進化の功罪

 知人の動向を知るのにブログやツイッターを見る。しかし,先日も書いたように,先方の加齢等の事情に因る場合も有ろうが,時日の経過とともにブログを書く知人がほとんどいなくなった。私自身もパソコンに文章を入力することがしだいに厄介に思われるようになってきて,断片的な思いをツイートするだけのほうが楽ではないかという気になりつつあるけれど,それでは他者に思いが十分には伝わらない,書くからにはせめて短いなりにもブログの形で述べたいと思い直している。
 それに,最近気付いたことで,OSにWindows10を使っている私の場合,これまでツイッターを見るときはIEを通していたのだが,「このブラウザは現在サポートされていません」という表示が出て使えなくなり,詳しい事情は解らないもののMicrosoft-Edgeに切り替えて登録し直さなければならないことになった。
 それは私の個人的な情況にすぎないけれど,IT界の現況を見るにつけて,SNSが意見を拡散させて政治を動かす力まで持つようになった反面,根拠の無い中傷など,人権を侵すような場面が増えてきて,功罪の大きさが目立って感じられる。メールやクレジットカードを利用した詐欺の横行は論外だとしても,迷惑な入り込みも少なくない。
 米大統領をはじめ,ツイッターを使う政治家も増えているけれど,本来ツイッターやLineは個人的な「つぶやき」や連絡を発信するメディアであって,政治家が無責任な自己主張に利用すべきものではないと考えられる。政治家は常に言葉を尽くして説明責任を果たすよう努力すべきものだろう。
 私がブログで述べているのは,私より若い世代の人たちに,私の年代の者が体験してきたことや老後の思いを知って参考にして欲しいからのことで,そのためにできるだけ具体的に詳しく記すよう心掛けているつもりだ。
 ノーベルの時代ならずとも,科学文明の進化が人間社会に及ぼした功罪は計り知れないものが有る。近年のITをはじめとする文明の発達は暮らしを格段に便利にしたことではあるけれど,逆に,高齢者や身体の不自由な人にとっては,不便で暮らしにくくなったことも多いはずだ。その理解や思いやりに欠ける政治や行政の施策が増えている昨今の傾向は,一考を望みたいことでもあり,詐欺横行の一因にもなっているのではなかろうか。

"進化の功罪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント