選挙結果

 「選挙結果も『ミーハー』感覚で左右されるところが大きいようだ。政党もそれを意識して,人気取り的な方策で盛り上げを図り,マスメディアのセンセーショナルな扱いがそれに拍車を掛ける。『風が吹く』という表現が使われ,世論調査の結果なども,そのときの気分で浮動しやすい。今は,『ミーハー』が社会を動かしていると言っても過言でない世の中で,一方の政治家にも,『身の程知らず』が少なくない。」 と書いたのは7月21日のことだったが,今回の総選挙の結果は,予測どおりの「風が吹いて」,民主党の圧勝で終わった。
 政権交代は望ましい成り行きだが,とは言うものの,なだれ現象での民主党圧勝には,かなり大きな不安が有る。今,自民党に代わって政権を担うとすれば,民主党しか無いけれど,その政策にも疑問な点は多く,民主党一辺倒の選挙結果には,単純に喜べない思いが有る。
 政治にはバランスが必要だと思うので,国政選挙では常に,政権党をチェックする立場の党に投票してきて,今回も,民主党による政権交代を予測して,他の少数党に投票したのだが,私の入れた候補者は,いつものことながら,同時に行われた市長選と市議補選も含め,比例区のほかは,全て落選した。
 更めて思うのは,現行の小選挙区制度が,良識有る民意を真に反映できるものなのかどうかということだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック