安倍おけさ

 自民党総裁選挙は,「安倍へ安倍へと草木も靡く」という感じで,大勢はほぼ決まったようだ。強い者に靡き寄り,自分の地位を固めようとする打算が,大きな流れとなって動いているように思われる。次の総理として期待の持てる,真の国益と国民の暮らしを考える識見と政治的行動力とを兼ね備えた人材は,今の政治家の中には見当たらないから,誰が出てきても同じようなものだが,われわれ弱者に属する国民にとって,「居よい住みよい」世の中になる期待はあまり持てそうにない。
 「選挙に勝てる総裁を選ぶのが賢明な判断だ」と,武部幹事長は言うが,安倍なら選挙に勝てると思っているとしたら,国民はずいぶん舐められたものだ。もっともこれまでも,上滑りの選択で自民党に勝たせてきた国民が大多数なのだから,舐められても仕方の無いことか。かくて,暮らしの不安は依然として払拭されないまま,政治家の私利私欲と党利党略とが優先され,国民軽視の政治が続くことになるのだろう。国会は遠い「波の上」だ。

"安倍おけさ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント