ShoGのボヤキ念仏

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐用年数

<<   作成日時 : 2017/06/27 16:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 地域の主だった医療機関の協力で毎年行われている各種検診の中で,後期高齢者対象の健康診査を受けて来た。4年前の健診で前立腺ガンが疑われ,精密検査の上で,翌年,39回の放射線治療を受けて以来,3か月おきの検査で経過観察を続けてきて,前立腺ガンのほうは順調な経過を辿っているけれど,その間,他の健診は受けていないので,今年あたり他の部分も確かめておく必要が有ると思い,行くことにしたわけで,10日後の結果診断を待っているところだ。
 ところが,当日,健診から帰ってみると,妻が,ウォーター・オーブンでパンを焼こうとして,生地を練り,いざオーブンに入れようとしたとき,スイッチが入らなくなったと言う。既に耐用年数は過ぎている製品だけれど,これまで役立って来たので,急に使えなくなると,暮らしの上でいろいろと支障が生じる。メーカーに問い合わせると,幸いなことに修理部品の在庫がまだ有るということで,早速,修理してもらえることになり,いったん冷蔵庫に保存しておいたパン生地も,2日後にはいつもどおりの出来で焼き上がった。しかし,遠からず,新しい製品に買い替えることを考えなければならないかもしれない。
 耐用年数と言えば,2003年製のガス・コンロも同様で,現行の安全基準には達していないと言われている。現在日常的に使っている製品でも,電気温水器が1998年,洗濯乾燥機が2006年、冷凍冷蔵庫が2010年と,いずれも購入したのはかなり前のことになり,いつ動かなくなるか,不安を抱えている。各種インフラが整い,それぞれに応じた機器が普及して,何事も便利な今の世だけれど,それらが急に使えなくなると,たちまち暮らしが成り立たなくなるものばかりで,考えようによっては不便な時代だ。乏しい年金収入に頼っている身では,耐用年数の切れた機器を買い替えるのも思うに任せないとなると,心細い限りである。
 さて,かく言う私自身の耐用年数はあとどのくらい残っているのだろうか。日常の雑用でさえ体を動かすのを辛く感じる昨今だ。健康診査を受けてみたところで,どうできることでもないようにも思う。人生の賞味期限はとうに過ぎているけれど,消費期限はどうなのか。今の住まいや使っている機器のほうが少しでも長く保てば良いのだけれど・・・・・・と思わざるをえない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ひさかたの雨に色増す手鞠ばな 変化(へんげ)七たび今を時めく
いざよひ
2017/06/28 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
耐用年数 ShoGのボヤキ念仏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる