ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS CR対応ライター

<<   作成日時 : 2011/10/30 21:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 子どものいたずらによる事故を防ぐため,使い捨てライターに対する安全規制が完全実施されて1か月が経つ。今や店頭では,いわゆるCR(チャイルドレジスタンス)機能付きのライターしか手に入らない。しかし,これが実に使い辛い代物で,まして指の力が無い人は困るだろうと感じていたところ,10月30日付「朝日新聞(大阪本社版)」の『声』欄に,81歳の女性の投稿が載っていた。
 墓参りのとき,風よけ付きライターを重宝して使ってきたが,「先日、新しいのを買ったところ、何度押してもレバーが下りない。」「右手の親指に左手の親指を重ねて、力いっぱい押したら、やっと点いた。ただ風よけを装着すると使えない。」「火遊び事故で死者まで出ているようなので、規制が必要なことは分かります。でも一方で年寄りが使えなくなるというのでは、進行する高齢化社会とバリアフリーの風潮に逆行しているのではないか。昔ながらのライターを『高齢者用』として販売するとか、高齢者にも使いやすい仕組みの新製品を開発してもらえばありがたい」という趣旨で,まったく同感だ。
 販売する店には「お線香用に使うだけだから」と従来型を求める声も高齢者を中心に多く,メーカーにも苦情が殺到したという。
 子どものいたずらを防ぐためといって一方的に規制するのは,例によって,短絡的で安易なやり方だ。高齢者や障害の有る人の不便を顧みないほうがより大きな問題ではないか。子どもの火遊びを防ぐのは,ふだんの躾や,危険な物を子どもの手の届くところに置かないという配慮など,大人(親)の責任で対処すべきことだと思う。何事にも,自己管理を怠り,他者に責任を転嫁したり,外からの規制を求めたりする当今の風潮が腹立たしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CR対応ライター ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる