内閣支持率の低下

 世論調査による麻生内閣の支持率が低下するばかりだ。この現況では,政府与党としては,進むことも退くこともできないのではなかろうか。まるで,太平洋戦争敗戦直前の日本のようで,降伏か玉砕かしかない。
 この事態を招いた罪は,麻生首相一人に在るのではなく,小泉首相時代の「郵政選挙」で得た衆議院での3分の2の議席を盾にして,総理総裁の首だけをすげ替え,最後は,当てにならない人気を頼りに,麻生太郎を選んだ自民党の愚かさに在る。麻生という人物に首相として相応しい見識が欠けているのは初めから分かっていたことだと,私は思っている。総裁選挙で麻生に投票した党員は,「私は疑問を持っていたけれど,大勢に従った」と,誰かのような弁明はしないでもらいたい。
 自民党員に限らず,多くの大衆も,麻生に期待するところが無かったとは言えまい。だから,麻生で選挙に勝てると,自民党に思わせたのだ。衆愚政治の行き着く先で,自民党の誤算は,麻生が直ちに解散に踏み切らなかったことだけだ。
 任期いっぱい引き延ばして総選挙を行ったとき,結果はどう出るのだろうか。民主党が勝ったとしても,それほど期待できるとは思わない。
 政治の問題に限らず,私が毎度思い述べることが,ハイレベルの内容だとは決して思っていない。ミーハーだとまでは思わないが,熊さん八さんの床屋政談のレベルだと自覚している。しかし,熊さん八さんだと言っても,自ら卑下しているわけではない。したり顔して自己を顕示する論者よりは,率直で直観的な感想だと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック