだ。  「外での活動」とは,徒長した庭木の枝の伐採など,庭に出ての作業のことで,今年の夏は高温多湿だったせいか,木々の枝が例年以上によく伸びている。その勢いに比して,私のほうは,年々体力の衰えが感じられ,高い所に上がっての作業がしだいに心もとなくなってきた。体力... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 20:11
台風被害
 四国・近畿・中国地方を通り過ぎて大きな台風12号が行った。自転車並みのゆっくりした速度だったというから,暴風圏内にある時間も長かった。わが家は幸いにも,風雨の直接的な影響を受けにくい位置に在るので,大きな被害は受けずに済んだけれど,伝え聞く各地の被害は,河川の氾濫をはじめとして甚大なようだ。繰り返される台風や豪雨の被害にもかかわらず,防災対策は,いつになっても十分ではないのが疑問に思われる。  台風の進路や速度は,周辺の気圧配置や風向によって定まるというけれど,いくら科学が進歩しても,人力で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/04 19:07
鼻毛
 ワールドカップ制覇で注目を集めた女子サッカー「なでしこジャパン」の佐々木監督は,女性である選手たちに疎まれないよう,夫人の助言で,鼻毛を伸ばさないことを心掛けているという。比喩的な意味ではなく,文字どおりの「鼻毛」のことだ。  「鼻毛を伸ばす」だけでなく,「鼻毛を抜かれる」,「鼻毛を読まれる」など,鼻毛に関わる慣用句が少なくないことからしても,鼻毛は,注意しなければならないもののようだ。  私の場合,そういう意味での「鼻毛を伸ばす」機会は既に無くなり,「鼻毛を読まれる」心配も無さそうだけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/13 20:36
つまらぬこだわり
 母が亡くなってから9年を越えた。母が毎朝,仏前で勤行していたのを引き継ぐつもりで始めた朝の読経を,家を留守にするとき以外は休まず続けてきたから,早くも9年間に渡ることになるわけだが,最近,それを負担に感じるときが有る。前ほど息が続かなくなっているからだ。  呼吸器の衰えを意識するようになって,少しでも発声を鍛えることになろうかと,詩吟を始めたのだけれど,それも苦しいときが有る。先生から,「しっかり息を吐き出して,強く吸い込んで」と言われても,吐き出すほうに力が要り,途中で痰が絡んで十分に吐き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/04 20:09
高齢者は辛い
 いささか古いことだが,2007年12月1日付の「朝日新聞」(読み解く・経済)に,「高齢者に冷たい統計」という山田厚史・編集委員(当時)による記事が在った。  「(日本の消費者物価指数は)『高齢者や低所得層の消費実態を反映していない』との指摘もある。」「価格は同じでも性能が2倍になると統計では価格は半分になったと見なす。『品質調整』という手法だが、パソコン、薄型テレビ、デジタルカメラなどの新製品が統計物価を下げている。」「高齢者・低所得者は日用品の値上がりで生活費がかさんでいるが、統計で横ばい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 19:40
野球の季節
 敢えて生きたいとは希まないが,死ぬわけにもいかないという思いで生きてきた。生きていれば,衣食住の費用はもとより,何か楽しみになることも必要だ。仕事を持っていたときは,生き甲斐につながることも有ったけれど,老いた暮らしの今では,それも無くなり,楽しみを求めても,経済的にゆとりが無ければ,やりたいことも思いどおりにはできず,鬱屈するときが多くなる。  そんな私が,戦後,娯楽の無かった中学生のころから始めて,何の役にも立たず,虚無的な営為だと自覚しながら,今なお続けているのが野球の記録だ。今年は東... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/18 19:52
煙草の銘柄
 煙草を買いに行ったら,東日本大震災の影響で生産する工場が稼働できなくなっているため,私がいつも購入している銘柄が売り切れていたことを,4月10日に書いた。その後,代替の品をいろいろ試してみているけれど,これにしようかと思った銘柄がまた売り切れになっていることも多い。一度は,外国タバコも買ってみたが,昔のイメージと変わって意外に不味いし,フィルター付きの煙草に馴れた今では,両切り煙草に戻す気は無いのだが,フィルターの色が茶色がかっている品は,灰皿の中で何となく薄汚れた感じがして好きになれない。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 19:51
雀社会
 朝,屋根の庇,庭木の梢,周囲の電線の上で,雀が下を見下ろして鳴きながら餌を待っている。庭木の枝に渡した樋の餌場に餌を入れてやると,一斉に下りて来て,数十羽が折り重なるようにして啄む。  地面にこぼれたものを拾うのもいる。一段高い枝から,それらの様子を見下ろしていて,大勢の食事がひととおり終わって飛び去ったあとで,僅かな残りを啄んでいるのもいる。雀社会にも階層格差が有るのだろうかと思うが,個体の見分けがつかないので,それぞれ一定している雀なのかどうかは分からない。  以前は,鳩やイカルが来る... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 19:13
新しい暮らし方
 知歯の摘出手術後の通院が3月末でようやく終わった。気候も,厳しかった寒さも和らいで,少しずつ春めいてきたので,そろそろ新しい暮らし方を始めなければならないと思う。  これまで続けてきた社交ダンスのレッスンやウクレレ・サークルへの参加を終わりにして,「これからの『生き方』をどうするか,体力や知力の衰えを防ぐ暮らし方を思案している。頭を使う作業は独りでも続けられるけれど,年齢相応に体を動かしたり声を出したりする必要を感じている。」 と昨年末(12.31)に書いた。  声を出す必要は,その前から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/01 19:59
パソコン人生
 パソコンで長年使用してきた楽曲作成ソフトのサポート期間が切れたので,この際,バージョンアップされたソフトをインストールした。ところが,うまく起動しない。電話によるサポートの提供が無いので,webサイトでのサポートを利用して,何度目かでようやく起動できたと思ったら,今度は音が出ない。デバイスの設定に問題が有ると察し,マニュアルを頼りに試行錯誤を繰り返して,何とか操作できるまでに至った。  トラブルは重なるもので,次は,使い慣れたホームページ作成ソフトが働かなくなった。古いソフトなのでサポートが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 19:20
投書の理由
 先(1月19日)に新聞の投稿欄に採用された文章に対する原稿料(図書券)が送られてきた。しかし,私がときに新聞に投稿するのは,僅かな原稿料が欲しいからではないし,紙面に掲載してもらいたいからでさえない。だから,多くの人が同様に思っていようと想像されることや,担当記者が好んで採り上げそうな内容の文章を,あえてしたり顔で投稿する気にはならない。内なる思いを表現したいという欲求は有るけれど,それは,こうしてブログにでも記して表現欲を満足させていれば済むことで,ブログ自体が,多くの人に読んでほしいと期待... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 20:11
知歯始末
 昨年末(12月25日)に書いた「知歯の摘出手術」を,今月になって病院に行き,8日に受けた。レントゲン写真で予測されたとおり,知歯(親知らず)が隠れていた歯肉の中で膿が溜まり,周囲の骨が腐蝕し始めているという状況だった。しばらくは毎日,消毒とガーゼの交換のために通院することになる。昨年末で,これまで関わりの有ったことの全てからリタイアして,外での他人との交わりが無くなったので,毎日の通院が散歩を兼ねているようなものだ。  折しも,NHK総合テレビの番組「ためしてガッテン」(9日放送)で,歯の重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 19:51
グーグル端倪すべからず
 ネット検索のグーグルが,世界の著名な17の美術館の内部を自分で歩いて見て回れるような感覚で鑑賞できる「グーグル・アート・プロジェクト」を始めたという(2月2日付「朝日新聞・夕刊」)ので,早速アクセスしてみた。千点以上の作品が収められ,一部の作品は約70億画素で記録されていて,拡大すると,筆づかいや絵の具の割れまで詳細に見られる。  国際日本文化研究センターの「怪異・妖怪画像データベース」も興味深いけれど,それとはまた異なったスケールの大きさだ。  ことのついでに,「ストリートビュー」で久し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/08 19:22
立春の狭庭・続
庭木の枝に設けた小鳥の餌場にいろいろな餌を置いてみると,餌によって違う鳥が来る。蒸かし芋に目白が飛んで来たので,目白のためにと思って蜜柑を置いたところ,今度は,目白を押し退けてヒヨがやって来た。雀は種子類の常連だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/07 13:59
立春の狭庭
春は名のみの寒さでも,わが家の狭庭には春の訪れが有る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/04 20:09
アンテナ林立
地デジ受信用のアンテナの立つ家が急に増えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/31 20:03
「地デジ対策」についての投稿掲載の顛末
 先日(1月10日)記した文章を,投稿規定の字数制限に合わせて書き改め,「朝日新聞」に投稿したところ,掲載候補ということで,担当記者から修正意見が送られてきた。さらに両者で意見を交換して改めたものが19日の紙面に掲載された。その違いを示すために,両者を併載してみる。 【投稿原文】  「ご覧のアナログ放送は見ることができなくなります」というテレビの脅迫的な画面表示に急き立てられる思いで、デジタルサポートや電器店に問い合わせて、まずアンテナはどうしても立て替えなければならないようだと、業者に工事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/19 18:03
今のままでもテレビが観られる
 テレビ放送の全面デジタル化がいよいよ半年後に迫った。気になり始めて最初にブログで触れたのは既に4年前のことになるが,わが家での対応について,その後の思案の経緯は,昨年7月にも書いた。  「ご覧のアナログ放送は見ることができなくなります」と繰り返されるテレビの脅迫的な画面表示に急き立てられる思いで,デジタルサポートや電器店に問い合わせて,「まずアンテナはどうしても立て替えなければならないようだ」という結論に達し(12月1日既述),業者にアンテナ工事を依頼したけれど,注文が立て込んでいるようで,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 19:37
新年を迎えて
 年が改まって早くも一週間が経った。道で出会う近隣の知人と年始の挨拶を交わしたあと,「いいお正月でしたか」と尋ねられることが有るけれど,変わり映えのしない日々なのだから,「いい」も「わるい」もないことだ。健康で新年を迎えられたのが「いい」ということになるのだろう。  やり甲斐の有ることが無い日々はつまらないが,歳末に書いたように「年末を限りに,これまで続けてきた社交ダンスのレッスンやウクレレ・サークルへの参加も終わりにすることにした」ために,つまらなくなったというわけではない。もともと限界を感... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 19:47
歯の悩み
 先月から歯の治療に通っている。順次ぐらつきがひどくなった歯を抜き,部分入れ歯を作り替えるのが,この数年,年末年始の恒例になった感が有る。  それだけでなく,治療のためにレントゲン写真を撮ったところ,歯肉の奥に隠れている親不知が見つかって,放置しておくと髄膜炎を誘発する惧れが有るので,しかるべき病院に行って切除手術を受けたほうが良いと言われた。  「広辞苑」によると,「『親不知歯』=第三大臼歯すなわち『知歯』の俗称。人間の三二枚の歯のうち、最もおそく生える上下左右四枚の奥歯」とある。親を喪う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 19:38
2010今年の漢字
 今年の「新語・流行語大賞」が発表された(12月1日)。大賞は「ゲゲゲの〜」だということだが,世相を映した言葉という意味では,「イクメン」,「〜なう」,「無縁社会」が,象徴的な言葉だと言えよう。  トップテンに入っている言葉の中で私が知らなかったのは,「女子会」,「ととのいました」と「〜なう」だが,発表の翌日,たまたま出掛けた場所で,「女子会」のおばさんたちが各自それぞれの注文をウエートレスに告げたあと,口々に「ととのいました」を連発しているのを聞かされて,流行語とはそういうものかと納得した。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 19:53
労役の時季
 今年は夏の暑さが長く続いたので,秋の訪れを感じる間も無く木枯らしが吹き始め,慌てて庭木の枝伐りに掛かっている(関連記事:2009年11月5日)。  中で,花梨が,今夏の気候のせいなのか,小さな樹なのに大きな実をたわわに付け,段ボール箱に一杯になった。花梨酒を造るにも多過ぎて始末に困り,近くのスーパーの店頭にはキロ数百円で出ているから,欲しい人が在れば持って行ってもらおうと,「御入用の方は御自由にお持ち帰りください」と張り紙をし,レジ袋を添えて,箱ごと表の通りに出しておいた。花梨酒は造らないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 19:51
同期会始末
 高校の同期会を次は京都で催すよう,3年前に,その世話役を頼まれた。昨年末から事前の希望調査に取り掛かったのだが,同期と言っても,後期高齢者と呼ばれる年齢にもなれば,既に鬼籍に入った者も少なくないし,病に侵されている者,当人は元気でも,連れ合いを亡くしたばかりだったり,連れ合いの介護に手が掛かっていたりする者も多く,それらが判るほどに複雑な思いをさせられた。現在の暮らしの事情もそれぞれ異なっているから,できるだけ多くの参加を願えば,細かい配慮が必要になる。  まず,会費はできるだけ低く抑えたう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/28 21:23
こんなこと・・・
 ガスコンロの自動点火ができなくなった。電池を新しいものに交換してみたけれど,それでも点かないので,業者に見てもらったところ,新しい電池でも,買い置きしてあったものは自然に放電して劣化しているから,買いたてのものを使わなければならないということで,業者が持参した電池を入れたら,難無く着火した。  買い置きの電池でも,包装したまま保管していて,他の用には十分足りるし,新しく買った電池であれば,かなりの期間,ガスコンロでの使用に堪えるのに,買い置きして2〜3か月経っているくらいでどうして役に立たな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/23 19:43
吝みったれ
 たとえ貧しい暮らしでも,気持ちは豊かでありたいし,吝みったれた態度は見せたくないと思っているけれど,根は貧乏性なのだと感じることが有る。  体に良くないと解っていても,タバコは根元まで吸わないともったいないような気になる。グラスの底に残っているオンザロックの氷を捨ててしまえないのも,その現れだろう。  タバコと言えば,10月1日から大幅に値上げされるけれど,何万円分もの買い置きをする余裕は無いし,かと言って,60年近く吸ってきたものを,これを機会に止める気にもなれない。もともと,外的な要因... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 20:53
雨の被害
 期待していた雨が降った。菜園の冬野菜の種が蒔けず,時機を外しそうだと嘆いていた人も,一息ついていることだろう。  しかし,一方で,猛暑に代わって,記録的な大雨による被害が出ている地方も在る。雨が降って喜んでいるのは,自己中心ということか。天の恵みも,格差無く行き渡るわけにはいかないようだ。  当地では,明日からはまた,猛暑日が戻ってくるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 20:03
どこまで続く猛暑日ぞ
 「高気圧に覆われ、広い範囲で35度以上の猛暑日となり、厳しい暑さが続く。熱中症への注意が必要。午後からは大気が不安定となるため、にわか雨や落雷が有りそうだ。」  連日,表現を変える必要の無さそうな天気予報が続いている。夕方になると,わが地域にも毎日のように大雨・洪水警報が出て,ときには竜巻注意報まで出ることがあるけれど,いっこうにその気配は無いまま,間もなく警報も注意報も解除されることの繰り返しだ。雨の降らない日がもう何日続いていることだろう。予報によると,明日(8日)は早朝から雨が降りそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/07 19:26
猛暑の日々
 地球に異変が起きていると思われるような猛暑が,月遅れのお盆を過ぎても続いている。わが家の周りで元気なのは,餌に集まる雀たちと,庭の草木ばかりだ。熱中症が怖くて,冷房を入れっ放しにした室内に閉じ籠もり,庭仕事をする気にもなれない。今月の電気代は嵩むことだろうと案じられるが,エアコンを使わずに熱中症で倒れる高齢者の報道を聞くにつけても,電気代を惜しんでいられない。  それでも,体は夏バテ気味だ。体がバテていると,頭の働きも鈍ってくるようで,思考力や集中力が衰えるだけでなく,ダンスの途中で,ルーテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 20:00
パソコン・トラブルの顛末
 私のホームページに,歌詞と楽譜を収録している自作の曲で,ページを開くとメロディーが流れるように設定してあるはずの音が,いつからのことなのか,出なくなっているのに気付いた。妻のパソコンで開いてみると,ちゃんと聞こえるし,私のパソコンでも,ドキュメントに保存している元のファイルでは,異常なく音が出る。それなのに,ホームページからだと,「オートアップデートを有効にするのに必要なユーザー権限がありません。」「オートアップデートには選択されたクリップを再生するためのプラグインがありません。」 という表示... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 19:45
テレビデジタル化への情報・続
 「テレビデジタル化への情報」について,「今,私が求めている情報は,いかに出費を抑えてデジタル化が可能かということだ。」「まず,アンテナを設置するだけで10万円は掛かるという。一方で,現在UHFが視聴できていれば,そのままで観られるとも聞くが,実際はどうなのだろう。」「欲しいのは,それぞれの実情に即した,確実で具体的な情報で,責任有る機関が個別に点検し,適切な対処方法を指示してもらいたいものだと思う。」 と先に書いた。  そこで早速,総務省テレビ受信者支援センター「デジサポ」の戸別相談に連絡し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 20:29
テレビデジタル化への情報
 テレビ放送の全面デジタル化に伴うアナログ放送の停波がいよいよ一年後に迫り,総務省を始め,テレビ局や家電業者がデジタル放送受信への移行を盛んに呼びかけている。アナログで観ていると,「アナログ」の文字が表示され,画面の上下が黒帯になって,移行を促すメッセージが入り,ついには,全体が「砂嵐」状になった画面に「2011年7月24日あなたのテレビはこうなります」と「警告」する番組までが放送された。  前(3月25日)にも書いたことだが,言われなくても解っていながら,まだ替えられずにいるのは,デジタル放... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/21 20:48
不精のぼやき
 日常的な買い物等で外出することは有っても,人との出会いを予期しない日は,髭を剃るのが面倒で,つい不精髭を伸ばしたままの日が増えている。髭の伸びは意外に速く,2日も剃らないでいると,電気シェーバーでは,引っ掛かって剃りにくくなる。もともと髭が濃いほうなので,剃刀を使うには,十分に蒸したうえでなければ肌を傷めるから,より厄介で,長年,電気シェーバーを用いているのだけれど,そうであれば,不精をせずに1日置きには剃らねばなるまいと思うものの,それを面倒だと感じるのだ。  髭は,心臓が停まったのちも,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 21:18
夢の変化
 このごろ,自分が行動する夢を見ることが少なくなった。かつては,車で走っている夢をよく見た。免許が無いので取り締まりに遇うことを惧れながら,不思議に,思うがままに走っていた。  夢の中での自分の行動には,喜怒哀楽や,ときには,焦りや不安の感情を伴い,あるいは,懐かしい気持ちになったり,快感を覚えたりすることも有るけれど,そういう夢が減った。最近は,自分では無い,誰と特定できない登場人物の気持ちや行動を,離れた視点から眺めている場合が多い。言わば,小説の中の場面を見ているような感じだ。  これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 20:40
停 年
 私は,これまでに4度の「停年退職」を経てきている。「定年」でなく,「停年」と書くのは,他人が定めた制度としての「定年」ではなく,その都度,自分の意志で決めたことだからである。  1度目は,大学を出て就いた職(教職)を,10年後に一度退こうと考えたことだ。大学を出てそのまま入った教員社会,それも,転勤の無い私立学校という限られた狭い社会の中で歳を取ってしまうのでは,社会経験の乏しいまま,教師としての自分が独善に陥り,惰性に流れることを危惧したことに因る。  3年間,中小企業での営業や総務の経... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 19:54
暮らしの不便
 洗濯機の排水ホースが傷んだので取り替えようとしても,近所に在った荒物店は店を閉めて久しく,日用品を買うにも,いわゆる「ホームセンター」はいずれも遠いので,車が運転できなければ,すぐの間には合わないときが有る。食品にしろ,衣類にしろ,郊外型の量販店に押されて,地域の商店街は寂れる一方だ。  徒歩で20〜30分の距離なら,まだ歩いて行けるけれど,重量の有る買い物をしたときの帰りは,いささか辛い。日々の暮らしに欠かせない品の買い物でさえ,タクシーを使わなければならないという高齢者の嘆きを聞くことも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 21:02
文章表現−文構造の意識
 「掛布さん自宅競売開始決定」という記事(「朝日新聞」大阪本社版4月14日付朝刊)で気になった部分が有る。  「(大阪地裁が)昨年9月、掛布さんが役員を務める二つの会社に対し、借金の肩代わりをしていた経営コンサルタント会社(大阪市)へ計1億5千万円を支払うよう命じた。」 という一文だ。  この文の問題点は,「掛布さんが役員を務める二つの会社に対し」という連文節が,「借金の肩代わりをしていた」に係るのか,「計1億5千万円を支払うよう命じた」に係るのか明確でないことに伴って,後者であれば,「掛布... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/14 21:07
相次ぐ訃報
 4月9日,作家・劇作家の井上ひさしさんが肺がんで亡くなった。  私の蔵書の中にも,『ブンとフン』(1974年5月),『浅草鳥越あずま床』(75年5月,『戯作者銘々伝』(79年9月),『他人の血』(79年11月),『新釈 遠野物語』(80年10月),『下駄の上の卵』(80年11月),『私家版 日本語文法』(81年3月),『吉里吉里人』(81年8月),『吾輩は漱石である』(82年11月),『喜劇役者たち』(83年10月),『頭痛 肩こり 樋口一葉』(84年4月),『四捨五入殺人事件』(84年6月... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 19:42
野球シーズン全開
 4月10日,東京六大学春季リーグ戦が開幕して,今年の野球シーズンも全てが出揃い,私の記録の楽しみも,毎日のことになっている。ほぼ2週間掛かって,プロ野球の新年度の選手名鑑と索引の作成が終わったところで,これから数か月は,大学野球の試合結果と出場選手を記録していくことになる。各地方連盟主催の社会人野球,高校野球の大会も始まっている。  視力が衰え,細かい字の読み書きが年々困難になってきて,60年を超える私の野球記録をいつまで続けられることかとひそかに案じながら,今年もまだ何とか続けられそうだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 19:51
遊べや雀・写真編・続−招かざる客
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/17 13:06
遊べや雀・写真編
...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/10 15:49
遊べや雀
 わが家では,ペットは飼っていない。二人の息子がまだ小学生だったころ,セキセイインコを飼っていたことが有ったけれど,雛が孵り,巣立ったあと,ある夜,屋外の小屋がイタチに襲われ,皆,殺されてしまったのが可哀想で,その後,生き物は飼わないでいる。長男が,琵琶湖畔の妻の実家に行ったとき道端で拾ってきた亀を可愛がって,自分の部屋に置いた水槽で世話をしていたことも有ったが,彼が大学に入って家を離れたあと,亀も大きくなってきたので,庭に池を造って入れておいたところ,いつの間にか這い出して,いなくなってしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/09 19:59
パソコンゲーム
 毎朝,パソコンを開けて着信メールと知人のプログをチェックしたついでに,その日の知力や情緒の安定度を占うつもりで,ゲームをするのが習慣になっている。主にトランプのゲームで,「ソリティア」,「フリーセル」などと呼ばれているものだ。「ソリティア」のほうは運の要素も入ってくるけれど,どちらも5〜10分で決着が付く。  夜,夕食後,就寝までの間は,取り立ててすることも無いので,少し時間を掛けて,麻雀をする。半荘1回で30分足らずのことだ。8日(半荘8回)を1クールとして,トータルの成績を出す。  ゲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/26 19:31
朝日新聞に意見を伝えるには
 2月2日付「朝日新聞(大阪本社版)夕刊」の第1面に,「山上まとう白銀」という写真入りの記事が有り,その中の,「六甲山も雪化粧をまとった」という表現に違和感を持った。化粧を「まとう」という言い方は有るまい。記者の文章をチェックする部署も在るはずだが,見逃したのだろうか。  これは直近の一例だが,新聞の教育的な役割を思うと,その記事内容や文章について,一言,言いたいことがときどき有る。読者のモニター制度は在るけれど,それは,限られた人に委嘱されるもので,一読者が気づいたことを即座に伝えることはで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 19:26
e−Tax
 国税庁が進めている「e-Tax」による所得税確定申告を初めて試みたのだが,意外に手間が掛かった。  まず,以前に取得して有った「住民基本台帳カード」の「電子証明書」を読み取るため,「ICカードリーダライタ」を購入して,その設定をしなければならない。次いで,国税庁のホームページから「事前準備セットアップ」を行う。ところが,その先の「開始届出・初期登録」の「個人認証」の段階で「エラー」が表示されて先に進めなくなった。「公的個人認証サービス」や所轄の税務署に問い合わせても,はかばかしい回答が得られ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 21:24
新年の作業
 年が改まって早くも半月が経ち,受け取った年賀状の整理に掛かっている。住所録の確認と修正の作業だ。ところが,近年は,印刷のものが多いので,字体が小さく,中には,写真と重なっているものもあって,老眼の身では,特に番地の数字など,読み取りに苦労することが少なくない。そこで,ルーペ片手の作業になる。  作業をしていて,ふと,数年来交流が途絶えている人の現況が気に懸かる。私の場合,賀状は,前年の内にこちらから出すものと,戴いてから返信するものとが,ほぼ半ばするのだが,後者の中で,気が付いてみると,時が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/17 19:41
年の終わりに 宝くじ
 年末に向けての庭仕事の最後の段階で,庭木鋏が根元からポッキリ折れてしまった。長年使ってきて,金属疲労が限界に達していたようだ。早速新しく買うしかない。先日,インターホンと浴室の引き戸のことを書いたところだが,先送りのできない臨時出費が続くのは痛い。  現代の暮らしでは,無くては済まなくなっているものがいろいろ有る。温水器,冷蔵庫,洗濯機,エアコン,パソコンなどの電気機器をはじめ,水回りの設備にしても,いったん不具合が生じれば,日々の暮らしが立ち行かなくなる。わが家では,古くなっている機器も多... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 20:00
年の終わりに 後始末
 庭木の剪定・伐採がようやく一段落した。先日(11月5日)も記したことだけれど,中でも大木になっているモチノキの伐採は,5月に,梢と,張り出した大枝に大ナタを振るい,今秋は少しは楽な作業になるだろうと思っていたところ,僅か半年の間に再び枝を張り,一息入れつつ2日がかりの大仕事になった。地域のシルバー・センターの庭仕事班でも,屋根より高い木の作業は断っているということで,下から見上げる妻が気を揉んで声を掛けるのだが,これは集中力が妨げられて,かえって危険なことになる。  翌日から歯が痛んだ。ちょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/10 20:04
年の終わりに その2
 師走に入って,この1年を振り返ってみると,読書量が一段と減ったことを思う。眼が疲れやすく,細かい字を見るのが長続きしなくなった。かといって,ルーペを使って読書をするのでは味気無いので,読書の時間が短くなるのは自然の成り行きだと言えよう。その代わり,日数を掛けて少しずつ読み続け,いくつかの長編を読むことができた。中でも印象が深かったのは,次の諸作だ。  1.篠田 節子『仮想儀礼 上・下』(新潮社・2008年12月20日刊)  2.村田喜代子『あなたと共に逝きましょう』(朝日新聞出版・2月28... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/04 20:41
年の終わりに その1
 今年の流行語大賞に「政権交代」が選ばれたという。確かに,「政権交代」の掛け声で大衆が動き,政界に大きな変動をもたらしたのだから,2009年を代表する言葉の一つであるには違いない。しかし,逆に考えれば,「政権交代」という言葉が,当初期待された重みを喪って,「流行語」と呼ばれる軽いレベルに堕したと言えなくもない。今の政権の動きを見ていると,棒切れを拾った幼児が,意気込んで,辺り構わず振り回しているような感さえ有る。そのうち草臥れて寝入ってしまうかもしれない。  流行語大賞と並んで,例年なら,「今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/03 19:37
「まっ!いいか」
 私の部屋のテレビの映りがしだいに悪くなり,NHK教育テレビはとうとう映らなくなった。ビデオレコーダーも,BS(アナログ)のほかは,鮮明な画像を結ばない。他の部屋のテレビには異常が無いから,問題は,私の部屋の内部配線か,受像機自体に在るとしか考えられないけれど,点検するのが面倒で,観たい番組も,保存したい番組もそれほど多くはないので,「まっ!いいか」と放置している。  労力を厭う,出費を厭う,消極的な気持ちが強くなっている。先日記した庭木の剪定も,その後,翌日外出する予定が有ると,疲れを繰り越... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/20 21:18
寄る年波
 一昨年の秋,高等学校の同期会が,母校の在る島で催され,私としては53年ぶりに母校を訪ねることができた(2007.11.14既述)。  その際,次回は3年後を期して京都辺りで集まりたいので,私が世話をするようにという話が出て,いちおう引き受けることにした。そろそろ計画を立てなければならない時期が近づいてきている。  さて,となると,会場の選定,宿泊の手配などを考えることになるのだが,一人一人異なる暮らしの事情も有ろうから,時期や場所,費用の点でも,配慮しなければならないことは多い。  そこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/18 19:35
晩秋のルーチン
 早くも木枯らし1号が吹いて,今年も,庭の冬支度に掛からねばならない季節になった。  去年も同じようなことを書いたはずだと思って調べてみると,11月6日の記述が見つかった。同じような時季に,同じような思いをしているわけだ。したがって,以下ほとんど同文で,昨年の記述から抄出して繰り返すことになる。  最近は,体を動かす仕事が億劫になり,何事でも,「今日こそはやるぞ!」と気持ちを奮い立たせないと,なかなか腰が上がらない。まずは,庭木の剪定だが,ようやく作業に掛かっても,今度は,足場の悪い脚立の上... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/05 19:40
旧教員としての同窓会
 かつて,3年間の中断を挟んで,延べ29年勤めていた学校から,退職後17年になるが,今でも,年5回発行されている機関紙が送られてくる。それによって学校の現況を知ることができるけれど,それよりも,かつての同僚の動向に関心が有る。若いころの教え子が,その後,母校に勤めて同僚となり,今では,中枢を担う立場に在る者もいるし,早くも定年を迎えようとしている者もいる。毎年,何人かの旧教職員の訃報も知らされる。同年輩以下のそれも少なくない。  先日26日には,年に一度の恒例となっている同窓会の総会・懇親会に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/29 21:45
無意味な記録
 8月30日施行の衆議院議員総選挙の結果を受けて,国会議員の名簿・データを更新し,加えて,9月1日に都市対抗野球大会が狭山市・Hondaの優勝で閉幕したので,今年の社会人野球のチーム・選手の名鑑を整理するのに,このところ2週間は,空いた時間を全て費やしていた。大学・高校野球も秋のシーズンに入っていて,当分の間,私の記録趣味の材料が途絶えることは無い。  前回(2005年9月)の総選挙のとき,その感想を述べるとともに,当選した議員の中での松下政経塾出身者の数を調べたことが有る(参照HP:今の世を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/13 19:59
インターフォン
 加齢とともに聴力が低下して,玄関からのインターフォンの呼び出し音を,離れた場所にいると,聞き逃すときが有るので,改善策がないものかと考えている。ワイヤレスの機器にして,常に身近に置けるようにすれば良いのだろうが,それにはかなりの費用が新たに掛かることだし,今の設備を廃棄するのも,もったいない気がする。  築後37年のわが家の設備は,電源直結式で,二階に上がった所とダイニングキッチンとで受信できるようになっているのだが,その配線を生かした上で,特徴の有る,より聞こえ易い音にできれば最善だと思う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 21:21
猛暑日
 関西地方の梅雨明けは未だ発表されていないけれど,連日の猛暑日だ。京都は祇園祭の季節,高校野球選手権大会の地方予選も始まっているが,出かけて行く元気も無いし,家にいても,日常生活に必要な最少限の外出のほかは,冷房を効かせた部屋で机に向かうだけで,何をする気も起こらない。猛暑を伝えるテレビの画面では,水遊びをする子どもたちの姿が決まって映されるけれど,そんな子どもたちの元気が羨ましい。夏と言えば,かつては,校外学習やクラブの遠征で,家でくつろぐ日はほとんど無く,退職したのちも,夏期講習の講師やガイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/16 20:14
インフルエンザ後遺
 阪神大学野球(1部)の春季リーグ戦がようやく終結した(6月25日)。もともとは5月18〜20日に予定されていた大阪体育大vs関西外国語大,帝塚山大vs姫路獨協大のゲームが,新型インフルエンザの影響で中止になり,開幕が6月9日に迫っていた全日本選手権大会への出場につながる優勝の可能性の有るチームの試合を優先させた結果,球場使用の都合も有ったのだろう,1か月以上も遅れたためだ。しかも,最終日の25日は,第2試合に組まれた大体大と関外大の3回戦の結果,1勝1敗1分となり,炎暑の午後,僅か20数分の後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 19:40
6月の憂鬱
 今年も憂鬱な6月が来た。梅雨の気候のことではない。納税納入通知の時期のことだ。年金以外に収入の途が無くなってから,年々,先行きの心細さが増している上に,納税額は,僅かずつでも増えこそすれ,減ることはない。老朽化が進む家屋にしても,固定資産税はまったく減らないので,メンテナンスをする余裕などとうてい出てこない。固定資産税の算定は,老朽化を考慮するのではなく,同じ物件を新築した場合の価値が基準になるのだという。  毎年,6月になると,同じようなことを書いている。昨年は「6月の恐怖」(2008.6... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/18 19:57
この巣 何の巣
 玄関脇に自生している南天の徒長した枝を切り払ったところ,鳥の巣が現れた。  もともと鳥の糞に混じっていた種が芽生えたものと思われ,ときに鵯らしき鳥が実を啄ばみに来ていたけれど,卵を産んだ様子も,雛を育てていた姿を見たことも無いのに,いつ,どういう目的で巣作りをしたのだろうか。  実の無い今は,鳥の来ている気配も無いけれど,しばらくこのままにしておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/25 17:26
木の命・花の命
 今年は,木々の伸長が例年に増して盛んなように思う。いつの日か亡母が植えたモチノキが,わが家の狭い庭で二階の屋根を越し,隣家の屋根の上まで枝を張って,どこまで巨きくなるか分からないのが気に掛かっていたので,蛮勇を振るって,広がった枝を伐採し,梢が伸びるのを止めることにした。  高所での作業を終わって,幹だけを残した木を見上げながら,木の命ということを思った。昨日まで枝葉を繁らせ,鴬も訪れていた木の,伸びようとする命を止め,無惨な姿にしたことに,一抹の後ろめたさを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 20:29
不況の影響
 不況の影響を受けて,流通業界でも業績の低下が著しいようだ。しかし,食品スーパーは別のようで,4月15日付「朝日新聞」によると,「関西を地盤とする主なスーパー5社の09年2月期決算が14日、出そろった。外食を控えて家で食事する『内食』志向を追い風に食品が好調で、3社が売上高、純利益で過去最高を更新した。」「売上高に占める食品の比率が全体の8〜9割と高いライフ、オークワ、マックスバリュ西日本は、いずれも大幅な増収となった。一方、衣料品や日用品も多く扱い、食品の比率が6割程度の平和堂とイズミヤは、衣... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/18 19:55
気難しい−
 他者のすることを見聞きして,もどかしく思ったり,苛立たしく感じたりすることが多い。身内の誰彼をはじめ,日常的に関わっている身近な人,路上や電車内などで見かけるもともとは無縁の人の行為まで,批判的に見て,もどかしく思ったり,苛立たしく感じたりしてしまうのだ。その傾向が加齢とともに強まっているように思い,「気難しい」という言葉を自分に当てはめて思い浮かべる。  辞書によると,【気難しい】「自分の意に添わなければちょっとしたことにもすぐ不快感をあらわにするので、接するのに神経を使う様子だ。」(新明... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/17 20:24
先生の訃報
 先生が亡くなったという報らせを,今は,先生と同じ神奈川県に住む,中学校以来の友人から受けた。先生は,私にとって,名実ともに「先生」と呼べる唯一の人であったかもしれない。哀悼の念をこめて,当時,私が勤めていた学校の1964年11月21日付「学校新聞」に載せた「先生と私」と題する文章から抜粋する。                 *  *  *  まだ,はたちを過ぎたばかりの,若い先生だった。たぶん,大学は出ていられなかったのではないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/27 19:42
補陀落渡り
 僅か2〜3日の旅でも,家を空けると,その間の新聞やEメールが溜まるので,帰ってから,その処理にかなりの時間を要する。何か月も溜まった新聞を処理しなければならないという夢を見ることさえ有るのは,私の困った性分だと思うが,しかし,そんなことを気に懸けていたのでは旅行には出掛けられないし,焦っても仕方の無いことなので,一つずつぼつぼつ片付けていくだけだ。                 *  *  *  このたびの那智への旅で,最も訪れた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/24 21:18
旅への思い
 旅行を計画するとき,行ってみたい所,行きたい理由は,人さまざまだ。そこでは何が食べられ,どういう店が在る,ということが関心の的になるのは,グルメ派と言えようが,私の場合,何が食べたいとはあまり考えず,食べるものは何でも良い。私は,温泉に浸かって,あとは気の向くまま,周囲の名所旧跡や,その地ならではの風物を目にしたいというのが第一の楽しみで,言わば観光派ということになるのだろうか。あるいは,温泉派とも言える。これは関心の相違で,他者をとやかく言うことではない。  たまたまスケジュールの空きが妻... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 19:53
猛毒ハギ
 「猛毒ハギ北上ご注意」という記事が「朝日新聞」の1月10日付夕刊に出ていた。「カワハギ科の熱帯魚で、フグの70倍もの猛毒を持つ個体もいるソウシハギが最近、山口や広島沖の瀬戸内海で見つかっている」という記事だ。「昨年8月には山口県周防大島町で子どもが幼魚を釣り上げた」とも書かれている。  周防大島町は,私が少年期に暮らした町で(当時は大島郡油田村),ハギ(村ではハゲと言った)という名を聞くと,幼いころの郷愁に誘われる。  「ハゲ」は,身離れが良く,味噌汁に入れると美味かった。満潮になると海水... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/12 19:49
夜半の目覚め
 「夜中に目が覚めると,いろいろ考えて眠れなくなる」と晩年の母が言っていた。母が何を考えていたのかは分からないが,考えるから眠れないのか,眠れないから考えるのか,どちらとも言い難い。最近の私は,前(12月26日)にも書いたけれど,夜中に一度目が覚めると,すぐには熟睡できず,夢現つの中で,何かを思い出したり,考えたりしている。取り立てて深刻なことを考えるのではなく,このブログに記しているようなことを,とりとめなく考えていることが多い。  昼間の母は,テレビを観ているのかと思っていると,うつらうつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 21:24
読経のリズム
 亡母が長年,毎朝の勤行に使っていた「在家勤行集」の袖珍本を,母の没後,私も引き継いで来たけれど,古びて,傷みがひどくなったので,歳末の墓参のときに,墓に納めて,年頭から,新しいものに変えた。  もちろん経文に変わりはないのだが,字体が少し異なり,1行の字数が違っているので,これまで使い慣れていたものとは,ページにいささか変動が有る。すると,読んでいて何となく違和感が生じ,習慣になっていた息継ぎの場所がずれたりして,リズムが狂いがちになる。最近は,息が続かなくなり,途中で痰が絡むことも有って,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/05 20:19
今年の拾遺
 わが家にとっての今年の大きな事業として,過日記したように,老朽した門扉とフェンスとの改修工事を行った。業者による工事は12月3日に一応完了し,私が少し手を加えたあと,改修前のGoogleのストリートビューの画像と改修後の写真とを,遊び半分で併載してみようと思って試みたのだが,ストリートビューのコピーの貼り付けがうまく行かない。どうでもいいことだからと諦めていたところ,歳末の今日になって,どういうわけか,できそうな感じになってきたので,「今年の拾遺」として御覧に供したいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/31 21:30
ボヤキ納め
 パソコンの起動が遅い,動作が重い,といった不満に対して,特にWindows Vistaの場合,OSの初期設定で組み込まれている常駐機能に余計なものが多く,これを削除することで解消される面が少なくないと聞くと,自分のパソコンの具合が気になってくる。接続に光ファイバーを採用してから,インターネットの動作はスムーズだが,起動に関しては,確かに時間が掛かるとは感じる。しかし,それも,比較の対象が無いので何とも言い難い。起動が遅いと言っても,朝一番の起動のときだけで,あとは,スリープ状態にしておけば,ほ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/29 19:57
年の瀬
 毎年のことながら,歳末が近づくと,年賀状を書くのに追われる気持ちになる。しかし,平素は疎遠になりがちな知己縁者と,年に一度,安否を知らせ合い,挨拶を交わすのは,たいせつにしたいことだと思う。  その際,前にも書いたはずだが,主文はプリントするとしても,宛て名と署名は自筆で記し,それに一行でもコメントを付すのが,せめてもの心ばせだと思っているのだけれど,加齢のせいで,10通も書くと疲れて,目が霞んでくる。こんな調子では,私のこだわりをいつまで続けることができるか,そろそろ危うくなってきた。全て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/21 19:44
特定健康診査
 9月30日に受けた「特定健康診査」の結果通知を受け取りに行ってきた。昨年までは,「基本健康診査」という名称で,遅くても1週間後には,受診した医療機関で結果を知らされ,診断や指導を受けられていたものだが,今年度からは,保険者が実施主体の健診に変わるとともに,名称も変わり,2か月以上経たないと結果通知が受け取れないことになった。  いわゆる「メタボ健診」に重点が置かれているようだが,その他の各種検査については,格段に厳しくなったと感じられる基準値を上回る(下回る)項目について,おそらくコンピュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/16 21:09
初冬の日々
 晩春以来,徒長する折々に刈り込んできたナニワイバラの枝を,刺が鋭いので,そのままではゴミの収集に出せず,庭隅に積み上げてあったのを,小春日の半日,ガーデン・シュレッダーに掛けて,ようやく処理を終えた。これで何とか,庭の冬支度は整った。残るのは,厳寒の季節が来るまでに,各部屋のガラス窓の拭き掃除を果たしておきたいことだ。  大相撲,今年納めの十一月場所は,白鵬と安馬との白熱の優勝決定戦の末,白鵬の優勝で終わった(23日)。年間の勝ち星の数でも,白鵬の79勝(勝率88%),安馬の61勝(同68%... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/25 21:05
迷惑電話
 「(長男の名前)さんか,奥様はいらっしゃいますか」という電話が掛かってきた。聞くと,マンションのセールスの電話だ。長男が家を離れてから既に20年以上になるのだが,高校時代の同窓会名簿か何かに依って掛けてくるのだろう。長男の名前はともかく,続いて「奥様」と言われると,咄嗟に,私の妻のことだと思ってしまい,マンションの購入など,我が家には縁の無いことだと断って,電話が切れたあと,先方は,長男とその配偶者を対象にしていたのだと,思い当たった。長男夫婦が親と同居しているという想定で,そろそろマンション... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/15 21:45
最善の対処
 10月29日に記した敷地の擁壁の補修と,それに伴う門扉と外柵の改修について,その後,いくつかの業者から見積もりを取って検討した。費用の多寡はもちろん大きな問題だが,安かろう悪かろうでは困るので,見積もりの細目や,それについての説明の内容を,業者選定の判断材料にしている。費用の額と信頼度との兼ね合いで,納得できるまで検討した上で決定したい。ということで,ようやく最終的な判断を下したところだ。どんな買い物の場合でも,気の済むまで検討する私のこだわり方を,ときには冷やかされることも有ったけれど,どう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 20:33
冬が近い
 庭木に鵙が姿を見せる季節になった。つい先日まで,暑さが厳しかったので,戸外の作業はできるだけ避けるようにしていたのだが,気が付いてみると,そろそろ庭の冬支度に掛からねばならない季になっている。夏の間の無精の習慣が抜け切らないのか,最近,体を動かす仕事が億劫で,何事でも,「今日こそはやるぞ!」と気持ちを奮い立たせないと,なかなか腰が上がらない。  まずは,庭木の剪定だが,ようやく作業に掛かっても,今度は,足場の悪い脚立の上での作業なので,体力が2〜3時間しか続かず,外出の予定の無い日の午後,少... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/06 20:53
日々の不安
 わが家の敷地の道路沿いの24mにわたる擁壁が,40年近く経ってしだいに朽ちてきた。特にフェンスや塀を支えているブロックの基礎のカチオンシゴキの傷みが酷く,これまでは自分でセメントを詰めて補修してきたけれど,ボロボロと欠け落ちて,もはや私の手には負えなくなってきている。このまま放置すると,ブロック塀の部分が崩壊して,思わぬ事故も招きかねない。補修工事を業者に依頼するとなると,かなりの費用を覚悟しなければならないが,こればかりは,住み続けるために,出費を惜しむわけにはいかない。今,いくつかの業者に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/29 20:02
去り行く人
 1984年の秋の一日,私は,和歌山県営紀三井寺球場のスタンドにいた。当時勤めていた高校の野球部が近畿地区大会に出場することになり,部長の補佐役を頼まれて出向いたのだが,宿泊所での世話役をし,試合当日は,ベンチ入りしない部員たちやコーチングスタッフといっしょに,スタンドで観戦していた。  わがチームは,その大会で優勝して翌年春の選抜大会にも出場した東洋大姫路高校と初戦に当たって惜敗したけれど,同じ日に出場していたPL学園高校の試合も観戦し,当時2年生だった桑田真澄選手や清原和博選手の活躍を目の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/04 20:25
プリンターの修理
 9月18日に記したパソコン用プリンターの修理が出来て,2週間ぶりに返ってきた。パージユニットとプリントヘッドの不具合が在り交換したということだが,不具合が生じた原因については何の言及も無い。購入後1年そこそこで不具合が生じるということは,当該機器に何らかの欠陥が在ったのではないかという疑念も残るのだが,そのことには触れられず,保証期間が僅かながらも過ぎているために,私にとってはかなり高額の修理費用を請求された。  ようやく,作業が思いどおりに進められるようになったけれど,故障原因の説明が無い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 19:39
臨時の出費
 この夏,酷暑日が続く最中に,妻の居室兼寝室のエアコンが壊れて動かなくなった。長く使用してきたものだから,耐用期限が切れてもしかたのないことだけれど,今の暮らしでは,エアコンが無いと堪えられない。当面,寝るときは,エアコンの有る別の部屋に移ることにしたが,速やかに買い替えなければならなくなった。  次に,プリンターが作動しなくなった。これは,パソコンのOSを,サポート期間の終わったWindows MeからVistaに換えたことに合わせて新規に購入したもので(その事情は昨年8月4日 http:/... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 20:12
赤トンボの行方
 9月になり,秋の気配が感じられる。  長く続いた真夏日がやっと途切れ,一息ついたところで,気に懸かっていた庭木の徒長した枝を切り払うことができた。  百日紅の落花が急で,芙蓉が咲き始め,囂しかったミンミン蝉の鳴き声が間遠になり,代わって,ツクツクボウシを聞くようになった。  それにしても,今年は赤トンボを見かけることが少ない。例年ならば,甲子園の高校野球大会のころには,近くの川沿いの道に乱れ飛び,テレビで見る甲子園球場のグランドでも盛んに舞っていたものだが,この夏は見かけなかった。赤トン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/01 20:06
「ありきたり」のこと
 かつての職場での上司が亡くなって葬儀に参列し,多くの旧同僚とも久しぶりに会う機会になった。中の一人が,「そろそろ載るのではないかと思って見ているのですが……」と言う。私の文章が時折掲載される新聞の投稿欄のことだ。「ありきたりのことを書く気は無いから,最近は出していない」と応えた。  政治・行政の怠慢,汚職,食品偽装,家族の崩壊,無差別殺人,モンスター・ペアレント,モラルの低下等々,憂えることは限りが無いが,それらがみなありふれたことになり,新聞に投稿するからには,私でなければ言えないこと,私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/30 20:02
夏の夜の思い出
 関西での盂蘭盆会は,いわゆる「月遅れ」の新暦8月15日を中心に行われる所が多いようだが,今年は,新暦(太陽暦)の8月15日と旧暦(太陰暦)の7月15日とが一致する巡り合わせになっている。  私が少年期を過ごした瀬戸内海の島(山口県)でも,お盆は新暦の8月で,その時期には,定期航路の船が都会から家族連れで帰郷する人たちで溢れ,人の重みで「島が沈む」とまで言われた。浜辺の広場に設けられた盆踊りの会場「踊り場」には,音頭を取る人を乗せる,太鼓の櫓が組まれ,提灯が張り巡らされ,夜店が出て,大勢の人で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/14 19:57
赤塚不二夫逝く
 8月2日,赤塚不二夫が亡くなった。私と同年の1935年生まれで72歳の死だ。  たまたま,泉麻人著『シェーの時代−「おそ松くん」と昭和こども社会』(文春新書・2008年6月20日発行)を読み終わったところで,何か因縁めいたものを感じる(それに似たことが私にはよく有る)。  同書は,赤塚不二夫の傑作漫画『おそ松くん』をさまざまな角度から分析するとともに,「少年サンデー」連載(昭和37年春〜44年春)当時の「生活風景の言及に重きを置いた」(「はじめに」)世相史の一端としても興深いものだ。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/04 20:15
八月の記憶
 NHK広島放送局が開局80周年を記念して制作したドラマ『帽子』を観た(8月2日NHK総合テレビ放映)。旧軍港の町・呉で,父の跡を継いで帽子店を営んできた年老いた帽子職人・高山春平(緒形拳)と,高山の家で春平と兄妹のようにして育った竹本世津(田中裕子)を巡る物語だ。40数年前に高山の家を出てのち,広島での原爆による体内被爆という重荷を負い,差別や病気の不安と戦いながら生きてきた世津とは,ずっと音信不通だったが,たまたま,春平の安否確認を担当している警備会社の社員・河原吾朗(玉山鉄二)が,婚家で差... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 19:45
イバラの芽
 連日,35度を超える猛暑日で,もう何日目になるのだろうか,その前も30度は優に上回る日々だったから,真夏日が20日以上は続いていることになる。  加齢とともに,暑さ寒さが体に直接こたえるようになり,こう暑いと,戸外の作業で無理はできない。庭の草木は伸び放題で,気に掛かるものの,放っておくしかない。外回りの落ち葉掃除も怠っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 20:10
気持ちの在りよう
 音楽を聴きながらコーヒーを飲み,煙草をくゆらせたり,楽器を鳴らしたりという,ゆったりした時間の流れを楽しむことが私には無い。今は,仕事に追われる身でもなく,時間は自分の好きなように使えるのだが,貧乏性と言うべきか,身辺の事務的なことでも雑用でも,目の前に在ることは,即座に処理しなければ気が済まない性分で,次に処理したいことを常にせかせかと追い掛けていて,ゆったりした時間を持つ気分になれないのだ。  だから,物事をてきぱきと処理しない人を見ていると,自分で引き受けて,先に立ってやってしまいたく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 21:23
整理
 今年も半分が過ぎた。加齢とともに月日の経つのがひとしお速く感じられるのだが,ややもすると怠惰に過ごしがちになるので,半年を一つの区切りにして,整理をしようと思っていることがいくつか有る。  まず,書いた文章の整理だ。と言っても,近年は,このブログに書くくらいのもので,特に目的が有って書くことはほとんど無くなったが,それでも,自分にとって,文章を書くことが生きている証しだと思っているので,誰かに読んでもらおうと期待するわけでもない雑文であっても書き続けている。  この半年の間にブログに書いた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 20:03
6月の恐怖
 年金だけに頼って暮らしている者にとって,6月は,地方税や国民健康保険料の納入通知が来る恐怖の月だ。  年額を一括納入すれば,わが家の1か月の生活費を上回る金額になるけれど,月々の分割にしたところで,いずれは納めなければならないものだから,これまでは一括で納入してきた。それでも,一昨年までは,一括納入すれば,僅かながらでも報奨金が差し引かれていたのだが,昨年からは,それも無くなり,今年はさらに,健康保険料が6,600円増額になっている。  もっとも,健康保険料は,今年の10月から施行される新... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 19:42
チャドクガ
 庭の椿の葉に毛虫が付いた。まるで絨毯を敷き詰めたように,びっしりと並んで葉を覆っている。駆除しようとして,特別に警戒することなく近づいたら,ひどい目に遭うことになった。両腕の手首から腋の下まで,内側の柔らかい皮膚の一面に発疹が出て,一通りでないむず痒さに襲われた。毎年,庭木に付いた毛虫を駆除しているけれど,年によって,虫の付く樹の種類も,虫の種類も違うようで,このような被害は,これまでに無かったことだ。  あとから知ったことは,椿に付いていたのはチャドクガという毒蛾の幼虫で,今年は近隣の地域... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/11 19:57
早とちり
 「子供の心移植 考えて」という3段抜きの見出し(5月24日付「朝日新聞」)を見て,一瞬,「とうとう,そういうことも考えなければならない時代になったのか」と思った。つまり,精神的に病んでいる子供が増えている現状に対処するために,「心移植」という名の方法が新しく提唱されているのかと思ったのだ。これは,とんだ早とちりで,すぐに「心臓移植」のことだと気付いたものの,人の心も移植できれば良かろうにと感じられることの多い昨今だ。  早とちりと言えば,「ハダカで歌うロック」という見出し(6月3日付同紙夕刊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/05 20:27
読経の功徳
 私が毎朝,内仏の前で読経しているということを聞くと,仏壇への礼拝を拒否していたことも有る若いころの私を知る弟などは,「変わったものだ」と,皮肉っぽい言い方をする。しかし,私は,今にして妙好人に転じたわけではない。念仏は唱えていても,仏の救いを信じる思いは今でも持ち得ないし,まして偶像を崇拝する気持ちは無い。私が毎朝,読経するのは,6年前に亡くなった母がそうしていたのを偲んで,母の代わりを勤め,母を身近に感じる気持ちからなのだ。また,縁有る人の祥月命日には,経を読みながら,その人のことを憶ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/04 19:53
高齢者のダンス
 地域の高齢者ダンスサークルが発足20周年を迎えて,記念のパーティーが催された。私は,関わってやっと1年になったところで(1年前に最初の印象は書いた http://shog.at.webry.info/200702/article_11.html ),20周年ということに何の感慨も持ち得ないけれど,パーティーで発表会をするメンバーのダンスを見ていると,多くは,まだ初歩的な基本が身に着いていない感が有る。これまでのレッスンでも,基本の指導は受けていたはずだが,そのときには出来ていても,いざ発表会で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 16:12
誤植
 出版社のレベルは出版物の誤植の多寡で判ると思っている。誤植が多いのは興ざめなので,是非読みたい特別な書籍でない限り,本は,私が一流だと思っている出版社のものしか買わないことにしている。特に文庫本はそうだ。  カッパ・ブックス(ノベルス)を創刊して一時期は勢いの有った光文社も,経営陣が変わってから,最近は,出版物のレベルが落ちていると感じているので,買うことが少ないのだが,荻原浩の『明日の記憶』が文庫に収められたのを機会に読んでみたいと思い,久しぶりに光文社文庫を購入した。  荻原浩は,副主... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/14 19:30
書き遺すこと
 死後の対処に家族が困惑しないよう,大事なことは書き遺しておく「エンディング・ノート」というものが話題になったのは4〜5年前のことだが,私も,その必要を感じて,NALC(ニッポン・アクティブライフ・クラブ)制作の冊子「エンディング・ノート」をモデルとして取り寄せ,その項目を参考にしながら,土地・家屋や預貯金・年金・保険・税金等に関する書類の内容と在り場所,親族の過去帳と現存者を含めた続き柄など,これまで私が独りで掌握していたことで,そろそろ家族にも分かるようにしておかなければなるまいと思う事項を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 19:50
ダンスの写真
 昨年末のパーティーで私が踊ったダンスのスナップ写真を戴いた。アマチュア・カメラマンの方が撮ったフィルムの中に,私の踊っているものが1枚だけ有り,プリントをお願いして,ようやく届けられた。  室内での,動きの速いダンスの撮影は難しい。好適な撮影角度で,シャッター・スピードを速くして,タイミング良くチャンスを捉えなければならない。そのためには,リハーサルから見ておき,踊りの流れを把握したうえで撮影の目途を立てる準備も必要だ。それでも,撮影のタイミングがずれがちで,ダンスに詳しくて,撮影にも慣れて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 20:00
テレビ不調
 もう半年くらい前からのことになろうか,私の部屋のテレビ受像機の画面に薄い横縞が入って見辛くなった。家電販売店の店員に聞くと,原因は受像機に在ると言う。使い始めて已に20年が経っているから,買い替えなければならない時期に来ているのだろうとは思うものの,いずれは地上デジタル放送が受信できるものにしなければならないので,もう暫く我慢していようと思っているうちに,画面が上下に流れて,観るに堪えない状態になった。  試しにビデオデッキを通して受像してみても同じ状態だが,デッキに繋いだBSアンテナから入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/16 21:13
賀状
 「去年今年貫く棒の如きもの」虚子  毎年,新年を迎えると,高浜虚子のこの句が頭に浮かぶ。「棒の如きもの」という比喩が何を意味するのかは解釈の分かれるところだろうが,私は,生き通す力というか,不変の信念というか,自分の人生を貫くアイデンティティのようなものだと受け取っている。  そこで,今年の年賀状には,この句を引用して,「老いとともに,私にとって,『棒』は既に『竹ひご』のようなものになっていますが,細くともなお,しなやかさを失わず,己れを恃み続けたいと思います。」 と記した。  しかし,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/03 19:55
今年のまとめ
 歳末に当たって,家の内外や墓の掃除などとは別に,1年の区切りとしてやっておかなければならないことが有る。積み重ねたままになっている新聞の切り抜きの整理と,この1年間に購入した書籍の目録作りだ。その都度処理しておけば良いのだが,不精をして放置しているので,年の区切り目を機会に,まとめて手を着けておかないと,またそのまま溜めてしまうことになる。  新聞の切り抜きは,ジャンルに分けてファイルに整理する。作業をしながら振り返ってみると,既に遠いことのように思われているけれど,まだ1年も経っていないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/27 20:42
続・集中力
 「パーティーでのデモ出場に向けて取り組んでいるダンスの練習で」「集中力を高めるとともに,曲に合わせた動きを体に覚え込ませなければなるまい」と前に書いたけれど,練習を繰り返すほどに,逆に,集中力が減退して,ステップがいいかげんになってくる。聴力が落ちてきているのは何かにつけて感じるのだが,そのことも集中を妨げる原因の一つになっているようで,曲のリズムを捉えきれず,それに気を奪われると,かえってステップのほうが疎かになる。それにつけても,この齢になって集中力を維持するのがいかに難しいことかと痛感す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/17 21:41
集中力
 プロ野球・巨人軍の原辰徳現監督が現役選手で巨人軍の4番を打っていたとき,ここで一発と期待される場面で凡退することがまま有って,「腹立つのり」と揶揄されていた。逆に,ふだんはあまり目立たないけれど,ここぞというときに力を発揮して,その「意外性」が注目される選手も在る。いざというときに,どれだけ集中力を高めて臨むことができるかということで,結果が左右されるのではないかと,私は思っている。  私が高校の運動部の顧問教員をしていたとき,いつも口にしていたのは,最後まで球を追う「集中力」と「執着心」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/11 19:27
私のダンス
 出場することになっている年末のダンス・パーティーでのデモに向けて,そろそろ真剣に練習しなければならない。何か月も前から,デモ一筋にレッスンをする人も多いが,私は,1か月前くらいにならないと,デモだけのための練習には気が乗らない。それまでは,デモとは関わりなく,いろいろな種目のダンス・レッスンを楽しみたい気持ちのほうが強い。  パーティーに行っても,自分から進んで踊りたいとはあまり思わない。一口にダンスパーティーと言っても,主催者による格の差は大きいけれど,上等のパーティーなら,レベルの高いデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/25 20:05
「今年の漢字」
 外出の予定の無い日の2〜3時間ごとの作業で,庭木の剪定がようやく終わった。あとは,堅い刺が有るため,そのままではごみの収集に出すのが憚られて,夏以来積み上げてある茨の枝をガーデン・シュレッダーに掛ける作業を残すのみで,冬の到来にどうやら間に合ったという思いでいる。  年の終わりも近づき,今年の流行語大賞の候補作のノミネートや,NHK紅白歌合戦の司会者の決定など,早くも歳末を感じさせる話題が増えてきている。  テレビ画面で,並んで頭を下げる謝罪会見の姿を何度も見た外国人が,「何のセレモニーか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/19 20:00
哀悼・女先生
 風光明媚の島の岬の外れに,その養護老人ホームは在った。赤い屋根の瀟洒な建物だ。そこで暮らしている中学校時代の女先生を訪ねると,50年近く会わなかったにもかかわらず,先生は,一目見て私だと分かって,喜んでくださった。  しかし,先生の暮らしは,決して安らかなものではなかった。四畳半ほどの狭い部屋に同室者と二人で暮らさなければならない。しかも,先生の同室者は痴呆状態で,ときに怒鳴り出したりすることもあるのだが,ホームの人は,「そういう人と一緒にいたほうが自分の老化を防げる」と,無責任なことを言う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 19:13
同期会
 10月9日の当ブログに記した高校の同期会に行ってきた。参加者46名(北海道1,首都圏4,東海2,京阪神8,広島県7,地元在住者を含む山口県22,九州2)で,卒業後初めて会う者もいる。53年ぶりの母校で催されたセレモニーでは,最初に,出席者の高校時代の写真を一人一人スライドで映し出し,その前で自己紹介をするという企画が有ったが,死亡が判明している者が26名,消息不明が13名有り,卒業以来の歳月と今の年齢を感じさせられる。  病で出席が叶わぬと,返信はがきにメッセージを記してきた者もいる。出席者... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/14 19:23
心忙しい秋
 長引いた残暑のあと,足早に秋が来たと思ったら,も早,晩秋の気配である。  「食欲の秋」,「読書の秋」,「芸術の秋」などと言われるが,私にとっては,秋は作業の季節だ。  木枯らしの吹く前に,花期の終えた庭の木々の剪定をしなければならないのは,毎年のことながら,寒いときは億劫で,少し暖かくなってからと,後回しにしていたガラス拭きなど家の周辺の雑事が,そのうち今度は暑さを避けて,残されたまま秋を迎えてしまった。今年こそは寒くなる前に何とかしなければならないと,重い腰を上げる気になっているところだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/23 19:35
島の思い出
 来月のことだが,高等学校の同期会を催すことになった。瀬戸内海の島の母校に,卒業以来53年ぶりに集まろうという計画だ。島も過疎と少子化で,今春,町に2つ在った高校が合併して新しい校名になり,現在の2年生が卒業すれば,母校の名称は完全に無くなるので,その前に,自分たちもいつまで元気でいられるか分からない年齢でもあり,最後に一度集まろうと,島に残っている者が中心になって計画してくれた。  私は,同郷や同窓の縁だけでつながったり,過去を懐かしんだりするのは,あまり好きではないのだが,高校の同期生の集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/09 19:24
占い
 先日の記事でちょっと触れた音訳に取り組んでいるところだが,依頼された図書が何と「四柱推命」の占術の指南書である。生年月日から日干支を導き出すことに始まり,空亡(天中殺)や宿命中心星などを求めて,命運を知る占術だが,その組み合わせの条件や手順が複雑で,図表も多く挿入されているので,3百数十ページに及ぶ内容を,目の見えない人に理解してもらえるように音訳するのは,かなり難しいことだ。  加えて,著者自身はその道に堪能な人なのだろうが,素人が理解しやすいように説明する文章力や全体の構成力が不足してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/21 21:04
ボヤく暇が無い
 意識調査アンケートのパソコンでの集計を頼まれた。細かい画面を注視していると,目が疲れやすく,30分も続ければ,たちまち集中力が落ちてくる。ミスが有ってはならないので,毎日少しずつ作業を進めて,延べ8,000項目を超えるデータの入力をし終わったところで,今度は,盲目の人から図書の音訳を依頼された。義歯を入れてからは歯切れが悪くなり,喉も弱ってきていて,声を出し続けるのが辛いので,音訳のボランティア・サークルからは退いて数年になるのだが,今も個人的に頼まれることが有り,休み休み,時間を掛けての作業... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 20:00
猛暑日の猫
 庭に来る猫の糞害に悩まされたあげく,軒下に猫用のトイレを設けた経緯については,昨年4月に記した( http://shog.at.webry.info/200604/article_8.html )が,以来,その処理が日々朝夕の日課になった。雨の日だけは来ないようで,猫は水に濡れるのを嫌うらしいと合点した。  ところが,この夏,記録的な猛暑日と熱帯夜が続いた間,やって来た気配が無い。糞の処理が習慣になると,来なければ来ないで,どうしたのだろうと思ってしまう。暑さが少し和らいだ今朝,久しぶりに,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 19:29
脳内の「秘」
 6月に発表され,7月になって,いくつものテレビ番組や雑誌で紹介され始めて以来,爆発的な人気を集めているらしい「脳内メーカー」を,集中するアクセスの隙間を縫って,私も試みてみた。名前を入力すると,当人の脳内がいろいろの文字の組み合わせで図になって示されるという一種の占いだ。  さて,私の脳内はというと,全て「秘」の文字で埋め尽くされている。ポケットに手を突っ込む癖の人は,自分の内心を表に出すことを避ける傾向が有ると,いつか聞いたが,どちらも私に該当しているようだ。  私の思うことで,特にプラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 19:44
新しいパソコン・続
 この数日,時間の有る限り新しいパソコンと向き合って,内蔵の機能やソフトを探っている。急を要さない雑用は暫くほったらかしだ。  思いどおりにできないことが有って,あれこれと試行錯誤していると,何だ!こうすれば良いのだと分かることがいろいろ出てくる。これまでできていたことができないと,新しいバージョンのせいだと早合点しがちなのだが,あちこちとクリックしてみているうちに解決できて,自分の操作に欠けていたところが有ったのだと気付く場合が多い。  例えば,文章をコピーして別の場所に張り付けようとして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/05 19:27
新しいパソコン
 7月13日に記載した「終の機器」としてのパソコン(Windows Vista搭載)を購入することに踏み切った。  従来のパソコンに入れていたデータは,これまで使用していたOSが何世代も前のものであるため,「引越しソフト」の機能などで移すことがもはや不可能なので,次男に時間を割いてもらい,外付けHDを使って,可能な限り移してもらったが,私が必須としている,ワープロ文書の変換,ホームページの作成,楽曲制作,画像編集等々のソフトは,古いものが使えず,Vistaに対応した新しいバージョンをインストー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 13:40
終の機器
 サポート期間が終了したOS(私の場合はWindows Me)を使っているパソコンはネット接続しないようにという情報処理推進機構(IPA)の緊急呼びかけは,私にとって衝撃的なことだ。セキュリティー対策ソフトを入れていても,古いOSについては,基盤の脆さを理由に,セキュリティーソフトのメーカーも新しい修正・開発を停止しており,自分のためだけでなく,ネット全体の安全のためにも,ネットにつないではいけないという。バージョンアップするにしても,古いOSで動いていたパソコンでは性能不足で,結局は,パソコン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 19:34
嬉しい訪問者
 過日,私の投稿が新聞紙上に載ったことで,思いがけない旧知から電話がはいった。中学校の同級生で,その後は親しくしていたこともなく,60年近く関わりの無かった相手だ。先方は,新聞で旧知の名前を見出して,気持ちが高ぶったようで,同級生の何人かに当たって私の電話番号を知ったらしい。教えた人はどうして知っていたのか分からないが,遠くからの電話の主が私のことを覚えていて,懐かしく思ってもらえたのであれば,ありがたく思うべきか。  翌日にはまた別の同級生から電話が有った。これまでも新聞に投稿が載ったことは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/09 20:28
奈良の鹿
 「観光客の与えるお菓子などを食べた奈良公園の鹿が体調を崩しているとして、奈良県立大(奈良市)の学生らでつくる『奈良のシカまもり隊』が2日、藤原昭奈良市長に面会し、鹿せんべい以外のえさを与えることなどを禁止する『奈良のシカ保護条例』(仮称)を制定するよう要望した」という記事が7月2日付「朝日新聞・夕刊」に載っていた。「バターや卵が原料の菓子などを食べると消化不良を引き起こすという」。  4日発表された第137回直木賞の候補作品の中に挙げられている万城目学の『鹿男あをによし』(幻冬社・2007年... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/07 19:47
本意の理解
 私は,このブログに書いているようなことを,ときどき新聞に投稿するけれど,採否は,担当者の偏った判断に左右されるものだと分かっているから,掲載されることを期待する気持ちは薄い。それよりも,誰でもが言うようなことでない私なりの視点に重点を置き,それを,記者諸氏にも知ってほしい,考えてほしいという気持ちのほうが強い。かつては,文章にした読者の意見を受け止めるシステムが在ったが,今は,投稿欄に送るしか手段が無い。  ときに,担当者の意に適って,掲載用の候補になることが有る。そのときは事前に連絡が来て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 19:06
優先順位
 ダンスとウクレレとのスケジュールが重なって,どちらかを選ばなければならないことが,最近,ときどき生じるようになった。ダンスは毎週,金曜日が高齢者サークルへの参加,月曜日が個人レッスンと,ほぼ定まっていて,その間,木曜日がウクレレサークルの練習日になることがこれまでは多かったのだが,メンバーの都合が揃わなかったり,福祉施設などでの演奏の機会が増えたりして,最近は不定期になりがちで,ダンスの予定と重なる場合が起こる。  私としては,気持ちの上での優先順位が有り,ふつうはダンスを優先させるけれど,... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 19:08
コメントスパム
 このブログにいつも目を通してくださっている方は,お気づきだったかもしれないが,1週間ほど前から,連日のように,英文のコメントが入っている。1か月以上も前の記事に寄せられているコメントなのだが,バイアグラを安価で提供するという広告のようだ。そういうものがどうしてブログへのコメントとして送られてくるのか分からないことで,インターネット事情に詳しい次男に問い合わせてみた。  「アメリカはバージニア州にあるハンプトン大学が不用意にも一般に公開しているインターネットの掲示板システムを使って、バイアグラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/24 19:19
不安の季節
 恐れていた地方税の納入通知書が来た。昨年度とは,算定の基礎になる所得金額と控除金額に変動が有るので,単純に比較はできないけれど,所得税で9,430円減ったのに対して,地方税では15,700円の増額になっている。全額一括前納に対する報奨金制度も,僅かな額にしても,今年から無くなった。別途,年金から天引きされる介護保険料は,年間100,000円を超える。いずれにしても,昨年分からは年金以外の収入が皆無の情況で,年金の1か月分を上回る年税額には,負担感が大きい。  5年前に亡くなった母は,元気で生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 19:29
口上
 私が今,ホームページやブログを開設している原点は,次男がアメリカの大学勤務になったのを機会に,1998年9月から,肉親や特定の知人を対象にして始めた,近況や雑感を伝えることが主目的のプライベートなメール・マガジンに在るのだが,一方的に送り付けても,喜んで読んでもらえるとは限らないし,押し付けになるのは避けたいというこだわりを常に意識していた。  一方で,私が折々に述べることを広く一般に公開したらどうかという勧めも有り,思い切ってホームページを設けたのが2005年1月,翌2006年1月に,並行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/14 20:21
「迷惑メール」その後
 昨年9月15日のこのページ http://shog.at.webry.info/200609/article_5.html に記した妻のメール・アドレス宛の「迷惑メール」は,9月1か月だけで200件近くになった。その都度,プロバイダーの「迷惑メールブロックサービス」を利用して受信拒否設定をしたので,その後,同じアカウントからの送信は遮断され,さすがに100件を超える月は少なくなったが,それでも,相変わらず,男性を対象にした文面の「イヤラシ系」のメールが,なぜか妻のアドレスだけに送られてくる。私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 20:17
投稿の行方
 4月9日に当ブログで書いた「理想に逆行する教育改革」を新聞に投稿してみようと思い,投稿規定の制限字数に合わせて手直ししたうえで送信したところ,早速,翌日,担当者から電話が入った。掲載しようと思うのだが,紙面の都合で,もう少し字数を削りたいということと,教職の経験者だと分かるような言葉を入れたいということで,担当者が手を加えた文章をメールで送ってきて,それで良いか,目を通してほしいと言う。即座に一部の表現に手を入れて返送した。  それが10日のことだが,掲載予定は19日になると言う。えらく間が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/18 19:54
奈津子
 3月11日に記した,旧い教え子の娘さんの結婚式に四国・松山まで出向く日が近づいた。新婦の名を奈津子さんという。  彼女が生まれたとき,電話で喜びの報告をしてきた父親が「良い名はありませんか」と問うのに応えて,私に女の子ができたら「奈津子」と名付けようと思っていたと告げると,「その名を貰ってもいいですか」と言う。私には二人の息子が在り,娘のできる望みは已に無かったから,快く応諾した。  奈津子の「奈津」は「なつかし」の「なつ」である。「なつく」とともに,古代から有る言葉で,今の「懐かしい」「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 20:56
新しい風
 年度が改まる。学校では新入生,会社なら新入社員を迎えて,新しい気分と意欲の盛り上がるときだろうが,そういう社会と縁の無くなった暮らしをしていると,新年度と言っても,気持ちの改まることも無く,「春愁」と言うべきか,かえって気分の晴れない日が続く。  新聞の紙面構成やテレビの番組など,この時期に改編されるものも多いけれど,たいして変わり映えしそうにもなく,新鮮味が感じられることは少ない。僅かに,新鮮な気持ちを持てるのは,大学野球の各リーグで,新しいメンバーによる春季リーグ戦が開幕することくらいだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 20:15
忙しくなった
 地域の朗読ボランティアのサークルで活動していたときに親しくなった全盲の老婦人と,たまたま電車で乗り合わせた。彼女に付き添っているガイドヘルパーの女性も旧知の間柄なので,すぐに耳打ちしたらしく,手を取り合って,久しぶりに言葉を交わすことになった。音訳してほしい本が数冊溜まっているのだが頼めないかと言われる。  私がサークルを退いて既に4年になるけれど,その後も,個人的に音訳を依頼されることが,ときどき有る。最近は,義歯を入れているせいで歯切れが悪くなっているのを自覚しているから,進んで引き受け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 19:40
ダンス・レッスン(続)
 ダンスのレッスンを再開して3か月目を迎えた。「3年のブランクの間に,これまでかなり身に付けたはずのことを,すっかり忘れてしまっている。」 と過日(12月11日)書いたが,3年前にできていたことができないだけでなく,覚える力がすっかり衰えているのを感じる。特に,体で覚えることが難しい。頭では解っていても,ホールドはすぐ崩れるし,ボディがフィギアに応じた動き方をしないで,一度できたことでも,何度もやり直さなければならない。  それでも,繰り返して練習しているうちには,また身に着いてくるのかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 19:54
「ボヤキ」の1年
 このブログを開いて間もなく1年になろうとしている。この1年の間,タイトルのとおり,意識して「ボヤキ」ばかりを綴ってきた。  しかし,「ボヤキ」と「愚痴」とは違うと,私は思っている。どの辞書を見ても,「ボヤキ」の語義は,「ぶつぶつ不平を言う。」 としか書かれていないが,「言ってもどうしようもないことを、くどくど言うこと。」(新明解国語辞典)という無意味な「愚痴」とは違って,「ボヤキ」には,他者に対する意思表示や,批評の要素が在ると思う。プロ野球の東北楽天・野村監督の「ボヤキ」はよく知られている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/25 21:24
賀状への思い
 元旦に届けたい相手への賀状を書き始めている。旧い知己と安否を確かめ合える,年に一度の機会なので,賀状だけは欠かさないようにしているのだが,最近は,目が疲れやすく,字が霞んで見えたり,字配りが傾いたりしてくるので,休み休みの作業になり,なかなか捗らない。  宛て名と署名,短いコメントだけは,自筆で記すようにしてきたのだが,それがしだいに辛くなって,いつまで続けられるか,危ぶまれることだ。  11月になると受け取る喪中の挨拶状も増えている。肉親を喪うことの多い年齢になっているということだが,今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/20 20:46
ダンス・レッスン
 3年前に止めたダンスのレッスンを,先月から再開した。このところ家に閉じこもっている時間が多くなったので,もっと外に出る機会を増やしたほうが良いと思い,経営者と指導者が代わって再出発した近所の社交ダンス教室に通うことにしたわけだ。  社交ダンスと言っても,もともと私は,パーティーで不特定の人と踊ることは,あまり好きではない。だから,「社交ダンス」という呼び名には,しっくりしない気持ちが有り,正確に言おうとすれば,「ボール・ルーム・ダンス」の「レッスン」ということになる。  再開してみると,3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/11 19:35
デジタルテレビ
 家電量販店に行った機会に,時間と気持ちに余裕が有ったので,テレビのデジタル放送化に対応する機器や設備について,いろいろ訊ねてみた。前(10月9日)にも書いたことだが,何よりも気に掛かるのは費用のことだ。  それはさておき,多岐にわたる情報について,考えをまとめようとすると,頭が混乱してきて,どうするのが最善か決断できず,考えること自体が面倒になってくる。加齢のためか,最近はそういうことが多い。問題点を分けて整理し,一つずつ考えていく必要がある。  まず,20年前の製品で,画像が乱れがちな現... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/08 21:28
CD/MDデッキ
 確か10年ほど前に家電量販店で見つけて購入した「CD/MDデッキ」をずっと使ってきた。CDからMDにダイレクトでダビングしたり,ミキサーにつないで音声を合成したりするのに便利だったのだが,最近,MDの録音・再生でトラブルが起こるようになった。音が飛んだりするので,初めは,特価のものを買い置きしてあったディスクが不良品なのかと早合点して,捨ててしまったこともあったのだが,そうではなく,機器に故障が生じているのだと思い当たった。  今更,修理を依頼するのも厄介だし,かえって費用も掛かりそうなので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/07 19:57
庭木の行く末
 冬を控えて,お向かいのお宅の庭木の剪定に植木屋さんがはいっている。わが家の雑木も刈り込まなければならない時季だ。「プロが手を入れれば,見違えるような庭になります」という業者のチラシが,見積もりといっしょにポストにはいっていることが有るが,一日手を入れてもらうだけで何万円も支払う気にはなれない。  しかし,芙蓉,木犀,楓,百日紅,花梨,月桂樹,黐など,ほとんどは亡くなった母が植えたものだろうが,雑多な樹が,歳月を経ていつの間にか大きくなり,毎年,秋の終わりには徒長した枝を落とさなければならない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/03 19:25
5年後
 消防法の改正で一般居宅の各所への住宅用防災(火災)警報機の設置が義務づけられた。早速,いくつかの業者から売り込みが有るのに対して,2011年5月の設置猶予期限まで「生きているかどうかも分からない」と言って,今のところ設置を見合わせている。  同じ2011年の7月には,テレビも全て地上デジタル放送に切り替わる。これも,新しい機器を購入しなければならないことだが,その間際まで,情況を見守ろうと思っている。先日,私の息子が中継収録した「久石譲&新日本フィル・ワールドドリーム・オーケストラ」のコンサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/09 21:08
墓参り
 秋の彼岸を迎えて,墓参りに行ってきた。今回は都合により一人で行くことになったので,片道10分足らずの電車に乗るほかは,往復1時間半の道のりをぶらぶらと歩くことにした。  高血圧や糖尿病の対策として,歩くのが良いというけれど,田舎道をのんびりと歩くのは精神的にも効用が有るようだ。歩けばまだ少し汗ばむ気候だが,時間を気にせずに歩いていると,苛々することもなく,気持ちが和み,歌でも口ずさみたい気分になる。  ゆっくり時間を掛けて墓の清掃をしていると,他にもお参りの人がちらほらと見える。私と同年配... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/22 22:04
一日一事
 暑さが少しは和らいだ感じで,日が暮れると虫の音が聞こえるようになった。エアコンを効かせた室内で机に向かうだけでなく,体を動かす仕事もしなければなるまいと,このところ「一日一事」を心掛けている。  庭に出て,実の終わった家庭菜園のトマトやナスがジャングルのようになっていたのを除去し,花期の過ぎた百日紅の枝を刈り込み,ちょっと放っておくと伸び放題のナニワイバラを剪定し,棘が有るのでごみの収集には出せないためシュレッダーにかける作業,それぞれがこのところの日を分けての仕事である。  家の中のこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/19 21:36
迷惑メール
 何がきっかけになったのか分からないが,10日ほど前から妻のパソコンに変なメールが送られてくる。肉体的な遊び相手の女性を紹介するメールだ。女性である妻には無縁のことなのは言うまでもないが,受取人が男か女かお構いなしに送信しているのだろうか。それも,1日に10通を超える日もあり,累計ではすでに70通以上になるメールの差出人のアカウントやサーバが全て異なっている。私が利用しているプロバイダーのセキュリティ・サービスで,順次受け取り拒否の設定をしているので,少しは減ってきているものの,同じ差出人からの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/15 23:10
パソコン・その後
 パソコンが動かなくなって,今や,パソコンは,私にとって暮らしの必需品になっていることを,思い知らされた。メールの交信をはじめ,各種データの検索,図書等の購入などにも,欠かせないものになっている。  再セットアップをして,まずインターネットとメールの機能は回復したので,知友のメールアドレスや,「お気に入り」に入れていた使用頻度の高いURLを登録しなおしているところだが,消えてしまったものを更めて調べるのは手間が掛かる。分からなくなったものも在る。(これまで私とのメール交信が有った方で,このBl... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/31 17:19
パソコンのリハビリ
 パソコンの電源を入れても,OSが認知できず,起動しない状態になった。先週のことだ。業者に調べてもらうと,HDが破損していて,取り替えたうえで再セットアップしなければならないと言う。そうなると既存のデータが消えてしまうので,その前にデータを取り出したいのだが,それもできないほど厳しい,10件に1件も無い状態だということだ。CDにバックアップを取っていたつもりだったが,それも,今のところうまく取り出せない。外付けのドライブで取っておくべきだったと,今にして思う。貴重なデータも有るのだが,後ろ髪を引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/26 12:07
叩いて観るテレビ
 「たたいてもテレビのように直らない(大川博幸)」という川柳を新聞紙上で目にした。句の含意は別にして,とっさに思ったのは,今でも,テレビの画面の乱れを叩いて直しながら観ている人がやはり在るのだ,ということだった。  わが家で主に妻が観ているテレビが,ときどき叩かなければならない状態になってきて,買い替える時機だろうと思いつつ,その踏ん切りがつかないでいる。躊躇しているのは,買い替えるとすれば,5年後に備えて今度はBSデジタルの受信できる機種にしなければなるまいが,そのための付帯設備や,他の部屋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/24 19:50
ぼやき疲れ
 「無責任」という言葉が流行したのは,1960年代の初め,クレージー・キャッツでの植木等の歌(青島幸男作詞)に始まり,無責任シリーズとして映画化(東宝・古沢憲吾監督)されて,1971年まで29本も続く人気シリーズになったときだが,このときの「無責任」は,高度成長・モーレツ社員の時代を無責任に「スイスイ」と生き抜こうという居直りの姿勢が大衆の共感を呼んだものだった。  しかし,昨今の官庁や企業の「無責任」と「隠蔽体質」は,目に余って許し難いものばかりだ。最近問題になっているものだけでも,社会保険... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 19:09
毒の捌け口
 私の想うことの中には,毒を含んだものも在る。それを表に撒いて,周囲の人たちに影響を及ぼしたことも有った。しかし,それで,人の気持ちを傷つけたり,不愉快な思いをさせるようなことになってはならないと思って,抑えていると,毒が内に溜まり,ときには捌け口を求めることになる。それを文学的に昇華させることができれば良いのだが,菲才にしてなかなか叶うことではない。  今は,インターネットで発信する手段を得て,私の中の毒を吐き出す方便にしている面が有り,ホームページやブログの中にも,それがときに混じってくる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 20:03
京の地名
 碁盤目状の京都の市街は,例えば「烏丸四条」というように,縦軸(南北の通り)と横軸(東西の通り)とが交差する座標で,地名を表すようになっている。そこで,地名を言う際,縦軸と横軸とどちらを先に言うのかという疑問を持った。  数学であれば,座標を示す場合,x軸(横軸)を先にするのが原則だと思うのだが,妻の実家の住所は,「小川通り上立売下る(今出川上る)」で,縦軸を先に言う。ところが,最近知ることになった金属工芸品のアンテナショップ「かざりや鐐」の場所は,「押小路通り麩屋町西入る」で,横軸が先になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 19:32
猫害・続
 猫の糞害を防ぐために,あれこれ手を尽くして,ようやく庭を荒らされることが無くなったと一安心していたら,今度は,鉢植えに使って余った土を篩に掛けて保管してあったプランターをトイレにしているのを発見した。  どんなに防ごうとしても,猫としては,どこかで排泄しなければならないのだろうと思い,現場を見たことが無いので,どんな猫か分からず,もし飼い猫であれば,飼い主の躾の問題だという憤懣が残るものの,ついに根負けした形で,どうしても防げないものなら,害が少なく,処理のし易い,決まった場所を作ってやろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 19:57
パソコンが動かない・2
 私のパソコンの不具合(4/11)が解決したと思ったら,今度は,妻のパソコンのスピーカーから音が出なくなった。これまで繋いでいた私の使い古しのプリンターが働かなくなり,新しいプリンターに買い替えたところ,前の機種と違って接続がUSB方式なので,他の周辺機器と合わせると,パソコン本体のポートだけでは足らなくなり,さらにハブを買い足して繋いだまではうまく行ったのだが,そのあと音が出なくなったのだ。  原因が分からないまま,いろいろと試みたあげく,思い当たったのは,USBハブを本体に繋ぐとき,他のケ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 17:40
猫害
 庭の猫害に悩まされている。どこかの飼い猫か,野良猫か分からないが,花や野菜を育てるために設けた場所で,軟らかくなっている土を掘り返しては,糞尿をして行く。妻が腹を立てるので,できるだけ妻の目に付く前に処理するようにしているのだが,毎朝のこととて,いいかげんうんざりする。  2年余り前,猫が嫌がるという超音波を出す装置(「ガーデンバリア」)を設置したときの顛末は,ホームページ http://www7a.biglobe.ne.jp/~say/yoshinashigoto.04.html に載せて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 17:51
パソコンが動かない
 毎朝の習慣で,一番にパソコンを開こうとしたら,電源が入らない。接続に問題は無いはずだが,最近,電源ボタンを押してもスムーズに起動しない場合が重なっていたので,とうとう動かなくなったと思い,買い替えなければならないのか,その間の通信はどうしよう,データの移し替えはどうなるのだろうと,朝から落ち着かない気持ちになった。  ともかく朝食を済ませ,少し落ち着いたところで,電源スイッチだけの問題なら修理が利くのではないかと考え,メーカーのレスキュー・サービスに電話をした。すると,5年も使っているのなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/11 19:11

トップへ | みんなの「雑記」ブログ

ShoGのボヤキ念仏 雑記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる