二大政党の行方

 小沢代表の辞任に伴い,民主党の代表が替わるけれど,それだけでは新鮮味に乏しく,変わり映えしない印象が拭えない。剛腕と言われ,権力志向の臭いが強い小沢前代表と鳩山新代表とでは多少の違いが有りそうだが,一方で,一国の首相を目指すには,器の小さい感じが否めない。民主党だけでなく,与野党ともに,心から信頼して国政を任せられる,リーダーとして相応しい人物が見当たらず,今の政界の人材難を感じるばかりだ。
 二大政党の時代と言うけれど,これまでの動きを見る限り,政権争奪のための駆け引きが先立って,真に政策の違いが有るのかどうかも疑わしい。どちらも「寄り合い所帯」で,個々の人物を見ると,政治信条や政策の上で,自民党と民主党との境界がはっきりせず,截然と区別し難い人も少なくない。政治家としての信頼を損なう人物の存在も,両党に共通している。良くも悪くも,集合論で譬えれば,「自民党∩民主党」の積集合の範囲に属する人が多いように感じる。一部の人には,政治信条よりも,私利私益を考えて,所属する党を選んでいる感が無くもない。
 思うに,政界を刷新するためには,両党ともに解体し,個々人がマニフェストを示して,それを基に共通項を括り出し,改めて,対立軸のはっきりした二つの党に分けることができないものか。その判定を下すのは,国民しか無いのだが……,これは,所詮無理な話か。
 それにしても,政治家サイドの思惑が先行する離合集散では,名ばかりの政界再編成で,意味が無いことだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック