角界騒揺

 世に「角界」と呼ばれる大相撲の世界は,現代の日本の中でも特殊な社会だ。
 まず,玉垣親方(元小結・智乃花)のような経歴の人は例外として,力士は,ほとんど社会的な経験の無いまま各部屋に入門し,厳しい稽古と土俵での勝負に明け暮れる。一般の社会人であれば,仕事を離れた場所では,対等な人間関係の中で,さまざまな楽しみも得られるけれど,部屋暮らしの力士にはそれも無さそうだ。カジュアルな服装で遊びに出掛けようものなら,生活態度が指弾される。どこで若者らしい息抜きができるのだろうか。閉鎖的な社会の中で,せめてもの娯楽は,仲間内の賭け事くらいしか無いのではなかろうかと思われる。そして,賭け事は,依存症的な状態に陥りやすい。
 現役を引退したのちは,高額の金銭を払って年寄株を取得するほかに,角界に残る手段は無い。それのできた限られた人だけが協会に残って運営の中枢を担うことになる。当然,閉鎖的な社会で暮らしてきたまま地位を得た人たちだ。
 力士は,強くなることだけが求められる,闘犬の犬や闘鶏の鶏と同じような存在であるように見える。そこでは,人権も軽視されがちだ。「タニマチ」と呼ばれる後援者たちは,競馬の馬主と同じような感覚で,贔屓の力士を抱えている気でいるかもしれない。また,昔から,興行と絡んで,ヤクザとの結び付きが生じやすい土壌も在る。
 そのような世界で「不祥事」が発覚すると,世間からは社会通念に反するという非難が集中するが,マスメディアを始めとして,部外者の批判は,言いたい放題の無責任なものに思われる。もともと起こるべくして起こったことで,一部の関係者だけをトカゲの尻尾切りで処分して糊塗することでは済まないし,組織による自浄を要求されても,組織自体が体質的に問題を内包しているのだから,簡単に解決できることではない。
 相撲界を真に改革しようとするには,組織を抜本的に革めなければなるまい。この際,国技だとか伝統だとかという固定観念を払拭して,時代に合った経営方法を考えなければならない時が来ているように思う。例えば,企業としての経営者の下に選手が所属しているプロ野球やサッカーリーグのような組織だ。協会は,力士出身者に限らない経営者による企業組織とし,各部屋は,野球やサッカーのチームのように,監督(親方)とコーチ(部屋付き親方)が統率し,選手を指導・育成する。関取は一軍の選手,関取になるまではファームの養成選手だ。そして,選手は,社会人として扱い,個人生活の自由を認めるとともに,それに伴う自覚を促すことで,現代スポーツとして再生させることが必要だと,私は考える。
 そのためには,現在の日本相撲協会はいったん解体しなければなるまい。その上で,新しい組織を構築するには,誰がどういう方法で行うか,文部科学省の官僚が容喙して解決できるような問題ではない。抜本的な改革が不可能であれば,現状を容認するか,大相撲の消滅もやむなしとするしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック