投票に迷う

 多党が入り乱れた今回の総選挙で,各党の政策を比べてみるにつけて,それぞれの政策に伴うデメリットのほうが気に懸かり,どの政策を見ても,将来が暗く思われてくる。だからと言って,勝手にしてくれと投げやりになるわけにもいかないので,比較的デメリットの小さい党を選んで投票するしかあるまいと思っている。
 選挙区では,当選する可能性の小さい候補者を選んだのでは死票になるので,デメリットの大きい党の候補者だけは当選させたくないと考えれば,支持しているわけではなくても,力の拮抗している候補者に入れることになる。
 問題は比例区だ。デメリットの小さい党の候補者にできるだけ多く当選してほしいと願うけれど,私の票がどれだけ有効か,疑わざるをえない。
 もともと権力的な政治体制を嫌う気持ちが強いので,これまでの選挙の際には,アンチテーゼの意味を込めて,政権から離れた場所にいる党に投票するのが常だったのだが,ポピュリズムの流れに対して,私の一票の無力を感じるばかりだった。まして今回は,当選者を増やしたくない党が多くて,どの党に投票するのが有効か迷ってしまう。
 それにしても,政策を見れば見るほど,デメリットが考えられて,暗い気持ちになってしまう今の国情は,情けないことだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック