ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 老老世話役

<<   作成日時 : 2008/02/19 19:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 年度の終わりが近づいて,民間のいろいろな団体や組織で,次年度に向けての役員選びが始まっている。これが,毎年のことながら難航する。その労を厭う人が多く,なかなか引き受け手が見つからないからだ。
 特に高齢者の団体やサークルの場合,役員=世話役としての適任者が少ないという事情が加わる。私にも,地域の高齢者クラブと高齢者の社交ダンスサークルから,次期の会長を引き受けてもらえないかという声が掛かった。どちらも,50人前後の比較的小規模の組織で,日常的な運営のお世話を忌避する気持ちは無いし,むしろ,まだ元気なのだから,そのくらいのお役には立たなければなるまいとも思う。
 しかし,そういう役を引き受けると,日常的な活動以外に,懇親や慰安を目的とした旅行をはじめ,定例の懇親会や研修会など,さまざまな行事の企画と実施のお世話をしなければならない。これまでにそのような経験は積んできたほうだと思うし,やって出来ないこともないけれど,齢を取って来ると,やはり,思うだけで負担に感じてしまう。互いに老いるほどに,相手の気持ちを汲む気働きも必要になり,人間関係も難しい。
 近年,「老老介護」ということが社会的な問題になっているが,「老老世話役」というのも,当事者にとっては,かなり負担の大きいことだ。そのために役員が決まらず,解散せざるをえなくなった高齢者クラブも少なくない。心身障害児者対象の研修や運動のための行事には,地域の福祉施設や団体等が力を貸しているけれど,高齢者の組織に対しても,行事の計画や運営に関しては,市の福祉課か,社会福祉協議会の職員あたりが,支援の手を差し伸べてくれないものかと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
老老世話役 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる