月は晴れても

 コロナウイルスによる緊急事態の情況は,政府・行政の無能な姿が明らかになるばかりで,先の見通しはいっこうに明るくならず,心は闇のままだ。私個人の情況だけであれば,緊急の医療に頼らなければならないことも無く,暮らしの上で多少の不便を忍ぶだけで済んでいるけれど,文化やスポーツの行事は軒並み中止や延期,報道メディアも変わり映えしないことを繰り返すだけで,気持ちは晴れるときが無く,個人的な「ボヤキ」を書く気にもなれないまま半月が経とうとしている。
 学校も休校が続き,高校野球の選手権大会だけでなく,インターハイ(高校総体)も中止と決まった。私どもの如き老人は,歳月がたとえ空白になっても今さら大した問題ではなく,そのうち人生の終末を迎えるだけのことだけれど,17歳の若者にとっては,喪われた年は二度と体験できる機会は無く,人生の中で失うものは限りなく大きいはずだ。学問は努力によってあとからでも取り戻せるけれど,二度と取り戻すことのできない年を呆然と見送るのみで,まさに「闇」の日々を過ごしているに違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

いざよひ
2020年05月11日 20:34
さながらにさつき闇なる憂き世かな 岩戸を開くすべあらなくに
JR奈良線
2020年05月12日 18:39
長らく更新されてなかったので、心配しておりました。
バブル後の一時期を失われた10年-人によっては、20年-と言われる方がいますが、今回のコロナでも、同じような事になるような気がします。
少なくとも、学生時代の思い出達が奪われていってます。
まぁ、失われた10年は、経済的な話のようですので、今回の事も、また誰かが、上手い言い回しを考えるでしょう^_^