WBCの独善性

 アメリカが独善的なのは国際政治だけのことかと思っていたら,スポーツの世界でまで独善的な姿勢が見られる。開催中のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)のことだ。物議を醸している日本対アメリカのゲームでの審判の誤審?のことではない。それ以前の主催国としての姿勢のことだ。
 開催時期の問題,(これは政治がらみのことだが)キューバの参加受け入れの問題,審判団の構成の問題等々,開会前から,いま一つ興が高まらない要素がいろいろ有った。メジャー・リーグの内部でさえ,全面的な協力とまでは行かず,審判の不参加ということも起こった。
 それなのに,日本では,主催国アメリカに追随して力を入れている。アメリカ追随は小泉首相だけのことではないようだ。日本選抜チームの王監督が力を入れる心理は解る。また,将来のメジャー・リーグ参加を目指している選手が張り切るのも,もっともなことではある。しかし,マスコミや一般のファンまでが,勝ち負けにこだわって力むことはないように思う。
 その結果が,レベルの低いマイナーの審判による「誤審」問題だ。千葉ロッテのバレンタイン監督の言によると,これまでも批判を受けることの多かった審判のようだ。日本チームからの質問書に対する主催者側の回答もおざなりな内容で,やはり,その程度のメンバーが関わっている大会なのだと思わせられる。取り立てて騒ぐほどの問題ではない。
 アメリカがメキシコに負けたために,日本が1勝2敗ながら,失点率とやらの妙で,準決勝に進出できることになったが,韓国のように兵役免除の特典が有るわけでもなし,勝っても負けても,たいしたことではない。
 それよりも,間もなく始まる国内のペナントレースのほうを楽しみにしたい。スポーツは本来,単独チームのチーム色を出した活躍ぶりこそが興味深いものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック