ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 探す努力

<<   作成日時 : 2006/11/28 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 インターネット上の書店を利用することが多くなっている。近くの中小の書店では,求める本が店頭に無い場合が多く,品揃えが豊富な大書店まで出掛けるのは,時間も交通費も掛かるので,買いたい本が決まっているときは,ネットで注文するのが便利で確実だからだ。
 しかし,ネット書店にも不満は有る。
 まず,「在庫無し」という理由でキャンセル扱いになる場合が有ることだ。そんなに古くもなく,特殊な本でもないのに,と不審に思っていると,後日,たまたま近くの小さな書店で見つかったりする。かつて私の勤務先に出入りしていた書店員の人は,自分の店に無い場合でも,出版元や他の書店にまで手を回して,必ず探し出してくれたものだ。それが彼の顧客に対する誠意だったと思う。ネット書店は,機械的に処理して,在庫の有無を確認するだけで,探す努力をしないようだ。
 過日,上下2巻の本を注文したら,上巻は「在庫無し」ということで,下巻だけが送られてきた。下巻だけでは役に立たず,無駄な買い物をしたことになるのだが,顧客の立場に思いが及ばない無神経な扱いだと呆れたものだ。
 また,これはどうでもいいことではあるが,「この本を注文されたあなたなら,この本にも興味を持たれるはずです」と,別の本を紹介してくる。サービスのつもりか,営業上の方策かしらないが,余計なお世話だ。読みたい本は自分で選ぶ。私の読書の指向にまで立ち入ってもらいたくはないと,苛立たしい気持ちになる。それも,機械的な処理によることにちがいない。
 便利ではあっても,人の心が働かない商売は味気無い。同じネット販売でも,行き届いた気持ちが伝わってくる店も在る。ネット書店の場合は,大きな規模のところよりも,むしろ小さい店のほうが,探す努力を惜しまず,親切な対応をしてくれると感じている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
探す努力 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる