ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 不正の一般化

<<   作成日時 : 2006/02/03 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小説やドラマは,具体的な人物とシチュエイションを描くことによって,人間と社会の一般に通じる普遍性に迫ることに意義が在る。そして,一般化されたことは,今度は逆に,他の具体的な現実にも当てはまることになる。「あなたを描いたのではない」ことが「あなたを描いた」ことになる。
 具体が一般になり,一般が具体になるという構図は,小説やドラマに限らない。次々と摘発される社会的な不正は,それが決して局部的な特殊な事象では無く,政治,経済,行政,それぞれの世界で一般的なことなのだと思わせることになる。
 「天下り」のための,「天下り」による不正が摘発されれば,だから,「天下り」は不正の道筋なのだと,一般化されてしまう。建物の耐震偽装が表面化すれば,全てのビルを疑いの目で見るようになる。政治家と金の問題にしてもまた然り。
 その一般化されがちな事実を,社会的な業務に携わる個々人が,全て我が身に関わる具体的な問題として捉え,自粛し自浄することが無ければ,不正は跡を絶たず,正に一般的なことになってしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不正の一般化 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる