ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 喫煙場所

<<   作成日時 : 2010/10/10 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スポーツの秋,運動会シーズンたけなわで,私の居住する地域でも,各小学校のグランドを会場に,小学校区ごとの区民運動会が今年も催される。幼児から高齢者まで,地域の住民が集って親睦を深める,年に一度の行事だ。
 そのプログラムに,「学校敷地内は全面禁煙になっていますのでご協力をお願いいたします」という注意書きが記載されている。これは当然のこととして,次いで「喫煙は,指定場所=通用門の道路でお願いいたします」と書かれていることに疑問を抱く。吸い殻を捨てるバケツは置かれているものの,道路なら喫煙しても良いのだろうか。
 最近は,公共的な施設の中での喫煙はどこでも禁じられていて,屋外に喫煙場所が設けられている所が多い。学校や病院などでは,建物の中だけでなく,敷地内は全面禁煙だ。ところが,そのために門の外の道路で喫煙する人が増えて,通行する人にとって迷惑なことだという投書が,過日の新聞にも掲載されていた。一般の家庭でも,バルコニーや物干し場で喫煙するために,その煙や匂いが窓から入ってくると,近隣から苦情が出るという話も聞く。
 喫煙の煙が忌避されれば,決して少なくないはずの愛煙家は,行く先々で迷惑がられ,追い出されて,いったいどこで喫煙すれば良いのか,場所を探すのに苦労する。かつては,「恩賜の煙草」を有り難く戴いた時代も有ったのに,今は,敵視されて,愛煙家は,後期高齢者と同様に,肩身が狭い。
 にもかかわらず,一方で,煙草は公然と売られている。敷地内は禁煙と言う公共施設でさえ,煙草の売り場が在ったり,自動販売機が置かれていたりする所も在る。煙草の販売は公認されていながら,喫煙は迷惑なものとして隔離しようとする。地域の中に塵埃処理場とか業者による葬儀場とかの設置計画が出ると,猛烈な反対運動が持ち上がるが,では,どこに持っていくかということになると,建設的な意見が出ないのは同じことだ。
 喫煙者を隔離しようとするならば,迷惑なこととして排除するだけでなく,その行き場所を,共同社会のくふうで確保しなければなるまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喫煙場所 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる