WBC

 松井秀喜選手のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)不参加を巡って,さまざまな雑音を入れる者がいる。しかし,本来の働き場所である米・メジャーリーグの公式戦に最大の力を注ごうとする松井の判断は立派な一つの見識だ。
 昨年,米・メジャーリーグに行きたいというわがままが叶わなかったあげく,日本でのオフィシャル・シーズンで期待外れの成績しか残せなかった巨人の上原や阪神の井川とは,プロ意識の上で大きな違いが有る。その上原が「日本の名誉のために」などとほざくのは,「くだらない」としか言いようが無い。
 だいたい,WBCという企画にどれほどの価値が在るものか。さらに,それが国対抗という形で勝敗を争うことに何の意味が在ることか。間もなく始まるトリノ・オリンピックにしても,個人の成績はさることながら,国家単位のメダル獲得数を競うのは,オリンピックの精神にはほど遠い,馬鹿げた国家意識だ。今の地球で,せめてスポーツの世界だけでも,国家などという意識は捨てたほうが良い。
 開催時期にしても,方式にしても,WBCの意義を認める気にはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック